女性との会話・口説きの上達方法!練習を完全に割り切れ!

 
現在、新しい特典レポートを作成中です。

 

女性とセックスするための、そしてセフレを
たくさん作るための会話術、口説き術みたいな
レポートになると思います。

 

女性とセックスするためのデートから
ホテルへの連れ込みまでの全般的なテクニックならば、

 

性欲トラップ

↑こちらの商材が最もお勧めなのですが、
今回のレポートは、会話に特化したセフレを
たくさん作るための方法を書こうと考えています。

 

ただ、セフレと言っても、別に真剣に付き合う場合と
口説き方を明確に分ける必要はないというのが僕の考えで。

 

セフレになるか真剣に付き合うかは、男の気持ちや
アフターフォローで決まるものであって、女性と
セックスするまでの口説き方においては、
特に違いを考えなくても良いと思います。

 

ま、下ネタ全開の性に奔放な女性を口説く場合は、
真剣な好きという気持ちを伝えるよりも、とにかく
ノリでセックスしよう!みたいな口説き方が良い
場合もあるので、細かく言えばケースバイケースですが。

 

とにかく現在、自分が特典レポートで書く口説き術の
有効性を確認するためだけに、ガールズバーに通ってます。

 

ガールズバーの女の子を落としたいと願う男性も
多いみたいなので、基本は全女性対応、そして
ガールズバーの女の子にも有効なセフレ作成会話術
みたいなレポートに出来たらいいと思います。

 

で、前置きが長くなりましたが、今日は
特典レポートの有効性確認のために
ガールズバーに通ってる時に気づいた話です。

 

やっぱり口説きにメンタルって大事ですね!
気持ちに余裕があるとガンガン口説ける。

 

いや、勿論大事なのは以前からわかってたのですが、
今回あらためて強く感じたのです。

 

僕が現在、ガールズバーに通ってるのは、
特典レポートの有効性を確認するためです。
だから口説いてる女の子に特別に好意を
持ってるわけではありません。

 

自分の口説きロジックを淡々とこなしてるだけです。
女の子は申し訳ないのですが、口説きロジックを
試すというゲームみたいな感覚で会話しています。

 

すると、いつもとは違う口説きの境地と言いますか、
なんだか会話の場面を俯瞰で見てる感覚なんです。

 

気持ちが冷静だから、いつもなら見逃してるような
女の子の細かい反応にも気づきます。

 

「あ、今の言葉、彼女の喜ぶツボだな・・。」

 

「この話題、彼女はやけに過敏に反応するな・・。
過去に何かあったのかな?」

 

勿論、いつも女の子の反応は注意深く観察してますよ。

 

【女が勝手に寄ってくる】圧倒的モテ会話術!

↑こちらの姉妹サイトで解説してますように、
最近の僕の会話スタンスは「聞き」です。

 

だから他の男性よりも会話中の女性の微妙な
反応には注意するようにしています。

 

でもそれでも、ちょっとでも女の子に対して
好意があると、どうしてもテンションが上がってしまい、
会話を楽しんでしまうだけになる事があります。

 

今回のガールズバーの場合は、とにかく機械的に
僕の口説きロジックが通用するか否かを確認する
ためだけに会話してるので、女の子の微妙な反応が、
いつもにも増して見えてくるんです。

 

だから、

 

全く興味のない女性を口説くなど、完全な口説きの
練習の場を作るのって、口説き術の向上のためには
すごく有効なのではないかと思います。

 

女性との会話の練習!口説きの練習!と思って
場数を踏もうとする男性は多いと思いますが、
どうしても練習相手には、自分が少なからず
好意を持ってる女性を選びがちです。

 

そこをあえて自分が全く興味が沸かないような
女性を練習相手にしてみる。めちゃめちゃ効果
あると思いますよ。

 

気持ちが完全に冷静だから、自分と女性を
上から観察するような気持ちで自分の口説き術を
客観的に考察出来ます。

 

見た目が全く好みじゃない女性を相手にするのが
一番簡単ですが、僕みたいに、自分の口説き術の
有効性を確認する作業と割り切って女性を会話
するのも良いと思います。

 

練習は練習!本番は本番!口説きにおいては、
完全に分けられる男性って少ないと思うので、
口説きテクニック向上のための一つの有効な
方法として提案させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>