イケメンだけで若い頃はモテてた男性の落とし穴?

 
「学生時代はモテてたけど、社会人になって
年を重ねるに連れて段々モテなくなった・・・。」

 

僕の知人にもいました。

 

イケメンなので、学生時代は自分から何も
しなくてもたくさんの女の子から告白されてました。

 

同じクラスの可愛い女の子と付き合いながら、
別のクラスや別の学校の女の子に言い寄られたら、
とりあえずエッチしちゃうという典型的なヤリチン
野郎でした。

 

そんなモテモテの彼でしたが、
30歳を過ぎて久々に会った時は、
なんだかすごく落ちぶれたように感じました。

 

フリーターでした。服はヨレヨレ、
体もおじさん体型になってました。

 

顔は相変わらずのイケメンだったのですが、
他のマイナス要素が強すぎてそのイケメンパワーを
発揮できてないように感じました。

 

で、彼と色々と話してるうちに、
僕は彼の問題点に気づきました。

 

どうやら今でも、顔さえ良ければモテると
思ってるふしがあったのです。

 

典型的なモテないイケメンの発想です。

 

そう、顔は良いのにモテない男性って、
心のどこかで「顔さえ良ければモテる」と
思っている事が多いです。

 

実際に学生時代や若いころは顔だけでモテたのでしょう。
その経験が邪魔をして、考えを変えられない。

 

女性が男性の価値を判断する基準は、
年齢によって変わっていきます。

 

若い頃は女性も精神的に未熟故に、
男性の判断能力も低いので、どうしても
わかりやすいルックスで男性を判断する。

 

でも女性も精神が成熟するにつれて、
男性の性格や資質などを見れるようになる。

 

また、女性も社会に出ると、社会の中で強い男性、
つまり経済力があったり地位が高かったりする
男性に惹かれるようになる。

 

そのような女性の男性に対する判断基準の変化に気づかず、
いまだにイケメンであるだけで女性にモテると思ってる。

 

この間違いに早く気づき、
イケメン以外の部分で男を磨く努力を始める事です。

 

例で挙げた彼ならば、まずは就職してちゃんと働き、
服や髪形を清潔にする。体を鍛えて格好いい体型にする。

 

イケメンだから何もしなくても女が寄ってくる
という慢心を捨て、努力して女性と接触する機会を作り、
好きな女性には尽くす。

 

それが出来れば、
大人になってもイケメンは武器になります。

 

大人の女性が男性を顔だけで選ぶ事は少ないですが、
他のモテ要素が最低限満たされている男性であれば、

 

イケメンである事は女性を惹きつける
強力な武器となるはずです。

 

残念ながら、イケメンじゃない僕には
全く無用の記事ですが(泣)、

 

「見た目は人並み以上なんだけど、
どうも女にモテないなあ・・。」

 

と思われる男性には、
この記事は参考になるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>