とりあえず否定から入る癖、モテない要因の一つです。

当ブログは男性のための恋愛指南ブログですが、
基礎的な人間関係力を鍛えれば女にもモテるようになる
と思うので、人間関係構築論カテゴリを作りました。


 
今日は、僕の女性も含めた人間関係の
転機をお話ししたいと思います。

 

ある時から僕は自分の考え方を意識的に
変えたのですが、それから確実に人間関係が
良くなったし、人生が楽しくなりました。

 

では僕は何を変えたのか?

 

否定から入る癖を止めて、
とりあえずどんな事でも肯定するようになった。

 

否定癖、否定癖、否定癖、否定癖、
否定癖、否定癖、否定癖、否定癖、
否定癖、否定癖、否定癖、否定癖・・・・。

 

入力ミスじゃないですよ。

 

否定癖って自分では気づかないし、
また気づいたとしても相当意識しないと
変えられない。

 

もう上の羅列くらい相当意識して
自問自答して欲しいのです。

 

人が何かを言えば、それの反対の意見、
もしくはそれより上級な意見を言う事で
自己満足感に浸る。

 

いわゆる「論破」というやつですが、
プライドが高く理屈っぽい男性に、
この論破が好きな人が多いです。

 

好きどころか、人を論破する事が格好いい、
論破する事で周りから尊敬される、とすら思ってる。

 

確かに気持ち良いんです。より正しいと思われるような
理屈で相手の意見をねじ伏せる。快感なんです。

 

特にプライド高めの男性にとっては、
何ものにも代えがたい優越感に浸れる瞬間です。

 

でも、もし人間関係(女性も含む)で
悩まれてる事があるのでしたら、

 

その相手を否定する事から入る癖が、
自分の首を絞めていないのか?
厳しく自問自答してみる事です。

 

経験者として言わせてもらうと、これって本当に、
かなり厳しく自問自答しないと気づかないです。

 

「大丈夫、俺は否定から入ってない。」

 

僕も最初はそう思ってたんですよ。
自分は人の意見も素直に尊重するタイプだと。

 

でも「否定癖」を意識し始めると、
徐々に気づくのです。

 

数人での飲み会を終えて家に帰る。
会話の内容を思い出してみる。

 

今まで全く意識してなかった否定癖、
でも今回は念のためチェックしてみる。

 

「あ、俺、あそこであの子の意見を否定してたわ・・・。」

 

「そういえば、あの場面でも・・・。」

 

次々と出てきます。また違う集まりの時、
同じように帰ってから思い直してみると、
やっぱり知らないうちに人の意見を否定
してる自分に気づく。

 

そして次は他人の否定癖も意識するようになると、

 

特にプライド高めの理屈好きの男性が、
いかに他人を否定する事から会話を始めてるか?
というのがよくわかる。

 

そう、みんな気づいてないだけで、
人は人を否定しまくってる。

 

だから逆に、

 

とりあえず何でも肯定できる人というのは、
他に多少欠陥があろうとも、それだけで
みんなに好かれ人望がある。

 

見た目おじさん、金もない、女癖も悪い、
どうしようもない駄目おやじだけど、
何故かいつも女性にモテる男性には、
このタイプが多いと思います。

 

普通は否定されるような事を無条件で肯定してくれる。
その懐の深さに女性は惹かれるのだと思います。

 

そんなこんなを考えるようになってから、
僕はなるべく否定癖を出さず、とりあえず
どんな事でも肯定する事から入るように
心がけています。

 

勿論、すぐには変われません。
会話中に何度も何度も相手を否定しない事を
意識して、それを毎回繰り返し・・・・。

 

今でも完全に否定癖がなくなったとは言えません。

 

僕の理念とは強烈に反する意見や態度に
直面した時は、どうしても相手を否定しちゃう。

 

ただ、昔よりは随分とましになったと思うし、
おかげで昔よりも会話の相手が心を開いて
くれるようになったと思います。

 

そして昔よりもモテるようになったと思えるのも、
否定癖がましになったのが一因だと考えています。

 

否定癖、持ってませんか?
少し自問自答してみるだけも、
何か見えてくるものがあるかも知れませんよ。


■人間関係力を向上させる最終手段!
■ついでに恋愛力も上昇するはずです。

氷の世界

↑人間関係力向上のマニュアルとしては、これ以上は考えられないです。僕も毎日しっかり読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>