女に困ってない男って結局何なんだ?女の数だけじゃない?

先日、ある方からご相談というか質問を頂きました。

 

「女に困らない男ってどんなかんじでしょうか?
僕今それを目指してるんですが、漠然としてて…」

 

なかなか面白いテーマだと思ったので
記事にさせて頂こうかなと。

 

確かに「女に困ってない」って、よくよく考えてみれば、
何を持って言ってるのだろう?明確な定義はありません。

 

でも、「女に困ってない」という状態を正確に
考察する事で、より楽にそこを目指せるようになると思います。

 

僕は「女に困ってない」には、2つの側面があると思っています。

 

自分の心の満足度の問題と、
周りからの見られ方の問題です。

 

まず自分の心の満足度の問題から解説します。

 

彼女がいるから女に困ってないと思う?
セフレがたくさんいるから女に困ってないと思う?
いつでもセックス出来るナンパノウハウがあるから
女に困ってないと思う?

 

まぁ確かに、彼女やセフレがいた方が、

 

「俺は女に困ってない!」

 

と実感する可能性は高いと思います。
でも多分、女の数だけの問題じゃないと思います。満足度って。

 

たった一人の彼女がいれば満足な男性もいれば、
複数のセフレがいるけど、まだ物足りないという
男性もいると思います。

 

恐らくセフレが3人いて「まだまだ俺は物足りない!」と
思ってる男性は、4人セフレを作っても物足りない
。多分ずっと飢えてると思うんです。

 

だからそこは女の数じゃなくて、

 

女の数以外の部分に喜びや価値観を見出していく心の
修業が必要になってくる。じゃないと死ぬまで飢えた
ままだと思うのです。

 

その辺りの女に満足するための心の持ち方みたいなものは、

 

氷の世界

↑こちらの商材が最もわかりやすく解説してるし、
僕も随分と学ばせてもらいました。おかげで女に
対しての気持ちが楽になったと思います。

 

まぁ別に商材とか買わなくても、
心の修業の方法は色々とあると思いますので
各自研究して頂くとして、とりあえず、

 

女の数だけに価値観を見出してると、いつまで
たっても満たされない。いつまでたっても
「女に困ってない」と思えない。

↑真に女に満たされるためには結構大事な
ポイントになると思うので、ちょっと頭の
片隅にでも入れておいてくださいね。

 

一番簡単なのは、仕事や趣味などに
女の数以上の価値を見出す事だと思います。

 

女は2~3人でお腹いっぱい!
後は仕事(趣味)に情熱を燃やす!

 

なんやかんやで最も心の満足度が
高い幸せな生き方だと思います。

 

次に、周りからの見られ方の問題です。

 

勿論、自分自身が女に困ってないと思えるか
どうかが一番大切なのですが、二番目に大切なのが恐らく、

 

周りから「女に困ってない男」だと思われたいと
いうのが絶対にあると思うのです。

 

この部分が満たされてないと、心の底から
「俺は女に困ってない」と思えないのではないでしょうか?

 

ただ、こちらに関しては、その男性の社会的欲求、
自己顕示欲の強さによると思います。

 

いつでもたくさんの女とセックスさえ出来れば、
周りから「あいつ全然モテねえよ。」と思われて
構わない。そこには何の感情もない。
と、思われる男性もおられるでしょう。

 

でも、日本で普通に社会生活を送ってる男性の大半は、

 

自分の心の中の満足度と、周りからの目、
この2つが満たされないと、心の底から
「俺は女に困ってない」と思えないのではないかと。

 

で、周りから「女に困ってない男」だと思われるには、
やっぱりモテる男としての最低条件を満たし、更に
社会性も磨く必要があると思います。

 

爽やかで清潔で、ある程度お洒落。
会話も楽しく男女問わず慕われる。

 

そんでもって仕事(趣味)に情熱を燃やしながら、
女は常に2~3人。

(ここは本当に愛する女性1人でも良いと思います。)

 

そういう男性が、
最高級の「女に困ってない」男だと僕は思います。

 

女の数をメインに「女に困ってない」を考えていくと、
多分ずっとしんどいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>