仕事や将来の夢などの熱い話を女性を口説くのに利用する!

 
社会人男性なら経験されてる方も多いと思います。

 

男同士で飲みにいって、
仕事論や将来の夢について熱く語り合い、

 

「おし、じゃあお互い頑張ろうな!」

 

と、友情を深め合う熱い夜。

 

僕はちょっと冷めたところがあるので少ないですが、
でも熱血タイプの友人と飲みにいった時などは、
たまにそういう事があります。

 

将来の夢について熱く語る、
その友人に感化され、酒も入ってる事もあり、

 

「おし、俺も頑張ろう!」

 

と、燃えながら帰路につく夜。

 

こんなブログやってるような僕ですから、
女の事しか頭にないように思われるかも
知れませんが、否、それでは人生つまらない。

 

女以上の夢や目標、理念があるからこそ、
女遊びが楽しいのです。

 

ま、僕の人生論はともかくとして、
もし貴方が上のような男同士の熱い飲み会を
経験された事があるのでしたら、その時の事を
少し思い出して欲しいのです。

 

なんとも言えない自分の中の感情の
たかぶりと同時に、熱い話を語り合えた友人との結束感。

 

「ああ、こんな事を語り合えるなんて、
こいつは特別だなあ。」

 

そんな気持ちを覚えたと思うのです。

 

そう、他の人とは出来ないような話を
出来る友人って特別です。

 

そして熱い話を語り合える友人は更に特別です。

 

これって女性が恋に落ちるメカニズムと少し似ています。

 

女性に恋をさせるには、とにかくドキドキさせる事。
心が安定している状態だと恋に落ちにくい。

 

・吊り橋で告白したら成功率が上がる。

・女は綺麗な夜景に弱い。

・お化け屋敷に行くと、男女の仲は急激に深まる。

 

これらの定番の恋愛テクニック、
要するに全てドキドキさせるという事です。

 

・とりあえず酒飲ませる!

 

ドキドキとは少し違うかも知れませんが、
理性を弱くして心を不安定にさせるという意味では、
これも同種の恋愛テクニックだと考えられます。

 

で、話を戻して、男同士でも酒飲んで
熱い話を語り合ってる時って、
間違いなく気持ちが高ぶっています。

 

気持ちが高ぶった状態で、目の前にいる友人と感情を
共有している。だから友人と深くつながったと思える。

 

酒飲んでの男同士の熱い話は、恋愛で
言うなら吊り橋や夜景、つまりドキドキ感を
作りだす役目を果たしてるわけです。

 

で、ここからが本題です。

 

男同士の熱い話はお互いの友情を
深め合う最高のツールとなる。

 

ならば、

 

男女で熱い話を語り合えば、
友情が深まるのは当然として、
更に恋愛感情へと発展するのではないか?

 

はい、発展します。

 

これは理屈を説明する必要はないと思います。
想像すれば何となくわかっていただけると思うし、
実際にそのような経験をされた方も多いと思います。

 

そう、

 

男女でも仕事や将来の夢などの熱い話を
語り合えば、恋愛に発展しやすい。

↑この事は、大半の男性が実は
経験則から知ってる事なんです。

 

ですが、

 

熱い話をする事を恋愛テクニックとして意識して
使ってる男性は少ないのではないでしょうか。

 

もし意識されてないのでしたら、勿体ないかも知れません。

 

だって、このテクニック、効く女性には半端なく効きます。

 

よくあるモテ男論として、夢を語る男は
モテるというのがあって、それは実践してる
男性が多いかも知れません。

 

でも、男が一方的に夢を語るよりも、

 

自分も語って相手の女性にも語らせる方が、
その何倍も効果的だと思います。

 

この非常に効果的な恋愛テクニックを
緻密に戦略として取り入れてるのが、

 

ガールズマインドハッカー

↑こちらの商材です。いつも宣伝してすみません。
でも宣伝する価値があると思うので宣伝してます。

 

僕の数少ないキャバ嬢即日お持ち帰り経験

↑こちらの記事で書いたキャバ嬢お持ち帰り成功談も、
ガールズマインドハッカーがハマったおかげだし、
今回の記事の恋愛テクニックとかなり似ています。

 

とにかく、

 

男女で仕事や将来の夢などの熱い話を
語り合うと恋愛感情に発展しやすい。

 

この事を意識的に恋愛テクニックとして
使っていくと、今まで口説けなかったタイプの
女性をあっさりと口説けるようになると思います。

 

あと、酒ですね。熱い話と酒の相性は抜群なので、
是非、酒処で実践してみましょう^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>