現代は熱い男が更にモテる!ガールズマインドハッカーに学ぶ

 
僕が購入、実践してきた恋愛商材から学ぶシリーズ。
今回はガールズマインドハッカーから学ぶ、熱い男
の希少価値です。
 


↑販売ページ

 
ガールズマインドハッカー

↑レビュー記事です。僕の恋愛バイブルの一つ。


 
僕は30代半ばの普通のおじさんですが、

 

「最近の若いやつは・・・。」

↑あまりこの言葉は言わないようにしたいと
思っています。若くても僕より立派な人は
たくさんいます。うん、かなりいる^^。

 

でもですね、それでも一つだけ
若い男性に言いたい事があります。

 

どこか冷めてるというか淡泊というか、
若い男性からそういう印象を受ける事が多い。

 

昔と比べると、人間関係が希薄になってる。
よく言われてる事ですが、確かにそうなのかも知れません。

 

嫌われる性格の定番として、人の心に
土足で入りこんでる人というのがありますが、

 

最近は土足で入らない過ぎる。
他人事だから関係ないという人が多いのかなと。

 

別に責めてるわけではありません。
そういう風潮がそんなに悪い事だとは思わないし、
その方が生きやすい世の中なんでしょう。

 

でも、女性にモテるという観点から考えると、

 

「リスクを背負って、もうちょっと土足で
入りこんでも良いんじゃない?」

 

と、思います。

 

少し前ですが、たまたま知り合った20歳くらいの
女の子とメル友になりました。特別狙ってやろうとか
思ってませんでした。ただの友達です。

 

ある日、その子からメールが届きました。

 

「やばい・・・。久々に熱が出て、家に待機中^^」

 

詳細は忘れましたが、
こんな感じの内容だったと思います。

 

僕はすぐに彼女に電話しました。

 

「どうしたの?大丈夫?」

 

「うん、ちょっとしんどいけど大丈夫^^。」

 

「そっか、それなら良かったけど・・。
つい心配になって思わず電話しちゃったわ^^」

 

そう言えば、彼女に電話するのはこれが初めてでした。

 

この日からしばらくして、友達を交えて
彼女と会った時に、彼女は僕に言いました。

 

「この前はありがと!電話すごく嬉しかった^^。」

 

「いえいえ^^。そういえば、
あれが電話するの初めてだったよね?」

 

「うん。でも電話くれたの○○さんだけだったから、
ちょっと好きになりそうだった^^。」

 

それを聞いた時に、僕は心の中で
「へ?そうなんだ。」と思いました。

 

普段はメールやLINEだけでやり取りしてる女の子でも、
熱が出たとか風邪ひいて寝込んだとかのメールが来た時は、
僕は絶対に電話します。

 

友達にも電話ですが、狙ってる女の子なら尚更電話です。

 

いつもはメールでしかやり取りしてない男性だけど、
自分が弱ってる時は電話をくれる。なんて優しい人。

 

女の子との距離を縮める大チャンスだと思うのですが・・・。

 

まぁ、そんな打算の気持ちだけで電話するわけじゃないですよ。
本当に心配だから電話する。だから女の子の心に届く。

 

いつもはメールだけの仲でも、
いざという時はちゃんと電話する。

 

最低でもこの程度の熱さ、
人に干渉する心は持っておきたいものです。

 

そして、この程度の熱さや人に干渉する心すら
持ってない男性が増えてきてるので、
ガールズマインドハッカーは更に威力を発揮する。

 

ガールズマインドハッカーで解説してるモテ男像は、
上の電話の例のような少しだけ熱い男です。

 

人間関係が希薄になった現代だからこそ、
ガールズマインドハッカーをマスターすれば
必ずモテ男になれる。

 

大げさじゃなしに本当にそう思います。
今でも僕の恋愛バイブルです。

 

まぁとりあえず、

 

いつもはメールだけの女性でも、
ピンチの時は電話する!ピンチの時こそ電話する!

 

これ、絶対効果があるので是非実践してみてください。

 

あまり冷静に考えずに、
「心配で思わず電話しちゃった」感が伝わると更に良いです^^。
 


↑販売ページ

 
ガールズマインドハッカー

↑レビュー記事です。僕の恋愛バイブルの一つ。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>