カテゴリー別アーカイブ: 彼女のマスターキーから学ぶ恋愛テク

広くじゃなく深くモテろ!彼女のマスターキーEvoに学ぶ

 
僕が購入、実践した恋愛商材から学ぶシリーズ、
今回は彼女のマスターキーEvoから学ぶ、広く
より深くモテろ!です。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 

「私、毛深い人、苦手なんだ・・・。」

 

僕は体毛が薄い方なので、遠慮せずに
言ってくれる女の子が多いように思います。

 

確かに「毛深い」って、モテない要素の一つとして
挙げられる事が多いですよね?男性の脱毛も流行っていますし。

 

例えば女の子に、毛深い男性と毛深くない男性のどちらが
好きとアンケートすれば、恐らく8割以上の女の子が毛深く
ない男性を選ぶと思います。

 

というわけで、毛深くない男性の方がモテる!

 

と、単純に締めるのは早計です。

 

確かに世間一般的な女の子受けは毛深くない方が
絶対に良いです。世間一般的な女の子受けが良い事を
モテると言うならば、毛深くない男はモテるという事
になるでしょう。

 

でも、ここで大事になってくるのがモテの深さです。

 

確かに毛深くない男性の方が浅く広くモテるけど、
毛深い男性は狭く深くモテるのでは?

 

毛深い男性って男臭い雰囲気を
出してる人が多いのですが、

 

「男臭い人はちょっと苦手・・・」

 

という女の子が多い反面、少数派ながらも、

 

「男臭い人がたまらなく好き!」

 

という女の子が一定数存在します。

 

そして後者の方が好き度が深いです。
たまらなく好きなんです。

 

ここでまとめるとですね、

 


■男臭い男性
・一般受けはしない。表面上はモテない。

・でも男臭さがたまらなく好きな女性もいるので、
そういう女性を簡単に落とせる。

 

■男臭くない男性
・一般受けはいい。表面上はモテる。

・でも強烈に好きという女性は少ないので、
男臭くない事は女性を落とす武器にはならない。

 

このような図式がある程度成り立つと思うのです。

 

で、毛深いとか男臭いというのは一例でして、何にしても、

 

一般女性受けを狙い過ぎると逆にモテなくなる。
いや、モテなくなるというか、正確には女性を
落とせなくなる。という現象が起こる事があります。

 

彼女のマスターキーのモテ理念というのが、
まさしくそれで、

 

8割の女の子に嫌われても、残りの2割の女の子を
強烈に惹きつける事の大切さを説いた商材のように思います。

 

勿論、一般受けする事を軽視するつもりはありません。
一般受けも大切です。

 

爽やかである、清潔である、お洒落である、
明るく会話が楽しい、このようなイケメン
要素は絶対に磨いておいた方が良い。

 

でも、一般受けが過ぎて八方美人になってしまうと、
表面上はモテるようになっても、彼女は出来ないとか
女の子を落としてセックスする事は出来ないとか、
そんな事態に陥ってしまう可能性が高くなります。

 

広くは愛されるけど、深くは愛されないからです。

 

ルックスも喋りも悪くない、割と女性受けも
良い方だと思う、「モテるでしょ?」と言われる。
男性としてのスペックは高いと思う。

 

でも女の子を落とせない・・・。

 

このジレンマを抱えてる男性って結構多いみたいです。
女性受けを意識しすぎて八方美人になっちゃってる
かも知れません。

 

「3人の女がいたら、2人にはめちゃめちゃ
嫌われてOK。でも残りの1人とは確実に
エッチまでもっていく。」

 

一般受けを捨てる意識を持てば、
ちょっと変わってくるかも知れませんよ^^。

 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


女にモテるために、肩書きは男が想像してる以上に大事!

 
僕が購入、実践した恋愛商材から学ぶシリーズ、
今回は彼女のマスターキーEvoから学ぶ、モテる
ために重要な肩書きについてです。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 
先日、ある番組で、自衛官との合コンに女性が
殺到してるというニュースを見ました。

 

そして続けて、女性が結婚したい男性の職業として、
公務員が人気No1だと言ってました。

 

他にも、医者、弁護士、会社経営と、
女性に人気の職業の定番というものもあります。

 

よく、

 

「人は肩書きじゃない!大切なのは中身だ!」

 

とか言う人がいますが、実際問題、女性は
男性の職業という肩書きをパートナーを
選ぶための重要な要素としてるわけです。

 

もし女性にモテたいのならば、この現実は
受け入れなければならないと僕は思います。

 

何故なら、肩書きで男性を選ぶというのは、
別に打算で男性を選んでるとかそういう事じゃなくて、

 

それが女性の男性選びの本質なんです。

 

男性の女性選びの本質は、
あくまでその女性自体を見て判断する事です。

 

一応、ナースとか保母さんとか男性人気の
高い職業はありますが、でもあまり好みじゃない
女性をナースだから好きになるとか、あまりないはずです。

 

でも女性は全然あります。

 

