カテゴリー別アーカイブ: 女の子を口説く方法

仕事や将来の夢などの熱い話を女性を口説くのに利用する!

 
社会人男性なら経験されてる方も多いと思います。

 

男同士で飲みにいって、
仕事論や将来の夢について熱く語り合い、

 

「おし、じゃあお互い頑張ろうな!」

 

と、友情を深め合う熱い夜。

 

僕はちょっと冷めたところがあるので少ないですが、
でも熱血タイプの友人と飲みにいった時などは、
たまにそういう事があります。

 

将来の夢について熱く語る、
その友人に感化され、酒も入ってる事もあり、

 

「おし、俺も頑張ろう!」

 

と、燃えながら帰路につく夜。

 

こんなブログやってるような僕ですから、
女の事しか頭にないように思われるかも
知れませんが、否、それでは人生つまらない。

 

女以上の夢や目標、理念があるからこそ、
女遊びが楽しいのです。

 

ま、僕の人生論はともかくとして、
もし貴方が上のような男同士の熱い飲み会を
経験された事があるのでしたら、その時の事を
少し思い出して欲しいのです。

 

なんとも言えない自分の中の感情の
たかぶりと同時に、熱い話を語り合えた友人との結束感。

 

「ああ、こんな事を語り合えるなんて、
こいつは特別だなあ。」

 

そんな気持ちを覚えたと思うのです。

 

そう、他の人とは出来ないような話を
出来る友人って特別です。

 

そして熱い話を語り合える友人は更に特別です。

 

これって女性が恋に落ちるメカニズムと少し似ています。

 

女性に恋をさせるには、とにかくドキドキさせる事。
心が安定している状態だと恋に落ちにくい。

 

・吊り橋で告白したら成功率が上がる。

・女は綺麗な夜景に弱い。

・お化け屋敷に行くと、男女の仲は急激に深まる。

 

これらの定番の恋愛テクニック、
要するに全てドキドキさせるという事です。

 

・とりあえず酒飲ませる!

 

ドキドキとは少し違うかも知れませんが、
理性を弱くして心を不安定にさせるという意味では、
これも同種の恋愛テクニックだと考えられます。

 

で、話を戻して、男同士でも酒飲んで
熱い話を語り合ってる時って、
間違いなく気持ちが高ぶっています。

 

気持ちが高ぶった状態で、目の前にいる友人と感情を
共有している。だから友人と深くつながったと思える。

 

酒飲んでの男同士の熱い話は、恋愛で
言うなら吊り橋や夜景、つまりドキドキ感を
作りだす役目を果たしてるわけです。

 

で、ここからが本題です。

 

男同士の熱い話はお互いの友情を
深め合う最高のツールとなる。

 

ならば、

 

男女で熱い話を語り合えば、
友情が深まるのは当然として、
更に恋愛感情へと発展するのではないか?

 

はい、発展します。

 

これは理屈を説明する必要はないと思います。
想像すれば何となくわかっていただけると思うし、
実際にそのような経験をされた方も多いと思います。

 

そう、

 

男女でも仕事や将来の夢などの熱い話を
語り合えば、恋愛に発展しやすい。

↑この事は、大半の男性が実は
経験則から知ってる事なんです。

 

ですが、

 

熱い話をする事を恋愛テクニックとして意識して
使ってる男性は少ないのではないでしょうか。

 

もし意識されてないのでしたら、勿体ないかも知れません。

 

だって、このテクニック、効く女性には半端なく効きます。

 

よくあるモテ男論として、夢を語る男は
モテるというのがあって、それは実践してる
男性が多いかも知れません。

 

でも、男が一方的に夢を語るよりも、

 

自分も語って相手の女性にも語らせる方が、
その何倍も効果的だと思います。

 

この非常に効果的な恋愛テクニックを
緻密に戦略として取り入れてるのが、

 

ガールズマインドハッカー

↑こちらの商材です。いつも宣伝してすみません。
でも宣伝する価値があると思うので宣伝してます。

 

