ガールズマインドハッカーで確実にモテるようになった僕

 
プロフィールに書かせてもらいましたが、
僕は昔は本当にモテませんでした。

 

ですが、今でも別にモテモテというわけでは
ありませんが、どうにか多少は女の子に相手
にされるくらいにはレベルアップしたと思います。

 

ぶっちゃけ女性経験も急激に増えました。

 

でも、急にレベルアップしたわけではありません。
たくさんの恋愛商材を買って何度も実践、試行錯誤し、
ようやく今の状態に辿り着いたのだと思います。

 

だから、昔よりもモテるようになった理由は「これ!」
みたいな、一つを提示する事は出来ません。

 

モテるって、様々な理由が絡み合って成立する
ものだと思います。何か一つを変えたからモテる
ってのは難しいです。

 

ただ、自分が確実にレベルアップしたと思える
大きなきっかけというのは、そんなに多くなく、
いくつかに絞って挙げる事が出来ます。

 

その中でもわかりやすくモテ度
レベルアップのきっかけになったのは、

 

ガールズマインドハッカーを読んだ時だと思います。
これは僕のモテ道の過程の中でも非常に大きかった。

 


↑販売ページ

 
ガールズマインドハッカー

↑レビュー記事です。僕の恋愛バイブルの一つ。


 

ガールズマインドハッカーに関しては、
色々なところで散々レビューしまくったので、
ここでは深くは考察しません。

 

ただ、一つだけガールズマインドハッカーの内容が
僕の人生に影響を与えてくれたものを簡潔に書くならば、

 

とにかく女の子にとってオンリーワンの存在に
なる事の大切さ。オンリーワンになれれば
イケメンにも金持ちにもぶっちぎりで勝てる。

 

この事は今も常に意識して行動してます。

 

イケメンでもない、経済力もない、会話も上手くない、
若い女の子がターゲットであれば自分は若くない、
こうやって挙げてみると、本当に何も持ってません。

 

そんな自分がどうやって
持ってる奴との恋愛競争に勝つのか?

 

持ってる奴より工夫して考えて、持ってる奴よりも
その女性の事を深く愛し、愛を受け止め、持ってる奴が
しない事を率先してやる。

 

言葉にすると少し臭いですが、でもこういう方向性で
頑張る事で恋愛競争に勝てるという事に気づかせて
くれたのは、本当にガールズマインドハッカーの
おかげだと思います。

 

例えば僕、このブログやメインサイトでも少し書いたと
思うのですが、女の子に直筆の手紙やメッセージを
書く機会が増えました。

 

直筆って、気持ちが伝わります。

 

大半の男性が何もかもをメールで済ませようとする
世の中です。持ってる奴は、それでもそこそこ女の子の
心を射止める事が出来るのかも知れません。

 

でも自分は持ってない。

 

だから直筆で自分の気持ちを精一杯伝える。
恥ずかしいから他の男はやらないところを自分はやる。

 

正直、成果は上々、いや、上々どころではなく抜群です。

 

「直筆って、女の子の心を
揺さぶるのにこんなに効果あるんだ・・・。」

↑僕の素直な感想です。

 

ガールズマインドハッカーを読んでなければ、
直筆の手紙やメッセージを書く事もなかったと思います。

 

ガールズマインドハッカーで説いてるモテ法って、
メールと手紙で例えるならば、

 

他の男がメールで気持ちを伝えるなら、
自分は直筆の手紙で伝えろ!という事に
近いと思います。

 

人と人とのつながりが疎遠になってきた現代、
でも女の子は必ず人とのつながりを求めてます。

 

だからつながってくれる人の存在はとても嬉しい。
他にいないから、自然とその人に依存する。で、

 

「貴方なしでは生きられない!」

 

となってしまう。

 

恋愛に限らず、仕事でも趣味でも
人生すべてにおいて言える事だと思うのですが、

 

持ってない奴は、まず自分が持ってない事を
自覚する事。そして持ってる奴に勝てる方法を考える。
そして更に持ってる奴よりも努力する。

 

この感覚・人生観を教えてくれた
ガールズマインドハッカーには、今でも感謝しております。

 

間違いなく僕のモテ道における
ターニングポイントだったと思います。
 


↑販売ページ

 
ガールズマインドハッカー

↑レビュー記事です。僕の恋愛バイブルの一つ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>