嫉妬は消耗するだけ!モテなくなるだけ!

当ブログは男性のための恋愛指南ブログですが、
基礎的な人間関係力を鍛えれば女にもモテるようになる
と思うので、人間関係構築論カテゴリを作りました。


 
「人間関係を上手く築きたい、
そして女性とも人間関係を上手く築き、
結果としてモテる男になりたい!」

 

そんな人間関係における悩みを
持ってる方に対しての一つの策として僕は、

 

ネットへの依存度を極力減らす事を提案しています。

 

ネットの世界って、他人に対する攻撃の言葉が
必要以上に溢れ返っています。

 

例えば、僕、剛力彩芽さんが好きなのですが、
2ちゃんねるや各種掲示板での彼女に対する
ネットバッシングは相当なものです。

 

事務所パワーを使って(と思われるような)の
ドラマブッキング、美人ではあるけれど好き嫌いが
分かれる特徴的なルックス、歌、リア充感。

 

そんな色々な要素が絡んでバッシングされるのでしょう。

 

でも恐らく、剛力彩芽さんが嫌いで
バッシングの書き込みをしてるほとんどの人が、

 

実際に彼女と会って少し喋ったら、
絶対に彼女の事を好きになると思います。

 

ま、好きまではならないとしても、
少し喋るだけでバッシングする気はなくなるはずです。

 

人間関係が下手な人は、
悪い部分だけ見て悪い奴と判断する?

↑こちらの記事でも書きましたが、
ツイッターで馬鹿な行為を晒す人を
徹底的に叩くのも同じです。

 

確かに馬鹿な行為をツイッターにアップする人は
反省すべきだし、相応のペナルティーは受けるべきです。

 

ですがネットの世界は相応のペナルティーじゃ済まない。
名前や会社や住所、交友関係まで全て晒し、職場や
在籍学校に電話までかけて徹底的にぶちのめす。

 

実際に会って一緒に酒でも飲めば、
常識的な良い奴かも知れませんよ。
ちょっとツイッターで調子に乗っちゃっただけで。

 

自分が20歳の頃を考えると、

 

「俺も馬鹿な事やってたなあ。
その当時にツイッターとかなくて良かったわ・・。」

 

とか思いますし。

 

で、何が言いたいのかといいますと、
ネット社会というのはリアル社会に比べると、
他人に対する攻撃性が増す傾向にあります。

 

ネットでは、その人の一面しか見れない事、
そして匿名だから何でも言えるという環境が
そうさせるのでしょう。

 

僕自身、ネット依存度が強い時期があったので、
よくわかります。

 

自ら書き込む事はありませんが、
嫌いな芸能人がネットで叩かれてるのを見て、
「ざまみろ!」と、せいせいしてる僕がいました。

 

でも、実は「せいせい」してなかったんですね。
最近気づきました。

 

妬み嫉み、他人に対する攻撃は、
自分の心も消耗させます。

 

確かに誰かを攻撃する事で、
その瞬間だけ「せいせい」する事はあります。
でも決して心が満たされる事はない。

 

何故なら、すぐに新しい嫉妬心や攻撃性が
芽生えるからです。嫉妬や他人に対する攻撃の
気持ちは、いくらやっても止まないからキリがない。

 

少しネットと距離を置いてみると、よくわかります。

 

「自分は、なんて小さい世界で
イライラしてたんだ・・。」

 

あと、気持ちの切り替えも大事です。

 

僕は今でもネットで嫌いな人が叩かれてるのを見て、
妬み嫉みの感情に駆られる事があります。

 

そんな時は、

 

「でも嫉妬して何が変わるんだ?
嫉妬してる暇があるなら自分が頑張ろう!
自分が頑張る事でしか何も変わらない!」

 

と、気持ちを切り替えて、
嫉妬の対象になる人のブログやその人に
対するバッシングを見るのを止めます。

 

そして、いきつけの居酒屋に飲みに行きます。
常連さんはみんな良い人です。

 

そう、世の中って、意外と良い人多めなんです。

 

でもネット依存してると、
世の中悪い奴だらけと錯覚してしまう。
良好な人間関係を築くのに良い影響を
与えるはずがありません。

 

嫉妬や他人への攻撃は消耗するだけで
何も変わらない!嫉妬してる暇があれば
自分が頑張ればいい!

 

我ながら良い言葉だと思うのですが^^。


■人間関係力を向上させる最終手段!
■ついでに恋愛力も上昇するはずです。

氷の世界

↑人間関係力向上のマニュアルとしては、これ以上は考えられないです。僕も毎日しっかり読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>