僕の数少ないキャバ嬢即日お持ち帰り経験

↑こちらの記事で書いたキャバ嬢お持ち帰り成功談も、
ガールズマインドハッカーがハマったおかげだし、
今回の記事の恋愛テクニックとかなり似ています。

 

とにかく、

 

男女で仕事や将来の夢などの熱い話を
語り合うと恋愛感情に発展しやすい。

 

この事を意識的に恋愛テクニックとして
使っていくと、今まで口説けなかったタイプの
女性をあっさりと口説けるようになると思います。

 

あと、酒ですね。熱い話と酒の相性は抜群なので、
是非、酒処で実践してみましょう^^。

女の子を落とす必殺テク!語らずにすごいと思わせろ!

 
今日は、女の子の気持ちを振り向かせるための
一発逆転技を書きたいと思います。

 

これをテクニックとして意図的に使えるようになると、
女の子を落とせる率が相当上がると思います。

 

あ、その前に、少しだけ僕の話をさせてください。

 

僕はメインサイトで恋愛商材の
レビューをやっています。

 

かれこれ100以上の恋愛商材を
レビューしてきましたが、その中でも
特に印象に残ったものの一つとして、

 

氷の世界"

■女性から深く必要とされ、心から信頼される、自信に満ち溢れる男性に、生まれ変わる方法【氷の世界】■

↑こちらの商材があります。もしよろしければ
クリックして販売ページの文章を見てください。

 

クリックしたら請求が来るとか今さらそんな騙しは
しませんので安心してください。販売ページの文章を
見てもらいたいだけですので。

 

全て読まれましたか?読むのが面倒くさいなら、
下までスクロールだけしてみてください。

 

恐らく多くの方が、

 

「長い!!」

 

と思われたはずです。

 

そもそもこの手の恋愛商材の販売ページは
長いものなのですが、この氷の世界は特別に長いです。
販売ページを読むだけで一苦労です。

 

で、販売ページを全て読んだ時に僕は思いました。

 

「この販売ページの文章を書くだけで、
相当な時間と労力を費やしただろうな・・・。」

 

と。

 

いや、人に正確に意図を伝えるために
文章を書くって本当に大変な作業なんです。

 

低レベルな僕でさえ、このブログの記事とか、
一回書いて自分で読み直して何度か修正して、
結構時間をかけてます。

 

最悪、記事を全て書いて、「どうも違うな・・」と
思ってボツになる事もあります(泣)。

 

だから、この氷の世界の販売ページの文章を
書かれた著者の方の労力、情熱がすごくわかるのです。

 

僕は販売ページの文章を読んで即購入しました。
当然中身も素晴らしかったです。

 

勿論著者の方は、商材を売りたいから労力や情熱を
かけてるわけで、金のためとか言われたら確かに
その通りかも知れません。

 

ただ、金のためだとしても、
やはりすごいと思って購入しました。

 

語らずしてわかるすごさ!

↑はい、今日のテーマです。
これが人の心を動かすための特効薬なんですね。

 

氷の世界の著者は、「自分はすごい!」と言ってません。
でも僕は、「この人、すごい!」と勝手に思って、
心を動かされて即購入した。

 

そうなんです。

 

「すごさ」というのは、当人から語られると
価値が半減します。こちらが勝手に「すごさ」を
感じ取る時に心が動かされるものです。

 

ここでもう一つの例として、僕の友人の話を
させてください。語らずしてわかるすごさ!
で意中の女性を落とした話です。

 

その男性は、ある女性を好きになりました。
しかし、あまり相手にされてませんでした。

 

彼女はモデルの仕事もした事があるほどの
美人でモテモテの女の子でした。

 

彼は特別にイケてる男ではありませんでした。
イケメンでもない、経済力も普通、会話力も普通、
とにかく普通な男でした。

 

彼は頑張って彼女にアプローチしてましたが、
彼女から見たらアプローチされる数多くの男性の
うちの一人。特に魅力は感じていなかったと思います。

 

そんなある日、珍しく彼女から電話がかかって
きたので出てみると、部屋にゴキブリが出たとの事。

 

1人暮らしの彼女、都会に住んでたので、
その部屋に引っ越してから初のゴキブリ出現
だったそうです。

 

