セックステクニックと恋愛テクニックの超大事な共通点!

 
先日、新しくセックステクニックを
解説したサイトを立ち上げました。

 

けいぽん流セックステクニック
講座!女の子号泣のイカせる技!

↑こちらです。

 

実はセックステクニック系の商材のレビューは既に、

 

モテる男になる方法
【けいぽんの必勝オーラ恋愛術】

↑こちらのメインサイトでも行ってたのですが、
商材レビューの他にも僕が考えるセックス論みたいな事も
書きたくなったので完全に分離させる事にしました。

 

「まさか自分がセックステクニックを
指南するサイトを作るとは・・。」

 

僕の今の率直な思いです。
というのは、昔の僕は確実に、

 

セックスが下手な部類の男だったからです。

 

自信を持って言えます。間違いなく下手でした。

 

そもそもセックスで女の子を満足させてやると
いう気持ちが全くなかったですし。

 

昔の僕は、いかに女の子をセックスに持ち込むか?
というセックスに至る前の事しか考えていませんでした。

 

昔の僕にとっては、
一回セックスするだけでも貴重な体験過ぎて、

 

「とにかく一回セックス出来ればそれでいい。
セックスが下手で2回目がなかったとしても
構わない。」

 

と、本気で思っていました。

 

しかしながら、数年前頃からでしょうか、
以前よりも女の子とセックスする機会も増えてきて、

 

「いやいや、セックスが超下手ってまずいぞ・・・。」

 

という思いが芽生え始めました。
 

セックスが下手だと一回目の
セックス成功率にも影響する?

 
というのは、勿論もっと女の子を満足させたいとか、
2回目以降のセックス出来る率も上げたいとか、
そういう気持ちもあったのですが、それ以上に僕の中で、

 

セックスが下手だと、
初セックスに持ち込める確率も下がる。

↑この考えが日増しに強くなっていったのです。

 

セックスに持ち込むまでの恋愛テクニックと、
セックスで女の子を満足させるためのセックス
テクニックは全くの別物のように思えますが、

 

否、否、その2つは大きく関係している。
僕はそう思います。

 

確かにクリトリスの愛撫法とか潮の吹かせ方
などのテクニックの上手さが、恋愛の上手さに
つながるとは思えません。

 

ただ、もっと根本の部分では、

 

恋愛もセックスも、要は女性の心を満たしてあげる事が
最も大事で、そこのテクニックはかぶる部分が多いです。

 

セックスで女の子を満足させると聞くと、
先ほど挙げたようなクリトリスの愛撫法とか
潮の吹かせ方などのテクニックを考えてしまう
男性も多いと思うのですが、

 

やっぱり心の方が大事。女の子を号泣レベルで
イカせるには、テクニックよりも心がキーポイントです。

 

という僕の理念がこもった記事を

 

けいぽん流セックステクニック
講座!女の子号泣のイカせる技!

↑こちらのサイトで色々と書いてるので、
覗いて頂ければ幸いです。

 

だから僕の場合、

 

恋愛が上手くなるにつれ、セックスもある程度
比例して上手くなっていったように思います。

 

僕は女の子を口説く過程において、以前よりも、

 

「どうすれば彼女は喜ぶのだろう?」

 

「今彼女は何を考えてるのだろう?」

 

「何故彼女は・・・・なんだろう?」

 

そういう彼女に関する事を深く考えるようになりました。

 

他の男性よりも深く考える事で、
彼女のハートを掴める確率が高くなる事に気づいたからです。

 

「彼女に関する事を深く考える」この考える癖は、
自然とセックス時にも引き継がれました。

 

その辺りの僕の背景を踏まえた、他のセックステクニック
指南サイトとは一味違ったセックステクニックを書いて
いければと思っています。

 

あ、あと恋愛もセックスも、

 

「自分の大好きな女の子の喜んでる姿を
見るのが、ただただ嬉しい!」

 

こういう打算抜きの純粋な奉仕精神が
大事である事も共通してると思います。


当ブログお勧めNo1のセックス商材!
確実に女の子をイカせる事が出来る?

License to Steal 一条正都

↑僕のセックスを根本的に変えてくれた商材です。
他の商材や書籍は必要ないので、この動画だけ見て
覚えれば確実にセックス上級者になれると思います。

 

■セックステクニックに
特化したサイトを作りました。
僕なりのセックス論を熱く語ってます。

sesai

けいぽん流セックステクニック講座!
女の子号泣のイカせる技!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>