セックス上達の手順。まずはクリトリスから極めろ?

 
男性の性感帯が基本的にはチ○コだけなのと
対照的に、女性は全身が性感帯だと言われます。

 

ある程度のセックス経験がある男性であれば、
いかに女性によって感じる部分が違うか、
経験から理解されてると思います。

 

なので女性を感じさせるには、女性によって
攻め方を変えて、その女性の性感帯を見つけ、
その女性に合う攻め方をする必要があります。

 

経験を積み、女性の体のデータを蓄積し、
そのデータにそって臨機応変に愛撫していく。
それがセックスが上手いという事だと思います。

 

ただし、正しい方法で刺激すれば、
ほぼ確実に全ての女性が感じてくれるであろう
オールマイティーな部分があります。

 

それはクリトリス!女性の最大の性感帯です。

 

他にも女性の性感帯として有名なのは、
乳首、耳、首、膣の中など色々ありますが、
しかしどれもクリトリスほどの確実性は
ないのではないでしょうか。

 

僕のデータなんですけど、乳首、耳、首、膣の中、
これらは感じない女性も結構いました。

 

若い頃は乳首とか鉄板で感じるだろ!
とか思ってたのですが、それがそうでもない。
くすぐったいから止めてという女性も少なくなかった。

 

耳も首も同じ。膣の中は、それこそ鉄板中の鉄板の
性感帯だと思ってたのですが、意外とクリトリスの方が
性感帯としての鉄板性は高い。

 

クリトリスは、ほぼ全ての女性が感じてくれます。

 

現時点で感じない女性でも、少し開発するだけで
確実に強い性感帯になってくれます。

 

ま、当たり前と言えば当たり前。
クリトリスって男性で言えば亀頭に当たる部分。
生まれ持っての性感帯として存在してるのが
クリトリスです。

 

それに思うのですが、男性って膣の中に比べると、
クリトリスって意外と軽視してません?

 

僕がそうだったんです。つい最近まで軽視していた。

 

女性器に触れる場合、とりあえず中に指さえ
入れておけば女性はある程度感じてくれるし、
指を中で動かせば喘いでくれる。

 

そんな女性の反応に甘えて、僕はずっと女性器への
愛撫は指を出し入れするというシンプルなものでした。

 

Gスポットとか指の出し入れの強弱とか多少は
工夫しましたけど、それでもシンプルでした。

 

だって、クリトリスって攻めにくくないですか?

 

暗闇の中、指でクリトリスを探すのですが、
どうもわかりにくい。クリトリスが小さい
女の子の場合は、結局は見つからずじまいの
事もありました。

 

見つかったとしても指で普通にコリコリするだけだと、
膣の中ほどわかりやすく感じてくれない女の子が多かった。

 

「ちょっと、痛い・・。」

 

と言われて、クリトリスへの愛撫を止めた事もありました。

 

クリトリスを触るよりも膣の中に指を
入れる方が簡単に感じてくれる。
と思ってたのは僕だけでしょうか?

 

もし僕だけじゃないなら、
結構多くの男性がクリトリスへの
愛撫を疎かにしているという事になります。

 

それって非常に勿体ないですよ。経験者は語るです。

 

本当に最近なのですが、僕は、

 

AV女優・橘なお(一撃必殺)動画講座

↑こちらのクリトリス攻めに特化した
商材を読んでから、セックスする時は、
クリトリスを意識して愛撫するようになりました。

 

正しく攻めさえすれば、膣の中よりも
クリトリスの方が鉄板で感じてくれます。

 

そして、

 

他の男性が疎かにしてる分、膣の中の指入れよりも、
クリトリス攻めの方が女性にとって新鮮な可能性が高い。

 

それにクリトリスって、セックステクニックの
登竜門としては打ってつけだと思います。

 

まずはクリトリスで女性を感じさせる!
これだけに集中し得意にすれば、
他の性感帯も自信を持って攻められる。

 

・セックスが上手くなりたいのなら、まずは
クリトリスで女性を感じさせる事から始めるべし!

 

ゲスい事を格好良く言ってみましたが、本当にそう思います。


当ブログお勧めNo1のセックス商材!
確実に女の子をイカせる事が出来る?

License to Steal 一条正都

↑僕のセックスを根本的に変えてくれた商材です。
他の商材や書籍は必要ないので、この動画だけ見て
覚えれば確実にセックス上級者になれると思います。

 

■セックステクニックに
特化したサイトを作りました。
僕なりのセックス論を熱く語ってます。

sesai

けいぽん流セックステクニック講座!
女の子号泣のイカせる技!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>