虫系が大の苦手な彼女は1人ではどうする事も
出来ず、パニック状態で彼に電話したそうです。

 

彼は急いで彼女の部屋に駆け付けました。
彼女は少し震えていたそうです。

 

ゴキブリは既に姿を隠してたので、
彼は殺虫剤を持って部屋中を探し、
一時間後にようやくゴキブリを仕留めたそうです。

 

ようやく彼女も落ち着きを
取り戻してきたところで、彼は言いました。

 

「ふぅー、これで安心だね。じゃ、俺帰るわ^^。」

 

あまりにも簡単に帰ろうとする彼に、

 

「え?お茶とか出すし、ちょっと休んだら?」

 

と言うと、彼は、

 

「いや、もう行かないと仕事に間に合わないからさ。」

 

と言って、颯爽と帰っていったのです。

 

そう、彼女が電話したのは深夜、しかも彼女と
彼の家は遠くて、彼は1時間半ほど車を走らせて
彼女の部屋に向かったのです。

 

往復3時間です。寝ないで次の日の仕事にいきました。

 

パニックで何も考えずに彼に電話した彼女は、
この時になって気づきました。

 

「私、とんでもないお願いをしてしまった・・・。
なんてひどい女だろう・・。」

 

確かにひどい女ですね^^。
そして同時に思いました。

 

「こんなお願いに文句一つ言わず
付き合ってくれた彼って・・・。彼、すごい。」

 

やっと出ました。

 

語らずしてわかるすごさ!

 

この時彼が、

 

「いやあ、ここまで来るの本当に大変だったんだよ。」

 

とか、

 

「ここまでしたんだからさ、今度デートしてよ。」

 

とか言ってたら、
彼女の感動も半減以下になってたでしょう。

 

その後、彼と彼女が男女の関係に
なったのは言うまでもありません。

 

で、この話を彼から聞いた時に、

 

「いやあ、お前ほんとすごいな!
普通見返りとか求めるって!」

 

と、僕が言った時に彼は言いました。

 

「いや、あの場面では、何も言わずに
爽やかに帰るのが正解だと思ったから。」

 

「まぁそうかも知れないけど、
でもなかなか出来ない事だと思うよ。
次の日仕事なのにさ。」

 

「あ、次の日は休みだった。帰って爆睡してた(笑)。」

 

・・・・・衝撃でした。全ては彼の作戦だったわけです。

 

女の子に、

 

「この人、すごい・・」

 

「私のためにここまでしてくれるなんて・・」

 

と思わせる。

 

この話を聞いてから僕も意識するようになりました。
おかげで恋愛スキルがワンランク上がったように思います。

可愛い女の子と喋ると緊張・気後れしてしまう場合の対処法!

 
女の子と喋ると緊張する。
特に可愛い女の子や自分の好みの女の子と
喋ると緊張してしまい、上手く喋れない。

 

男性なら、誰しもが経験した事が
あるのではないでしょうか?

 

「不細工な女には好かれるが、
本命の可愛い女の子は口説けない・・・。」

 

そのように嘆く男性も多いみたいですが、
この緊張と関係があるかも知れませんね。

 

どうでもいい女に対しては普通に接する事が
出来るから好かれるが、可愛い女の子に対しては
気後れしてしまい、相手に主導権を握られ、自分の
本来の力を発揮できずに結局フラれてしまうみたいな。

 

僕も昔はそうでした。ただ今は少し違います。

 

今でも勿論、可愛い女の子が相手だと
多少は緊張しますが、でも昔に比べると
緊張が随分とましになったと思います。

 

で、緊張がましになったおかげで、
自分よりも格上だと思われる美人や可愛い女の子も
落とせるようになったような気がします。

 

ではどうやって僕は、可愛い女の子が相手だと
気後れして緊張するという弱点を克服できたのか?