勿論、どうしようもなく駄目な男性を
肩書きだけで好きになる事はないでしょうが、

 

可もなく不可もなくの男性を肩書きだけで
好きになる事は十分にありえる。

 

例えば僕の知人女性に
EXILEのファンの子がいるのですが、彼女曰く、

 

「EXILEのメンバーだったら
誰でもいいから付き合いたい!」

 

だそうです。個人は別に見てない。
EXILEのメンバーだから付き合いたいのです。

 

「でも俺も少女時代のメンバーなら誰でも
良いから付き合いたいよ。同じじゃん!」

 

いえ、全然違います。それは少女時代の
メンバー全員がストライクゾーンだからです。

 

仮に少女時代のメンバーの中に、どうしようもない
レベルの女性が混じってたら・・・・、恐らく
付き合わないでしょう?

 

でも彼女は違います。恐らくどうしようもない
レベルのメンバーが混じってても、EXILEであれば付き合う。

 

というか、EXILEのメンバーという肩書きが強すぎて、
彼をどうしようもない男だと思わないはずです。

 

ここが男と女の違いだと思います。

 

男性は、あくまで個人を見てる。少女時代の
メンバーだから無条件に付き合うわけではない。

 

女性はEXILEに属してるという、いわば肩書きで見てる。
だからEXILEのメンバーならば、ほぼ無条件で付き合う。

 

女性にとって、男性の肩書きとか属性というのは、
男性が想像している以上に重要な要素なんです。

 

そしてモテたい男性は、肩書きや属性が
男性が想像してる以上に重要である事を
ちゃんと認識した方が良いと思います。

 

「自分は肩書きや属性で女性を判断しない。
だから女性も同じ感覚で肩書きや属性で男性を判断しない!」

 

と思ってたら大間違いです。
男性と女性の感覚は全然違うのです。

 

「男は中身で勝負!」

↑その心意気は悪くないですが、現実として、

 

女性は男性よりも、異性を判断する基準として、
肩書き、属性、格などの中身以外の要素を重視
する傾向がある。

 

この事は知っておいても損はないと思います。

 

知った上で、モテるために頑張って肩書き、属性、格を
上げるのか?それでも中身だけで勝負していくのか?
それは自由です。

 

でも多分、前者の方が効率的だと思います。
それが女性の本質だと思いますから。

 

ちなみに、肩書きや属性に頼ることなく男性としての
格を上げて女性にモテる方法を解説してる商材が
彼女のマスターキーEvoだと思います。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 
これはこれで素晴らしい商材だとは思いますが、
でもどちらにしろ肩書きや属性をモテる方向に
上げていく努力はした方が良いと思います。

友達の彼氏を奪う女性心理の正体/彼女のマスターキーEvo

 
僕がお勧めする恋愛商材から学ぶシリーズ、
今回は彼女のマスターキーEvoから学ぶ、
人の彼氏や旦那を取りたがる女性心理を
利用してモテる!です。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 
「人の彼氏や旦那さんに魅力を感じる!」

 

そういう女性、少なからずいますよね?

 

その男性自体に魅力を感じるというよりも、
人の物だから魅力を感じる。女性から見ると
非常にたちの悪い女として扱われます。

 

でもどうしてでしょう?何故、ある種の女性は、
人の彼氏や旦那に魅力を感じてしまうのでしょうか?

 

男の場合は、人の彼女や奥さんだからといって、
その女性の魅力が増すという感情はあまりないと思います。

 

その女性が綺麗だとか可愛いとか性格が良いとか、
基本的にその女性自身のパーソナルに魅力を感じる。

 

この女性特有の恋愛観は、
女性のある性質が関係してると思います。

 

女性は周りからの評価が高い男性に、
より魅力を感じるという性質を持ってます。

 

少し学生時代を思い出してみてください。

 

クラスのマドンナ的存在の女の子、可愛かったはずです。
そう、可愛いから男子から人気があった。単純な話です。

 

友達が、

 

「あの子、可愛いよな!」

 

と言ったから、貴方はその女の子を
可愛いと思ったのではないと思います。

 

貴方の目で確かめて、貴方自身がその子を
可愛いと判断し、魅力的だと感じた。

 

ところが女子は少し違います。

 

女子から人気のモテ男子、
勿論、ある程度以上はルックスが良いから人気です。

 

しかし、その男子に惹かれてる女子は、
みんなその男子のルックスに惹かれたのか?
男子が可愛い女子に惹かれるように。

 

違うと思います。友達が、

 

「あの人、格好いいよね!」

 

と言ってるのを聞いて、その男子を好きになった
女子も多いはず。実は大してタイプじゃないのに。

 

そう、これが女性特有の恋愛観なんです。

 

周りからの評価も、その男性の魅力の一部だと
女性は判断する。そして男性の想像する以上に、
男性を判断する基準としては大きなウエイトを占める。

 

話を戻しまして、人の彼氏や旦那に魅力を
感じる女性ですが、つまり、

 

