セフレの作り方!確率を上げる3つのポイントとは?

 
「セフレが欲しい!セフレの作り方を知りたい!」

 

多くの男性の偽らざる本音でしょう。
本命の大好きな彼女一人と可愛いセフレが数人、理想郷です^^。

 

ただ、セフレを狙って作るって難しい。
いや、難しいというか、ちょっと違うんじゃないかと
僕は考えています。

 

モテる男になってたくさんの女性にアプローチすれば、
自然と彼女もセフレも出来る。

 

本命の彼女とセフレの振り分けは、
男性のその時の気持ちの問題だと思います。

 

だからセフレを作る事だけに特化した特殊な攻略法を
探す姿勢には、僕は賛成しかねます。

 

女にモテるために男を磨いて、後はたくさんの女性にアタック!
それが最強のセフレの作り方だと思います。

 

ですが、そんな結論で終わってしまっては、
この記事を書いた意味がありません。

 

ここまでの理屈を踏まえてもらった上での話ですが、
でもセフレを作るために特化した小技とか考え方
みたいなものも少しあります。

 

僕の経験だけから導き出した理論なので、
僕の色が相当濃いですが、まぁ参考になる部分も
あるんじゃないかと思います。

 

というわけで以下は、
けいぽん流セフレを作るための3つのポイントの解説です。
 

セフレの作り方ポイント①女性の見極め

 
当たり前過ぎてポイントとして挙げるのもためらったのですが、
でも大事なポイントである事には変わりはないので。

 

セフレという関係を受け入れてくれそうな女性を見極め、
そしてそのような女性を狙う。

 

もっと現実的かつ、わかりやすい言い方をしますと、

 

・すぐにさせてくれそうな女の子を狙う。
 
・男関係が奔放そうな女の子を狙う。

 

という事です(笑)。

 

そのような女の子だけ狙えば、
セフレの関係になれる確率が高まるのは明らかです。

 

では、どうやってそのような女の子を見極めるのか?

 

これには簡単な判断基準もありますが、
経験がものをいうような難しい基準も存在します。

 

例えば、あくまで傾向ですが、
清純系のお嬢様よりは派手なギャル系の子の方が、
男関係に奔放である可能性は高い。誰でもわかる判断基準です。

 

でも逆に、清純系のお嬢様でも男関係に奔放な女の子もいますし、
そこはやっぱり経験値で見極めていくしかないと思います。

 

あとは、何かに依存するタイプの女性や精神的に不安定な
部分がある女性は、男関係に奔放な傾向はあると思います
(本当に単なる傾向ですが)。

 

意識して「経験値」を積んでいけば
結構判断出来るようになると思いますよ。

 

あ、わかりやすいのが、過去にセフレ的な男性がいた女性。
セフレという関係を許容してる可能性が高いです。

 

会話のどこかで聞き出せる場合がありますし、
彼女の口からそういう話を聞いたら、
チャンスと考えていいかも知れません。
 

セフレの作り方ポイント②状況を作る

 
例えば会社の飲み会で、ある男女が、

 

「僕たち、セフレになりました!
なので皆さん、よろしくです!」

 

と楽しそうに宣言したら・・・・ドン引きですよね?

 

「僕たち、付き合います!」ならば
普通に祝福されるでしょうが、セフレは・・・です。

 

特に女性は、自分が属する社会的グループにおいて、
セフレがいるという事を知られるのは嫌だと思うのです。

 

学校でも習い事でもサークルでもそう。
友達の紹介でもそうです。

 

友達に男性を紹介してもらって、
真剣に付き合うのではなくセフレになったと友達に報告、
ちょっと厳しいですね^^。

 

自分がセフレという関係を受け入れる女だという事を
知人に知られたくない。女性として当然の心理です。

 

男側としては、その心理を理解して対処してあげる必要がある。
じゃないとセフレになれない。

 

ではどうするか?