 

勿論、経験は大きいと思います。
可愛い女の子と喋って口説くという経験を
何度もする事で、自然と緊張しなくなった
という面は否定しません。

 

でも経験以外の面では、考え方を変えたのが
僕にとってのターニングポイントになりました。

 

目の前の可愛い女の子を口説く事を目標にしない事。
今、目の前の女の子を口説いてるのは、将来もっと
レベルの高い美女を口説くための修業だと思う事。

 

こういう考え方をすると、気持ちが結構楽になります。

 

例えば僕が昔やってたのが、
一年後のクリスマスの予定を綿密に立てる事でした。

 

一年後のクリスマス、高級ホテルのプール、
誰もが羨むようなモデルの彼女が水着で登場。
勿論スタイル抜群。貸し切りなので二人きり。

 

プールサイドでいちゃいちゃしてると、
お互いスイッチが入る。

 

彼女が僕の水着を脱がして僕のあそこを
幸せそうに・・・。僕は彼女の水着を脱がし
彼女を上に乗せ、そのまま腰を・・・。

 

彼女の喘ぎ声がプールに響き渡る。

 

一戦終えてシャワーしてから、
夜景の綺麗なレストランで食事。
少し酔った彼女は僕の耳元で、

 

「ねぇ、もう一回したい・・。」

 

と囁く。そのままホテルの部屋に向かい
部屋に入った瞬間、彼女はひざまずき、
また僕の股間を・・・。

 

と、かなり具体的な予定を立てていました。

 

この最終目標を明確にイメージしておくと、
目の前の可愛い女の子に対しても気持ちに余裕が持てる。

 

口説きに失敗しても構わない。
だって僕が今、目の前の女の子を口説いてるのは、
最終目標を達成するための修業に過ぎないのですから。

 

僕の女性にまつわる行動の全てが、
もっとレベルの高い最高級の美女とクリスマスを
過ごすための修業なんです。

 

修業だと思えると本当に楽になるし、
また目の前の女の子よりも精神的に上の立場に
立てるので、口説ける率も高くなります。

 

全ては一年後に最高級の美女と
最高の夜を過ごすための修業!

 

目の前の可愛い女の子、その時は可愛く
見えるかも知れませんが、僕が一年後に
過ごす美女に比べたらとるに足りないレベル。

 

言い方は悪いですが、僕が最高級の美女を
口説く力をつけるための修業相手になってもらう。

 

これくらいの気持ちで臨めば、
気後れも緊張も多少は和らぐと思います。

ヤンキーから学ぶモテ理論。○○な女を狙え?

 
ヤンキーはモテる。

 

学生時代を思い出してもらえば、
大半の男性がうなずけるモテ定説でしょう。

 

社会人になると、その傾向は薄れてはきますが、でも、

 

真面目な男よりも少しやんちゃな男の方がモテる。

 

という、系譜を受け継いだモテ定説が存在するのは明らかです。

 

恋愛感情というのは、「ドキドキ」や「ワクワク」
という言葉で形容されるような高揚感を伴います。

 

真面目で良い人よりも、次の行動が読めない
やんちゃな男の方が「ドキドキ」や「ワクワク」を
提供してくれるので、恋に落ちやすい。

 

無理やり理屈で考えると、ヤンキーがモテる理由って
そんなところにあるのかなと思います。

 

ただ、今回は上述したような一般的に思われてる
ヤンキーのモテ理論ではなく、ヤンキーがモテると
思われてるもう一つの要因について考察したいと思っています。

 

現実としてヤンキーがモテる理由、いや、
真面目な男から見ればモテるように見える理由、それは、

 

ヤンキーの周りに集まる女性も
比較的恋愛体質である事が多い。

 

・・・ちょっと遠慮した表現ですね。ぶっちゃけて言えば、

 

男性に体を許すまでの期間が比較的短めの女性が
ヤンキーの周りには集まるから。

 

だからヤンキーの男性は、色んな女性を
とっかえひっかえのエッチしまくりという状況を作りやすい。

 

ヤンキー、やんちゃな男性が純粋に女性を
惹きつける要素を持ってる事は間違いないです。

 

しかしそれよりも、彼等のような男性の周りには
恋愛体質系の女性が集まりやすい、実はこの理由の方が
「ヤンキーモテ」に影響があるんじゃないかと思っています。

 

