友達の彼氏を奪う女性心理の正体/彼女のマスターキーEvo

 
僕がお勧めする恋愛商材から学ぶシリーズ、
今回は彼女のマスターキーEvoから学ぶ、
人の彼氏や旦那を取りたがる女性心理を
利用してモテる!です。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 
「人の彼氏や旦那さんに魅力を感じる!」

 

そういう女性、少なからずいますよね?

 

その男性自体に魅力を感じるというよりも、
人の物だから魅力を感じる。女性から見ると
非常にたちの悪い女として扱われます。

 

でもどうしてでしょう?何故、ある種の女性は、
人の彼氏や旦那に魅力を感じてしまうのでしょうか?

 

男の場合は、人の彼女や奥さんだからといって、
その女性の魅力が増すという感情はあまりないと思います。

 

その女性が綺麗だとか可愛いとか性格が良いとか、
基本的にその女性自身のパーソナルに魅力を感じる。

 

この女性特有の恋愛観は、
女性のある性質が関係してると思います。

 

女性は周りからの評価が高い男性に、
より魅力を感じるという性質を持ってます。

 

少し学生時代を思い出してみてください。

 

クラスのマドンナ的存在の女の子、可愛かったはずです。
そう、可愛いから男子から人気があった。単純な話です。

 

友達が、

 

「あの子、可愛いよな!」

 

と言ったから、貴方はその女の子を
可愛いと思ったのではないと思います。

 

貴方の目で確かめて、貴方自身がその子を
可愛いと判断し、魅力的だと感じた。

 

ところが女子は少し違います。

 

女子から人気のモテ男子、
勿論、ある程度以上はルックスが良いから人気です。

 

しかし、その男子に惹かれてる女子は、
みんなその男子のルックスに惹かれたのか?
男子が可愛い女子に惹かれるように。

 

違うと思います。友達が、

 

「あの人、格好いいよね!」

 

と言ってるのを聞いて、その男子を好きになった
女子も多いはず。実は大してタイプじゃないのに。

 

そう、これが女性特有の恋愛観なんです。

 

周りからの評価も、その男性の魅力の一部だと
女性は判断する。そして男性の想像する以上に、
男性を判断する基準としては大きなウエイトを占める。

 

話を戻しまして、人の彼氏や旦那に魅力を
感じる女性ですが、つまり、

 

その男性は、その男性の彼女や奥さんから
高い評価を受けている。だから魅力を感じる。

 

まぁ実際は、彼女や奥さんから
低評価されてるかも知れませんが(笑)。

 

でもそれでも良いんです。
彼女がいる、奥さんがいるという状態が、
既に女性から見れば高評価されてる男性なんです。

 

「結婚してからモテるようになった。」

 

「彼女がいる時に、何故か他の女から
アプローチされるんだよな・・。タイミング悪い・・。」

 

結構聞く言葉ですが、その通りなんです。
女の1人もいない男よりも、彼女や奥さんが
いる男性の方が魅力的に思われるものみたいです。

 

この女性特有の恋愛観を男性側が意図的に
利用出来るようになれば、かなりモテるようになります。

 

その利用する方法を詳しく解説してるのが
彼女のマスターキーEvoだと思います。

 

高等テクニックも多いですが、この記事で解説した
女性特有の恋愛観や本能を利用してるので、女性は
逆らえません。確実に効果が見込めるテクニックです。

 

一つだけ最も簡単なテクニックをここで書くならば、

 

とにかくモテグループに入っちゃえ!

 

でしょうか。自分自身が駄目男でも、周りの男の評価が
高いので、そういう集団に属してる貴方の評価も自然と
上がる。つまりモテる。

 

これが逆だと全く意味ないんですけどね。

 

美人グループの中に、そうでもない女性がいたとして、
男性の中でその女性の評価が上がるか?別に上がりませんよね?

 

でも女性の場合は、モテグループに
属してる貴方を必ず高く評価します。

 

このテクニックは単なる一例ですが、ここで書いた
女性特有の恋愛観、意識してみると面白いですよ。
ナイスなモテ法が浮かぶ事があります^^。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>