 

最も簡単な解決策は、ネットで出会う事だと思います。

 

当人同士以外の第三者の目が気になるから、
例え願望があったとしても、セフレという関係を
受け入れられない女性が多い。

 

ならば、第三者が極力存在しない場で
女性と出会えば良い。というわけで、
現代においてはネットが一番適してるように思います。

 

実際に、ネットで知り合った男女がそのままセフレ関係
になるケースって、すごく多いのではないでしょうか?

 

僕自身の経験から言っても、普通にリアルで知り合った
女性とネットで知り合った女性とで比べると、
体だけのドライな関係になる事が多いのは圧倒的に
後者のように思います。

 

ネットナンパの場合、

 

「実際に会うまでは、
本当のルックスも性格もわからない!」

 

というデメリットもありますが、
それを差し引いてもセフレ的な女性との
出会いの場としては最適だと僕は思っています。

 

更にネットナンパの場合は、

 

ある種のコツさえ掴めば、
どんな男性でもすぐにネットナンパ上級者になれるし、
女性と楽に出会える!

 

というメリットもあります。

 

リアルの出会いだと短期間でモテモテの男になるのは
相当難しいですが、ネットだとネット上独特のアプローチ法や
メール術を理解しておくだけで比較的簡単にモテモテになれる。

 

個人的には、

 

自宅ハーレム化マジック

↑こちらの教材、もしくは、

 

入れ食い最強ネットナンパ論

↑こちらの僕が書いたレポートを実践して頂ければ、
とりあえず女性との出会いに困らない状態を作る事が
出来ると思います。

 

とにかく、

 

第三者が絡まない状況を作る。

 

女性にセフレという関係を受け入れてもらうための
重要なポイントだと思います。
 

セフレの作り方ポイント③ふるいにかける

 
①で、

 

「過去にセフレ的な男性がいた女性は、
セフレという関係を許容してる可能性が高い。」

 

と、書きました。

 

だから、そういう話を聞けた女性に対しては
積極的に仕掛けていくのも有りです。

 

それと似た理屈なのですが、

 

女性に対して、過去に自分にセフレがいた事を言ってしまう。
僕の経験上、これがなかなか妙案だったりします。

 

勿論、そんな事を言えば引いてしまう女性も多いと思います。
それだけで嫌われる可能性もあります。

 

でも、「セフレがいた」と告げたら引いてしまう女性は、
今後恐らくセフレにはなってくれません。

 

「セフレがいた」という事を許容してくれる女性の方が、
確実にセフレという関係を受け入れやすい。

 

あと、更にセフレ候補の女性をふるいにかけるならば、
「体だけの関係」みたいな柔らかい言い方ではなく、
はっきりと「セフレがいた」や「セックスフレンドがいた」と
言ったほうが効果的です。

 

若い世代ならば、「ヤリ友」などでしょうか。

 

このはっきりとした言葉を抵抗なく受け入れてくれる女性は、
更にセフレという関係をドライに考えている可能性が高いです。

 

この方法、はっきり言ってリスキーです。
女性に嫌われるケースも増えるでしょう。

 

でも、言うべき女性をちゃんと見極めて、お酒が入った時など、
わりとエッチな事が言えるような雰囲気の時を見計らって言えば、
恐らく想像以上の効果が期待できる方法です。
 


 
以上、僕が考えるセフレの作り方の3ポイントでした。

 

この3つをしっかり意識して女性に
アプローチしていけば、意外と簡単にセフレ的な
女性が作れるんじゃないかと僕は思います。

 

ただ最初に書いたように、
わざわざセフレだけに特化して女性に接触するというのは、
ナンセンスだと思います。

 

モテる男になれば本命の彼女は勿論作れるし、
本人が望むのならばセフレも自然と出来る!

 

この正攻法が基本です。

 

正攻法にちょっとだけプラスして、
この記事のセフレ作り方を参考にして頂くのが
バランスが良いと思います。


■セフレを作る。
女性とセックスする事に特化するなら・・。

うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>