で、何故、こんな分析を書いたかと言いますと、

 

ターゲッティングの重要性を言いたいがためです。

 

たくさんの女性とエッチしたいという願望を叶えるには、
勿論、日々、基本的な男としての魅力を磨く事も大切ですが、
それ以上に、

 

エッチまでが早そうな女性をターゲットとして設定し、
そのような女性を落とす事に特化した戦略を知っておく事が
重要です。

 

丸の内の一流企業のOLと渋谷で遊んでるギャル系の女性とでは
アプローチ法が違ってきます。

 

たくさんの女性とエッチしたいのであれば、
後者をターゲットにした方が効率が良い。

 

そしてギャル系の女性を落とすには、
ギャル系女性に特化したアプローチ法も知っておいた方が良い。

 

ギャル系女性に特化したアプローチ法って、
丸の内のOLさんには通用しない事が多いです。
逆に丸の内のOLさんに効果的な方法もギャル系女性には
さっぱりな事も多い。

 

だからターゲッティングって本当に大事ですよ。

 

モテるというか色んな女性とエッチしまくってる男、
いわゆるヤリチンと呼ばれるタイプの男性は、
このターゲッティングがすごく上手い場合が多いです。

 

簡単にエッチ出来そうなタイプの女性、
そしてエッチ出来るシチュエーションや
雰囲気の作り方などを熟知しています。

 

基本的なモテ能力の向上、
それにプラスして女性のタイプに合わせた戦略・戦術の理解、
この2つがあれば無敵!という話でした^^。

男性のルックスに強くこだわる女の子の口説き方!

 
男性の場合、顔の作りのような純粋な意味でのルックスは、
女性のそれに比べると、さほどモテ度に影響しません。
 


 
補足
ファッションや髪形、清潔感、全体的な雰囲気など、
純粋じゃない意味でのルックスは、モテ度にかなり影響します。

 

モテる男になるには、福山雅治ではなくEXILEを目指せ!

↑こちらも参照。男性のルックスと
モテ度の関係を詳しく考察してます。
 


 
だから顔が悪いとか背が低いとか、
あまり気にする必要はないです。
男性は、それ以外の部分でカバーできる。

 

でもですね、中には、

 

「絶対にイケメンじゃないと駄目!背が高くないと駄目!」と、
純粋な意味での男性のルックスに強くこだわる女の子も
いるのも事実です。

 

特に10代の若い女の子ほど、その傾向は顕著に出ます。

 

中学や高校時代って、ルックスが良い男性はそれだけでモテます。

 

女の子もまだまだ精神的に未熟で経験も少ないので、
ルックスという安易な基準で男性を判断してしまうのです。

 

でも20代になると、男性のルックスに
強くこだわる女の子は極端に少なくなります。

 

ルックスにこだわらなくなるわけではありませんが、
あくまで男性を評価する基準の一つ、
ルックスの比重は少なくなるのが普通です。

 

でも、やっぱりいるんですよ。20代になっても、
男性を選ぶ基準はルックスが最重要な女の子が。

 

20代であれば僕としてもドストライクゾーンですし、
そのような女の子に巡り合う可能性がおおいにあります。

 

で、ここからが本題、純粋なルックスでは勝負出来ない男性が、
男性のルックスを強く重視する女の子を好きになってしまった。
どうやって口説くか?

 

この問いに対して、僕は明確な回答を持ってます。

 

いや、回答と言っていいか微妙なんですけど、
でも実際に僕はそのように対応しています。

 

やるだけやって駄目なら諦める!

 

我ながら男前ですね^^。でも、これしかないです。

 

そもそも20代になっても男性のルックスだけに
強くこだわる女の子って、ちょっとファンタジーの
世界に入ってる事が多いように思います。

 

だから、早い段階で「駄目だこりゃ・・」
と引き際を見極められる。

 

言い古された言葉ですが、女なんて星の数ほどいます。

 

ルックスで勝負出来ない男性が、
ルックス最優先の女の子に勝負を仕掛ける。
こんな愚策はありません。

 

やるだけやって駄目ならさっさと撤退!