その男性は、その男性の彼女や奥さんから
高い評価を受けている。だから魅力を感じる。

 

まぁ実際は、彼女や奥さんから
低評価されてるかも知れませんが(笑)。

 

でもそれでも良いんです。
彼女がいる、奥さんがいるという状態が、
既に女性から見れば高評価されてる男性なんです。

 

「結婚してからモテるようになった。」

 

「彼女がいる時に、何故か他の女から
アプローチされるんだよな・・。タイミング悪い・・。」

 

結構聞く言葉ですが、その通りなんです。
女の1人もいない男よりも、彼女や奥さんが
いる男性の方が魅力的に思われるものみたいです。

 

この女性特有の恋愛観を男性側が意図的に
利用出来るようになれば、かなりモテるようになります。

 

その利用する方法を詳しく解説してるのが
彼女のマスターキーEvoだと思います。

 

高等テクニックも多いですが、この記事で解説した
女性特有の恋愛観や本能を利用してるので、女性は
逆らえません。確実に効果が見込めるテクニックです。

 

一つだけ最も簡単なテクニックをここで書くならば、

 

とにかくモテグループに入っちゃえ!

 

でしょうか。自分自身が駄目男でも、周りの男の評価が
高いので、そういう集団に属してる貴方の評価も自然と
上がる。つまりモテる。

 

これが逆だと全く意味ないんですけどね。

 

美人グループの中に、そうでもない女性がいたとして、
男性の中でその女性の評価が上がるか?別に上がりませんよね?

 

でも女性の場合は、モテグループに
属してる貴方を必ず高く評価します。

 

このテクニックは単なる一例ですが、ここで書いた
女性特有の恋愛観、意識してみると面白いですよ。
ナイスなモテ法が浮かぶ事があります^^。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 

彼女のマスターキーEvoから学ぶ、女の嫉妬心を煽るプチテク

 
僕が購入、実践した恋愛商材から学ぶシリーズ、
今回は彼女のマスターキーEvoから学ぶ、女の子
を微妙に嫉妬させるプチテクニックです。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め


 
彼女のマスターキーEvoは、女の子の嫉妬心を
上手く恋愛感情に変えるという趣旨の恋愛テクニックが
いくつか解説されてます。

 

で、それに関して、
偶然ながら面白いテクニックを発見しました。

 

少し前ですが、
当時良い雰囲気になってる女の子がいました。

 

何度かデートしたけど特にまだ何もしてなくて、
いわばお試し期間の関係。

 

でも彼女は僕の事を特別に好きって段階でもなく、
ちょっとまどろっこしい状態が続いてました。

 

ある日、僕は彼女に自分で撮った写メを送りました。

 

二日酔いだったので、その二日酔いっぷりをアピール
しようと思って、ぐったりしてる自分を撮って送ったのです。

 

数日後、彼女と会った時に彼女は言いました。

 

「あの写メ、誰が撮ったの?」

 

え?一瞬意味がわからず戸惑ったのですが、
撮影時を思い出して気づきました。

 

二日酔いのぐったりしてる感を出すために体全体を
撮りたかったので、タイマー機能を使って少し遠い
距離から撮影したんですね。

 

タイマーを使わなければ、
絶対に一人では撮れない構図の写メでした。

 

僕は1人暮らしなのを彼女は知ってます。
タイマーで撮った事を知らない彼女は、
誰かに撮ってもらったと考えたみたいなんですね。

 

誰?友達?それとも女?

 

一枚の写メから勝手に想像して、
彼女は勝手に僕の他の女の存在を疑ってる。

 

この勘違いは使える!そう思った僕は、
女友達が撮ってくれたという設定にしました。

 

「あー、友達。」

 

「えー!怪しい^^。女の子でしょ?」

 

「うん・・・、まぁ確かに女の子だけど、本当に友達。
所用でちょっと家に来た時に撮られただけ(笑)」

 

みたいに言っておきました。

 

この話で忘れてはならない大事なポイントは、

 

僕から他の女性の存在を匂わせようとしてない事。

 

もし彼女が、

 

「あ、こいつ、わざと匂わせて
やきもち焼かせようという作戦か・・。」

 

と思ってしまえば失敗です。

 

あくまで自然に。こちらはその気はなかったけど、
ふと他の女性の存在を匂わせてしまった。それが
上手い女性の嫉妬心の煽り方だと思います。

 

彼女のマスターキーEvoは、
この手のテクニックが深く豊富に解説されています。

 

僕が今回思ったのは、やり過ぎは良くないけど、

 

もうひと押しなんだけど、そのひと押しが・・・
みたいな微妙な関係の女の子との距離を一気に縮めるためには、
この手の嫉妬心を煽るテクニックは、なかなか効果的だという事。

 

あ、この彼女とは結局何もないまま終わりましたけど(泣)。

 

そういう時もあります。でも良い経験になりました。
 


↑販売ページ

 
彼女のマスターキーEvo

↑レビューページです。
僕の恋愛バイブル。真にモテる男になりたい方にお勧め