性欲トラップから学ぶ、本当の媚薬の使い方とは?

 
今日から、僕のお勧めの恋愛商材から学んだ事
シリーズをやっていきたいと思います。

 

内容を暴露!は出来ませんが、ここに書く事だけでも
恋愛を有利に進めるための参考になると思います。

 

というわけで今日は、性欲トラップから学ぶ
女性を惑わす媚薬、惚れ薬の存在についてです。
 


↑販売ページ

 
うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑レビュー記事です。女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


 
女の子の飲み物に混ぜるだけで、
もしくは首筋と手首にちょっと吹き付けるだけで、
女の子は貴方が欲しくてたまらなくなる・・・。

 

夢の薬です!男なら誰だって欲しい。強烈に欲しい。

 

そしてその強烈に欲しい気持ちを利用しているのか?
雑誌やネットで、たまにその手の媚薬が売られてる事があります。

 

そんなのに手を出しちゃ駄目ですよ!
まず間違いなく、多くの男性が想像
してるほどの効き目はありませんから。

 

ただ、「多くの男性が想像してるほど」と書きましたが、
その手の媚薬が全く効果がないというわけではないんです。

 

ちょっとは効果があるかも知れない。

 

男性だってスッポンを食べると翌朝ギンギンになると
言いますし、高めの精力剤でも効く人には効く。

 

女性に対しても、それくらいの効果はあると思います。

 

女性が簡単に落ちる媚薬
なんてあるの?少しあるかも

↑こちらの記事で、僕が使ってる媚薬を書かせて
もらいましたが、それを食べさせたら急に女が僕に
惚れるとか、そんなわけがないです。

 

僕の媚薬は、女の子をエッチに持ち込む
手助けをちょっとだけしてくれるものです。

 

エッチに持ち込める確率が50%だったとしたら、
媚薬の力を借りれば55%くらいにはなるんじゃないかと。

 

でも、

 

この5%の上積みがすごく大事なんです。

 

例えば、女の子が落ちる定番である夜景の綺麗なレストラン。
連れていったけど落ちなかった。効果がなかったのか?

 

いやいや、夜景の綺麗なレストランも立派な媚薬です。
ほぼ確実に効果が見込めます。

 

でも、その効果は5%。多くても10%。
媚薬なんてそんなものなんです。

 

だから、その女の子を確実に落とすには、

 

夜景の綺麗なレストランと同じくらいの媚薬を
20回女の子に味わってもらう。それで100%になります。

 

ま、実際の恋愛はそんな単純な足し算じゃないので、
20回味わってもらったところで女の子が確実に
落ちるというわけではありません。

 

でも落とす確率を上げるためには、
媚薬的なものを積み重ねていくしかないです。

 

特に自分のレベルと不相応な美女を落とすのなら、
この媚薬を積み重ねる作戦はとても有効です。

 

積み重ねる事がレベルの差を埋めてくれる。

 

最初は見向きもされなかった美女を一年かけて
口説き落とすなどのパターンは、媚薬の積み重ねが
効いたんだと思います

 

僕が性欲トラップから学んだのは、

 

媚薬は一撃必殺の効果を期待するのではなく、
何十回と積み重ねる事で効果を発揮するという事。

 

性欲トラップは、女性の性欲を掻き立てるための
様々なテクニックを紹介していますが、恐らく
一つだけ実践したって意味がない。

 

いくつものテクニックを積み重ねる事、
そして個々のテクニックを連動させる事。

 

ボクシングで言えば、ジャブ、ジャブ、フック、
ジャブ、ジャブ、アッパー、ジャブ、ジャブ、
最後にストレートで相手を倒す感じでしょうか。

 

ジャブがあるからフックやアッパーが当たるし、
ジャブとフックとアッパーがあるから最後のストレートが当たる。

 

夜景の綺麗なレストランで彼女は落ちなかった。
でも良いんです。とりあえず一つ、彼女が落ちる
要素を積み重ねたのですから。

 

草食系男子全盛の時代だからでしょうか。

 

どうも媚薬効果が30%くらいしか積み上がってないのに、
「もう駄目だ!」と諦める男性が多いように思います。
 


↑販売ページ
 
うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑レビュー記事です。女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>