人間関係を改善したいなら、素の自分を出してはいけない?

当ブログは男性のための恋愛指南ブログですが、
基礎的な人間関係力を鍛えれば女にもモテるようになる
と思うので、人間関係構築論カテゴリを作りました。


 
人間関係で悩んでる人が、その事を周りに
相談するともらえるアドバイスの定番として、

 

「もっとありのままの自分で良いんじゃない?」

 

「考え過ぎだよ。素の自分をさらけ出せば良いじゃん!」

 

みたいなものがあります。

 

一見すると素敵なアドバイスに思えますし、
確かに「くよくよするな!とにかく前を向け!」に
近い意味での励ましとしては有りなのかも知れません。

 

しかし僕は基本的に、この手の「素の自分を出せ」的な
アドバイス、大反対です。

 

だって、

 

人間関係で悩んでるという事は、
素の自分に何かしらの問題を抱えてる
可能性が高いと思うからです。

 

例えば、いつも一言多くて人間関係が
上手くいかなくなる人がいるとしましょう。

 

「素の自分を出せ」という事は、

 

「いつも一言多いという癖も貴方の個性。
だからこれからも気にせず、一言多く言っていこうよ!」

 

とアドバイスしてるようなものです。

 

そうじゃなくて、

 

「いつも一言多いというのは完全に貴方の悪癖。
だから普段から強く意識して、その悪癖を
無くしていきましょう!」

 

とアドバイスした方が、彼の人間関係の
悩みを解決のヒントになると思うのです。

 

意識していつも一言多い悪癖を無くす。
これって彼の「素の自分」じゃないです。
でも彼の場合、とりあえず今は素の自分を
出さない方が良いんです。

 

「素の自分」、「ありのままの自分」、
プラスイメージの言葉として独り歩き
し過ぎてるような気がします。

 

そりゃ素の自分が最初から素敵な人は、
そのままさらけ出せばいいですよ。素敵なんだから
素の自分をそのまま受け入れてもらえます。

 

でも素の自分に明確な欠点があるのがわかっていて、
お花畑的なアドバイスを鵜呑みにして、

 

「そうだ、俺は俺のままで良いんだ!
もっと素の自分をさらけだそう!」

 

となっちゃうのは最悪です。

 

人間関係に悩んでる方は、

 

・なぜ人間関係が上手くいかないのか、
理由を正確に分析する。

 

・その分析の結果、自分の性格や言動に問題が
あると感じたのなら、普通の人よりも強く自分を
戒めてして直す。

 

この2段階を経て解決すべきだと思います。

 

肝は、「普通の人よりも強く自分を戒めて」の部分。

 

そう、素の自分の悪癖って、
自分で相当強く戒めないと直らないんですよね。

 

人と会う度に毎回自分を戒めて、
悪癖が出ないように注意する。

 

気をつかうので疲れるかも知れませんが、仕方がない。
悪癖を直すというのは疲れる作業なんです。

 

その疲れる作業を3ヵ月、半年、一年と
毎日続ける事で、やっと悪癖が直されて、
素の自分を出しても問題ないようになる。

 

素の自分がイケてる人に比べて、
素の自分がイケてない人が努力しないと
いけないのは当たり前です。

 

この努力の必要性をごまかすかのような、

 

「素の自分を出せばいいと思うよ。」

 

「君は君のままで良いじゃん!」

 

という、一見素敵なアドバイス。
僕は嫌いなのですが、どうでしょうか?


■人間関係力を向上させる最終手段!
■ついでに恋愛力も上昇するはずです。

氷の世界

↑人間関係力向上のマニュアルとしては、これ以上は考えられないです。僕も毎日しっかり読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>