「チ○コ見せて!」女の理性を弱めれば簡単にセックス出来る?

 
僕は約30人以上の女の子から、

 

「○○さんのチ○コが見たいです!写メください!」

 

と、お願いされた事があります。

 

???どういう事?って話ですが、
とりあえずその時の経緯を書きたいと思います。

 

もうだいぶ昔の事で今もあるのかどうかわかりませんが、
当時、若い子が集まってた人気コミュニティー内で僕は
ブログを書いてました。

 

最初は適当に日常の出来事などを書いてた
のですが、どうやら恋愛やエッチ関係の
記事を書けば人が集まる事を発見。

 

段々と恋愛テクニックやエッチな
話に特化したブログになっていきました。

 

徐々にコメントも増えていき、エッチな記事には
女の子からのエッチなコメントもちらほら。

 

「私、乳首が黒いのですが、やっぱり嫌ですか?」

 

「ヤリマンの子に彼氏を取られました(泣)」

 

「彼氏に精子飲むのを強要されます。
どうすればいいですか?」

 

その時に実際にあった相談です。
正直、「知るか!」って話なのですが、まぁ本気で
悩まれてるみたいだったので、一つ一つ丁寧に
僕なりの回答をコメントしました。

 

そんなある日、そのコミュニティー内では、
自分のチ○コの写メをアップして喜んでる
男性をちらほら見かけたので、

 

「俺もチ○コ写メアップしてみようかな。
ドン引きだろうな(笑)」

 

と、冗談で記事に書きました。

 

大好きな男性ならともなく、見ず知らずの
男のチ○コ写メなんて需要があるわけがない。
そう思って冗談で書いたのです。

 

ところが意外や意外、

 

見せてください!写メが欲しい!
というお願いが殺到したのです^^。

 

しかもお願いの仕方が、なんだか切実なんです。
「どうしても見たい!」みたいな(笑)。

 

さすがにそのまま見せるわけにはいかないので、
18才未満入室禁止の記事を作ってモザイクを
かけて勃起したチ○コの写メをアップしました。

 

その後の反応もすごかったです。

 

「もっと欲しいです!新しいのアップしてください!」

 

「モザイク外してアップください!」

 

「○○さんのチ○コで毎日オナニーしてます!」

 

みたいなのが、コメント欄に並びました。

 

この話、決して作り話ではありませんよ。事実です。
僕もこうなるとは全く想像してませんでした。

 

で、この珍奇な体験から僕は学んだ事があって、

 

女も一皮むけばそんなもん。エロエロだという事。

 

この話の場合、女性を一皮むけさせたのは、
ネットの匿名性でしょう。

 

周りにばれないから性欲を解放できる。
周りにばれても性欲を解放してる男性
との明確な違いです。

 

実際に僕は、1人だけこのブログで知り合った女の子
(勿論18才以上)と出会ったのですが、正直、
最初からエロエロでした。

 

ネットで知り合った事にプラスして、
既に僕のチ○コ写メを見て、それに
対してエロいコメントを残してる。

 

今さらエロを隠す必要はなく、
出会って間もなくすぐにセックスが始まりました。

 

もし貴方が、たくさんの女の子と
セックスしたいと願うのならば、

 

性欲に関して女性を美化しない事。
これ、結構重要だと思います。

 

普段はおしとやかな女の子だって、一皮むけばエロエロ。
だから、一皮むくテクニックを知る事に価値がある。

 

テクニックを知ってるかどうかで、
そしてテクニックを使いこなせるかどうかで、
女の子をセックスに持ち込める率は全然違ってきます。

 

女の子をエロエロにするために一皮むく事を
解説した恋愛商材ならば、以下の2つが優れてると思います。


↑販売ページ

 

うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑レビュー記事です。女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


↑販売ページ

 

ガールズマインドハッカー

↑レビュー記事です。僕の恋愛バイブルの一つ。


直接的でわかりやすいのは性欲トラップですが、
ガールズマインドハッカーの最終章も女の子の
性欲を掻き立てるには有効です。

 

ま、商材は置いといてでもですね、とにかく、

 

女も一皮むけばエロエロ。一皮むけばチ○コの写メだって
欲しがる。だから一皮むくテクニックを知って使いこなす
事に価値がある。

↑この事だけでも意識しておくと、
今後の女の子へのアプローチに役立つかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>