テクニックだけでは女性の心に残るセックスは出来ない?

 
最近、セックスのテクニックについて
僕が強く思う事がありまして。

 

女性を喜ばせるためのセックステクニックと聞けば、
どうしても指技とか舐め技とかを想像してしまいます。

 

勿論、それらも大事だと思います。
指技や舐め技が下手では、恐らくどう頑張ったって
女性を喜ばせる事は出来ない。

 

ただ、問題なのはその先です。

 

指技や舐め技などの純粋なセックステクニック
だけで、果たして他の男性よりも女性の心に残る
セックスをする事が出来るのか?

 

自分の経験に置き換えて、フェラで考えてみます。

 

僕には、今でも強く印象に残ってて、
もう一回味わいたいと思ってるフェラの
思い出があります。

 

僕の誕生日でした。当時付き合ってた彼女と
僕の部屋で二人で祝いました。

 

彼女が手料理を振る舞ってくれて、
最後にケーキを食べました。

 

で、彼女から誕生日プレゼントをもらい、
一通りのイベントが終わったところで、
そのままベッドへ・・・。

 

と、いきたいところだったのですが、
運悪く彼女は女の子の日でした。

 

ただ、それは僕も事前に聞いていたので、
今日はイチャイチャして終わりだろうと
予想してました。

 

夜も遅くなって、

 

「あ、こんな時間、そろそろ帰るね^^。」

 

と、実家暮らしの彼女は帰宅の準備。
これも聞いていたので驚きませんでした。

 

僕も彼女の準備を手伝い、
準備を終えて二人で玄関に向かいました。

 

すると彼女がいきなり、

 

「あ、ちょっと待って!」

 

と言うと同時に、僕を壁に押し付けました。

 

わけがわからず呆然としていると、
彼女はそのまま僕の前でしゃがんで、
僕のズボンを降ろしたのです。

 

部屋用のジャージだったので、
即降ろされました^^。そして
何も言わずにフェラを始めた彼女。

 

僕も最初は少し動揺しました。普段は、
そのような事をする子じゃなかったからです。

 

でも、この特異な展開と、
普段よりも明らかに愛情がこもってるのを
感じる彼女のフェラに、僕は最高に興奮しました。

 

やがて射精し、
後処理も終えた段階で彼女に聞きました。

 

「どしたの?いきなりでびっくりした^^。」

 

「うん、誕生日だから、してあげたいなと思って^^。」

 

この時の事を思い出すと今でも興奮します。

 

彼女は別にフェラが特別上手いわけでは
ありませんでしたが、この出来事があったので、
今でも彼女にもう一回フェラして欲しいなと
思う事があります。

 

女性も一緒だと思います。

 

もう一回したいと思えるような印象に残ってる
セックスって、男性の指技とか舐め技とかよりも、
その時のシチュエーションやストーリーの影響が
大きいんじゃないかなと。

 

ここに気づくと、女性が忘れられないような
セックスをする方法が見えてくると思うのです。

 

当然、最低限以上の指技、舐め技などの
純粋なセックステクニックは必須です。
そこは確実におさえておきたい。

 

それにプラスして、シチュエーション、
ストーリー、雰囲気、流れ、このような純粋な
セックステクニックとは少し違うように思える
要素に対して、他の男性よりも圧倒的にこだわってみる。

 

そういう方向性で勝負する事で、女の子に、

 

「貴方とのセックスが忘れられない・・・。」

 

と思わせる事が出来る可能性が
高くなるんじゃないかと、最近の
僕は考えるようになりました。

 

そう言えば女性向けのアダルトビデオは、
男性向けよりも、やたらとストーリーが凝ってます。

 

もし機会があれば、一度、
女性向けのアダルトビデオを見てみてください。

 

「女って、こういうのが好きなんだ。
やっぱ男とは違うなあ・・。」

 

と感じるし、女性のエッチ心理の勉強にもなります。


当ブログお勧めNo1のセックス商材!
確実に女の子をイカせる事が出来る?

License to Steal 一条正都

↑僕のセックスを根本的に変えてくれた商材です。
他の商材や書籍は必要ないので、この動画だけ見て
覚えれば確実にセックス上級者になれると思います。

 

■セックステクニックに
特化したサイトを作りました。
僕なりのセックス論を熱く語ってます。

sesai

けいぽん流セックステクニック講座!
女の子号泣のイカせる技!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>