彼女のマスターキーEvoから学んだモテる立場とは?

 
メインのモテ指南サイトにおいて僕は、

 

彼女のマスターキーEvo

↑こちらの商材を100点評価させて頂いてます。

 

僕の恋愛を変えてくれた商材で、
今でも僕の恋愛バイブルの一つです。

 

ただ、少し賛否が分かれる商材でもあるようです。

 

他の恋愛商材の評価サイトを見ても、
彼女のマスターキーEvoを絶賛してるサイトもあれば、
たいして評価してないサイトもある。

 

確かに人を選ぶ内容なのかも知れません。
おもいっきりピンとくる人とそうでない人が
いるのだと思います。

 

でも僕は、この商材から大切な事を
学ばせてもらいました。その大切さを
痛感してるからこそ、今でも100点評価しています。

 

とにかく最初から
女性よりも有利な立場に立つこと。

↑これは真の意味のモテ男になりたいのであれば、
本当に大事過ぎるくらい大事です。

 

例えばキャバ嬢にハマる男性。
面白いくらいにハマります。

 

逆にキャバ嬢は、なかなか客にハマらない。
もう最初からキャバ嬢と客の上下関係が
決まっちゃってるんですね。

 

客は自分より下の立場の存在、
だからキャバ嬢は恋に落ちない。

 

そんなキャバ嬢が、ホストクラブや
イケメンがいるバーに行くと、簡単に恋に落ちる。

 

今度は立場が逆転です。キャバ嬢がお金を使う客で、
ホストやイケメンがそれより上の立場。

 

言っておきますが、キャバ嬢にハマってる客の
男性とホストやバーの店員、実質的には
そこまでの差はないですよ。

 

そりゃホストやバーの店員の方がイケメンが
多いだろうし、喋りも上手い事が多いでしょう。

 

でも、じゃあ例えば、イケメンで喋りも上手い、
スペック的にはホストやバーの店員に負けてない男性が、
キャバクラで客として彼達と同じようにキャバ嬢を
惚れさせる事が出来るか?

 

恐らくできません。
キャバ嬢と客という立場だからです。

 

逆にたいしてイケメンでもないし喋りも
そんなに上手くなくても、ホストやバーの
店員の方がキャバ嬢を惚れさせられる可能性が高い。

 

他にも、美容師なんかはモテ職業の一つですが、
カットする美容師とカットされる客という時点で
立場に上下が出来てる。

 

だから女の子はすぐに美容師の事が好きになる。

 

バンドも似ています。ライブでみんなの脚光を
浴びながらギターを弾いてる男と、そんな輝いてる
彼を見てる女。そこには確実に立場の上下関係が存在します。

 

だから、その後の打ち上げでちょっと
声をかけただけで女の子を落とせる。

 

もし、その二人が普通に合コンで知り合ったとしたら、
そんな簡単に落とせません。

 

最初の上下関係が、いかに女性の恋愛心理を
左右してるかというわかりやすい例だと思います。

 

また、この恋愛における上下関係というのは、
男女のモテパワーの差によっても決まってきます。

 

この事は理屈で説明しなくても、
なんとなく感覚、経験からわかって頂けると思います。

 

モテる女とモテない男だったら、
基本的に男が女を追いかける事になるし、
その時点で女の方が確実に立場が上です。

 

だから、本当にモテる男になりたいのであれば、

 

とにかく最初から女性よりも上の立場に立つ。
ここの意識は絶対に持っておいた方が良いと
思います。

 

ただ、じゃあどうすれば最初から女性よりも
上の立場に立てるのか?それが難しい。

 

今からホスト、バーの店員、美容師になる?
現実的じゃありません。

 

女から追いかけられるようなモテ男になる?
なれるならそもそも・・・・・。

 

という事で、意図的に女性よりも上の立場を
作り上げる方法を解説してるのが、

 

彼女のマスターキーEvo

↑こちらの商材。

 

ここまで書いてきたように、
僕は恋愛における立場の大切さを痛感してるので、
この商材を100点評価してます。

 

特に高嶺の花の美女を落としたいのであれば、
「最初の立場」にはこだわった方が良い。

 

高嶺の花の女だから、最初は見向きもされなかったけど、
徐々に自分の魅力をわからせて最終的に落とす。

 

そういう口説き方も有りだとは思いますが、

 

高嶺の花の女性よりも更に上の立場に
立ってから接触する。

 

これが意図的に出来るようになると、
恋愛がすごく楽になります。

 

抽象的な説明が多くて難しいかも知れませんが、
まずは恋愛において最初の立場がいかに大事であるか!
という事だけでも頭に入れておいてもらえば、
後々役に立ってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>