童貞や女性経験の少なさで悩むくらいならソープいけ?

 
「ソープに行け!」

 

北方謙三さんという方のそこその有名な言葉らしいです。

 

ある雑誌の人生相談のコーナーで、
童貞で悩んでる男性の相談に対して、
この一言で全てぶった斬ったという事で話題になったそうです。

 

本気で悩んで真面目に相談してる男性に対して、
なんて冷たくて適当な回答なんだ・・・。

 

と、思われる方もおられるかも知れません。
確かに適当感は否めません。

 

でもですね、この適当な回答、僕も大賛成です。

 

ある程度の年齢で童貞、
もしくは女性経験の少なさがコンプレックスになっていて、
そのコンプレックスが自分への自信のなさ、
女性に対しての自信のなさにつながってるのなら、
さっさと30回ほどソープに行く。

 

なかなか素晴らしい解決策だと思います。
 

セックスに対しての余裕がモテ男につながる?

 
僕は男性のモテ度を決める基準として、
セックスに対して余裕があるかないかというのが、
実は結構重要なんじゃないかと考えています。

 

というのは、普通の男性であれば、
必ずセックスへの強い欲望を持ってると思います。

 

その強い欲望を満たしたいがために、
男性は一生懸命女性を口説くわけです。

 

そして、このセックスという欲は男性の本能中の本能ですから、
なかなかコントロールするのが難しい。

 

特に童貞、もしくは女性経験やセックス経験が
少ない男性にとっては、セックスは超特別な行為です。

 

男子中学生などは、その典型的な例でしょう。
誰しもセックスの事しか頭になかった時期だと思います。

 

で、このセックスに対する欲望というのは、

 

あまりにも強すぎると、
女性に振り回されてモテなくなる。

 

例えば少し前に、横領した数億円のお金をキャバ嬢に
つぎ込んで逮捕された男がいましたが、彼が少しでも、

 

「この女が駄目でも、
他の女の子といつでもセックス出来るからいいや!」

 

という気持ちの余裕があれば、
こんな事にはならなかったと思うのです。

 

「セックスなんていつでも出来る!
セックスなんて、そんなに大した事じゃない。」

 

常にモテモテで彼女を欠かさない男性なら、
そう思えるかも知れません。

 

そして、その余裕の気持ちは女の子へと伝わり、更にモテる。

 

逆にセックスに対して強すぎる思いを持ってる男性は、
気持ちに余裕がないから、女性との恋愛の駆け引きに勝てません。

 

「この女の子とエッチ出来るかも・・。」

 

と思うと、もう歯止めが効きません。
媚びたり貢ぎまくったりで、女性に舐められるのでモテない。

 

モテないから更にセックスに対しての欲望が強くなり・・・
という負のスパイラルに陥る。
 

ソープで全てが解決するわけじゃないが・・

 
なので、そのモテない男の負のスパイラルから脱出するためには、
ソープを利用するのが手っ取り早いと僕は思うわけです。

 

「セックスなんていつでも出来る!」

 

これを【体感】しておくと、
女性に対して余裕をもって接する事が出来ます。

 

仮にソープに30回いって毎回違う子を指名すれば、
経験人数30人です。もう立派な遊び人でしょう。

 

勿論、ソープのようにお金で安易に出来るセックスと、
普通の女性を口説いて出来るセックスとでは、質が全然違います。

 

どれだけソープで経験人数を増やしても、
素人女性とセックス出来てないというコンプレックスは
残り続けるかも知れません。

 

でもやっぱり、女の子にアプローチする際に、

 

「駄目だったらソープ行けばセックスは出来る。
だからあまり考え過ぎずにガンガンいこう!」

 

と、思えるのって、やっぱり強いと思いますよ。
モテ男の思考に近いです。

 

童貞、もしくは女性経験が少ない事がコンプレックスになってて、
女性に対して積極的になれない男性へ、

 

「さっさとソープ行け!」

 

ゲスいアドバイスかも知れませんが、
意外と道が開ける事が多いんじゃないかと僕は思います。
 


 
※補足

今回の記事のテーマである、
セックスに対する余裕とモテの関係に関して、僕は、

 

彼女のマスターキーEvo

↑こちらの商材で学びました。
今でも僕の恋愛バイブルの一つです。

 

女性にとって体(セックス)は、
男性との恋愛の駆け引きにおける最大の武器です。

 

この武器を使えば、大半の男性を
コントロールできる事を女性は知っています。

 

そんな中で、体(セックス)による
コントロールが効かない男性(貴方)があらわれた。

 

「あ、この人、なんだか他の男と違う・・」

 

と、ワンランク上の男と思われる事は、
想像に難くないと思うのですが^^。

 

そんなモテ理論を教えてくれるお勧め教材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>