 

今回のルックスに関する件だけでなく、
常にこれが出来る男性は強いです。モテます。

 

ただし、「やるだけやって」の部分は大事ですよ。
やるだけやらないで諦める男性には、
もうちょい踏み込め!と言いたい。

 

押しの強さと引くタイミング、
常に女性を欠かさない男はそこが上手いと思います。

歌が上手い男性がカラオケでモテる方法!損してる男多し?

 
歌が上手い男はモテる!

 

上手さの程度によりますが、
誰もが認識してる定番の「モテ」です。
好きな男性のタイプに「歌が上手い人」と言う女の子もいます。

 

僕は残念ながら、生まれつきのジャイアン(泣)。
そこに関しては完全に諦めてます^^。

 

ただ、歌とモテに関して少し言っておきたい事が
あったので今回の記事にしました。

 

中途半端に歌が上手い男性は要注意!
歌の上手さを生かせてないケースが多いです。

 

特に若い男性に多いですね。

 

例えば、男女数人でカラオケに行くとします。

 

歌が上手い男性は、自分が歌が上手いことを
わかっているので、カラオケに行くと気持ちが高ぶります。

 

「早く歌って、女の子にアピールしたい!
上手いと褒めてもらいたい!」

 

そして、いの一番に曲を入力し十八番を熱唱。
ま、上手いのですから、そこそこ褒められるでしょう。

 

でも、そんな状況に遭遇するたびに僕は思います。

 

なんてもったいない!
歌の上手さが全く生かせてないじゃないか!!

 

カラオケでモテモテになった男

 
僕がそのような考えに至ったのは、
ある出来事がきっかけでした。

 

仕事上の関係で、まだ知り合って日が浅い男性と
女性を交えてカラオケに行きました。

 

みんなちょっと酔っぱらってたので、
我先にと曲を入れて歌い始めたのですが、
一人だけ、その光景を楽しむように見てる男性がいました。

 

みんなが一通り歌いおわって、ある女性が、その男性に

 

「○○さんも、早く歌ってくださいよ~~!」

 

と促しました。
そしてようやく彼は歌い始めたのですが、みんなびっくり!
プロでしょ?と思えるくらい超絶に上手いのです!

 

「え~~!○○さん、めちゃめちゃ上手いじゃないですか!!」

 

「そう?」

 

「そう?じゃないですよ!!!音楽か何かやってたんですか?」

 

「ああ、昔バンドでボーカルやってた^^。」

 

と、サラッと普通に答える彼。

 

その後も彼は順番が回ってきたらサラっと歌うだけで、
ずっとみんなの盛り上げ役に徹していました。

 

で、その場にいた女性陣のうちの何人かは、
完全に目がハートになってました。ついでに僕も、
「この人、格好いい・・」と目がハートになってました^^。

 

やっぱり歌が上手いとモテる!
当たり前ですが、そんな陳腐な結論を言うために、
この例を挙げたわけじゃないですよ!

 

圧倒的に歌が上手いのに、それをアピールしようとはせず、
最後までみんなの盛り上げ役に徹する事が出来る。
そんな彼の器の大きさに女性陣は惹かれたのだと思います。

 

だって、そんなに歌が上手いのなら絶対に
自慢したいじゃないですか!昔の僕ならば絶対にしてました。

 

女性だってそうです。
歌が上手いなら真っ先に歌を聞かせたいし、
脚が綺麗なら脚を見せたいし、肌が綺麗なら肌アピールしたい。

 

なのに彼は、圧倒的な歌の上手さを全く自慢しない。

 

「この人、私よりも全然上だわ・・・。」

 

という尊敬の念が女性の目を
ハートにさせたのだと僕は分析してます。

 

歌に自信があって、カラオケに行けば真っ先に歌い、
ひたすら自分の世界に入り、

 

「俺、どう?格好良い?」

 

というアピール感情が出てしまっている。

 

自分が当てはまると思われるならば、
是非、上の彼の行動を真似してみてください。
確実にモテ度劇的アップします。

 

歌に限らず、女にモテるテクニックの幹となる考え方なので、
頭に入れておけば応用が効くと思います。