田村淳さんがモテる理由の本質を見抜き、自分に生かせ!

 
モテるお笑い芸人は?と聞かれれば、
ロンドンブーツの田村淳さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

最近結婚されましたが、
以前は数々の女性タレントと浮名を流し、
経験人数は400人とも噂されてます。

 

安室ちゃんと交際宣言した時は、
僕も腰を抜かしました。

 

そんなモテモテの田村淳さんですが、
では何故そんなにモテるのでしょう?

 

決して、めちゃめちゃイケメンという
タイプでもありません。

 

確かに今の田村淳さんがモテる理由としては、
地位や知名度が関係してくると思います。

 

素人の女の子は楽勝だろうし、
女性タレントだって田村淳さんと
付き合えればステータスになります。

 

でも田村淳さんの場合、恐らく地位や知名度が
全くない若い頃から相当モテてきたと思うので、
地位や知名度が彼がモテる本質的な理由には
ならないと思います。

 

喋りが上手いからモテる?
それは、おおいに関係してるでしょう。

 

女性に対してマメだからモテる?
それも間違いないでしょう。

 

「田村淳 モテる」などで検索してみれば、
彼のモテ術がわんさか出てきます。

 

「おお!モテる男は、ここまでやってるんだ!」

 

と、感心するものもあるので、
興味のある方は是非調べてみてください。

 

ただ、喋りが上手いからモテるとか
女性に対してマメだからモテるとか言うのは、
なんというか「枝葉」に過ぎないと思うんですね。

 

田村淳さんが持ってる「モテ」の木の枝葉の部分。

 

枝葉も勿論大事です。ただ、彼が何故モテるのか?
を考察して参考にするのであれば、モテの木の幹の
部分を見ていった方が良い。

 

喋りが上手いとか女性に対してマメという
彼のモテ要素は、幹の部分の単なる派生として
表に出た結果だと思います。

 

では、彼のモテの木の幹となる要素とは何なのか?それは、

 

結局、女性に対して全力かつ
真剣に接してるのだと思います。

 

女性の人格を尊重し、全力かつ真剣に接するから、
自然とマメになるし、喋りで女性を全力で喜ばせようとする。

 

絶対に女性が喜ぶような
キメ細かいデートプランを全力で考える。

 

「この女性は、どうすれば喜んでくれるのだろう?」

 

ここの思いが他の男性よりも真剣かつ全力なのだと思います。

 

そして、このモテ要素って、すごく大事だと思います。
モテたい!モテたい!と言ってる男性の中で、

 

田村淳さんほど女性に対して
全力かつ真剣に接してる人が、
果たしてどれくらいいるのでしょうか?

 

「全力」とか「真剣」って本当にモテ効果ありますよ。

 

大抵の男性は女性に対して100%で接してない。
会話は勿論、二人きりのデートでも、どこか気が散って、
せいぜい80%程度。

 

だから自分だけが100%で女性と接するだけでも、
相当モテるようになるはずです。

 

僕が女性と接する時における全力や
真剣の大切さに気付いたのは、

 

ガールズマインドハッカー

↑この商材を読んでからでした。超おすすめです。
今でも僕の恋愛バイブル、いや、人生のバイブルと
なっています。

 

話しを戻しまして、田村淳さんって、
対女性ほどではないにしても、
恐らく男性に対しても同じように全力かつ
真剣に接する方なのかなあと想像します。

 

というのは、僕もモテを研究してきて
深く思うようになったのですが、

 

気になる女の子に対してだけ理想的な
行動をとるって難しい。どんな人に対しても普段から
同じような行動をしてる結果として気になる女の子に
対しても理想的な行動をとる事が出来る。

 

田村さんの場合は、タイプじゃない女の子、
更に男性に対しても全力かつ真剣に接する事で、
気になる女の子に対しても「自然」と全力かつ
真剣に接する事が出来る。

 

この「自然と」いう部分が肝です。
女性は男性の自然な言動と不自然な言動の違いを見抜きます。

 

だから、僕も特に最近は、

 

「別に落としたいと思わない女性に対しても、
落としたいと思う女性と同じように全力で接しよう!
それがモテる修業だ!」

 

と、思うようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>