恋愛テクニックよりも結局打算抜きの気持ちが最強?

 
このようなモテ指南ブログやモテ指南サイト
記事を書いたり、定期的に恋愛商材を買ってたりすると、
どうしても恋愛を戦略的に考え過ぎる事があるのが僕の
弱点だと思います。

 

例えば、ある程度押したら少し引いて女の子に
刺激を与えるという恋愛の定番戦略が存在しますが、
確かにそれはその通り。

 

押し一辺倒で上手くいかない場合は、
少し引いてみて女の子に、

 

「あれ?どうしたのかな?」

 

と、思わせる事で恋愛感情が芽生える事もあると思います。
でも、このような恋愛の戦略って、やり過ぎ注意なんですよ。

 

もう数年前の事になるのですが、
僕がある女性を口説き落とした時の話です。

 

知り合って数ヶ月、一度映画を
見に行っただけの女の子でした。

 

僕に対する印象は悪くはないとは思うけど、
まだまだ恋愛感情が芽生えるほどでもない。

 

ある日、ふとしたメール中の流れで彼女の
誕生日が近い事を知りました。

 

僕は誕生日を祝わせて欲しいと彼女に提案し、
彼女もOKしてくれたので居酒屋の個室を予約。

 

一通り飲み食いした後に、
用意してたケーキと花をプレゼントしました。

 

ここまでは特に記事にするような事でもない
普通の出来事なのですが、僕が今回書きたいのは
ここからなんです。

 

2次会で近くのバーに行くことになって、
カウンターで2人で楽しく飲んでました。

 

「今日は本当にありがとう!嬉しかった^^。」

 

彼女が急に誕生日を祝ってくれた
僕にお礼を言ってきました。続けて、

 

「でも・・・。」

 

ん?

 

「私、○○君の気持ちに今は答えられないと思う・・。」

 

え?

 

「私、前の失恋を引きずってて・・・。
今はまだ次の恋が考えられないんだ。○○君の事は
嫌いじゃないし、むしろすごく良い人だと思うけど
・・・。ごめんね。」

 

これは、いわゆる「ふられた」というやつですね^^。

 

でも僕は、意外と全然ショックを受けなかった。

 

事情を聞いたのはこの時が最初でしたが、
彼女が僕との恋愛に前向きじゃない事は何となく
感じていたので、予想の範囲内の言葉だったからです。

 

で、この時に僕は言いました。

 

「全然!そんなの気にしなくていいよ!
今日の誕生日だって、俺がやりたいから
勝手にやっただけだし^^。」

 

「・・・・。」

 

そして次の言葉が、後々彼女の心に響いたみたいです。

 

「勿論、俺は○○ちゃんの事好きだし、少しでも
振り向いてくれるなら最高に嬉しい。でも、別に
そうじゃなくても、俺は○○ちゃんが喜んでくれる
のが嬉しいから誕生日しただけ^^。」

 

さらに、

 

「これからも○○ちゃんに振り向いてもらえるように
全力で頑張るけど、でも全力で頑張って駄目だったら
仕方ないし^^。だから何も気にせず、これからも
楽しくやってよ^^。」

 

彼女の表情が少し晴れたように見えました。

 

で、この日の数ヶ月後には、
結局男女の関係になっていました。

 

彼女に聞いたら、この誕生日の時の
僕の言葉が効いたと言ってました。

 

男は好きな女の子のために頑張ります。尽くします。

 

ただ、その頑張り方、尽くし方には
2種類のメンタルがあると思うのです。

 

①彼女に振り向いて欲しいから頑張る、尽くす。

 

②彼女が振り向く、振り向かないは関係ない。
彼女に喜んで欲しいから頑張る、尽くす。

 

そして僕の経験上、

 

女の子は、どうも男性から②の方の気持ちを
感じた時にキュンと来るようです。

 

確かに①は打算ですからね。頑張るし尽くすから、
代わりにお前の心と体をくれという事です。

 

その気持ちが見え過ぎちゃうと、
女の子もキュンとはならないのかも知れません。

 

ま、ぶっちゃけ、②は綺麗事ですけどね(笑)。

 

男だったら好きな女の子と付き合いたいし
セックスしたい。基本、そのために頑張ってる
に決まってます。

 

でも、良い人ぶるつもりはありませんが、
どんな男性でも②の気持ちも少し以上は
混じってる事も事実だと思います。

 

大好きな女の子が自分がした事で喜んでる姿を
見てると、打算抜きで自分も嬉しくなる!

 

絶対あると思います。

 

その打算抜きな気持ちの方をいかに
女の子に見せるか?いかに演じるか?

 

その辺を意識しながら好きな女の子に尽くしていくと、
良い結果が出る可能性が高まるんじゃないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>