カテゴリー別アーカイブ: モテる男ってどんな男?

草食男子が増えた本当の理由&オス臭を出してモテる!

最近は女性に積極的にアプローチする男性が
減ったという話をよく聞きます。いわゆる
草食男子という奴ですね。

 

草食男子が増えた理由としては、色々言われています。

 

趣味の多様化、お酒を飲まなくなった、
大事に育てられ過ぎて女性にフラれる事を
恐れすぎている。

 

否!否!否!そんなのは草食男子が
増えた理由の核心ではありません。

 

まぁそういうのも少しは影響してるのかも
知れませんが、僕には確信を持って、

 

「草食男子が増えた理由はこれ!」

 

と、言い切れるものが一つあります。それは、

 

オナニー環境が良くなり過ぎてるという事!

 

これ、間違いなく草食男子が増えた最大の要因です。
テレビでは言えないでしょうね^^。

 

20年前くらいのAVとかを今見ると、とても
見れたものじゃありません。画質もモザイクも
設定も女性の質も、今とは全然違います。

 

現代のオナニーのおかずは優れ過ぎてます。

 

画質、モザイクの質は勿論、普通にアイドルでも
やっていけるルックスの女の子がいきなりAVデビュー。
そりゃ興奮するに決まってます。

 

二次元、エロアニメの質も昔と比べると格段に上がってます。

 

そして携帯やスマホ、ポータブル端末の普及で、
いつどこでもエロ動画を見れるようになったのも大きい。

 

僕が中学生の頃は、しょぼいエロ本で必死に
抜いてましたが、今の中学生はスマホで高画質の
最高に可愛い女の子の無修正動画を見れるわけです。

 

オナニーである程度満足出来たら、
本物の女の子にいく意欲も失せる。少なくとも減ります。

 

だからね、

 

オナニーはほどほどにして、本物の女の子に
全力を注げる男性って、それだけでアドバンテージです。

 

女って、やっぱり感じ取ってます。オスの匂いを。

 

女は性欲満タンのパワーに満ち溢れたオスが
好きなんです。人間だって動物なんですから、
間違いありません。

 

ま、オナニーに限らず、

 

わかりやすく女の子にモテたいなら、
オスの匂いというのはすごく大切だと思います。

 

ヤンキーやちょい悪な男性がモテるのも、
この「オスの匂い」と大きく関係してるでしょう。

 

じゃあ、オスの匂いを出すにはどうすればいいのか?

 

うーん、正直僕もわかりません。
僕もどちらかというと、外見は癒し系ですし^^。

 

ただ、

 

・オナニーを控える。

 

・筋肉をつける。

 

この2つは間違いなくオスの匂いを出せます。

 

後は内面とか、その男性の社会的地位とかも
関係してくるのでしょうけど、そこまで詰めて
いくとキリがありません。

 

オナニーを控えて、筋肉をつけて、、、
あ、ついでに優柔不断を止めて楽観主義になる。

 

この3つ辺りが、まぁわかりやすくオスの匂いを
出す方法なんじゃないかと僕は思います。

女との出会いがない!なら男友達を増やす事から!

「出会いがない!」

 

モテるモテない以前に、
この出会いの段階で困ってる男性は多いと思います。

 

どんなにモテる男でも、まず女と出会わなければ
話にならない。だからモテる男になるよりも、まず出会い!

 

確かにその通り。僕もそう思います。半分くらいは^^。

 

いや、半分というのは、勿論自ら意図的に出会いを
増やしていく事も必要なのですが、それと同時に、

 

モテる男になる事で、自然と出会いも増える。
僕はそう思っています。

 

少なくとも僕は増えました。どうして増えたのかというと、

 

友達が女の子を紹介してくれるようになった。

 

女性として紹介してくれる場合もあるし、
単なる友人として紹介してる場合もあるのですが、
とにかく紹介してくれるようになった事で女性との
出会いがすごく増えたように思います。

 

モテる男の特徴の一つとして、
男性の友達が多いことが挙げられます。

 

友達が多いという事は、性格の良さや社交性、
社会性がある事の証明になりますから、
当然女性に好感を持たれる。

 

そして周りの男友達から好かれるような人物だと、

 

「こいつだったら、知り合いの女の子を
紹介してもいいな。紹介したいな。」

 

と、思われる可能性も出てくる。

 

貴方自信も自分の知り合いを選別してると思います。
あいつは女の子に紹介できるな、あいつは女の子に
紹介したくないな。と。

 

急がばまわれと言いますが、モテ論も同じで、

 

女性にモテたいのなら、まずは男性にモテる。

 

うん、今、この記事を書いてるところですが、
あらためて男性にモテる事の重要性を自分でも
再認識しています。

 

恐らく男性にモテてない男性の予想以上に、
女性にモテるためには、男性にモテる事って大事な事ですよ。

 

友達が少なくてモテない状態の男性は、
この段階を飛ばして女だけにフォーカスしがち。
だから結局モテに遠くなる。昔の僕がそうだった
からよくわかります。

 

僕は今でも人見知りです。社交的な人間だとは
思えません。どちらかというと人付き合いは
苦手なタイプだと思います。

 

でもそんな僕でも、色々とモテ修業をしてるうちに、
そして人生経験を重ねるうちに、まぁ昔よりは
男性友達が増えてきたように思います。

 

性格は急には変えられません。友達が少ない
今の状態で、いきなり周りに社交性アピールを
すると、逆に引かれると思います(経験上^^。)。

 

でも、まずは意識を変えていく。
そして行動も少しづつ変えていく事で、
1年後には全然違ってくると思います。

女と出会いがない!を解決する究極の出会い法とは?

 
「彼女とか欲しくないの?」

 

「いや、勿論欲しいけど出会いがないんだよね・・・。」

 

やたら耳にするこの会話。多くの男性にとって、
女性との出会いがない事が悩みの種のようです。

 

しかしですね、最近僕は思うのですが、

 

女性との出会いがない男性というのは、
結局魅力が足りないのではないか?

 

出会いがないというと、たまたま職場に女性が
少ないとか、たまたま女性と絡める機会がないとか、
置かれてる環境に原因を求めがちです。

 

「自分の男としての魅力は問題ない。
環境が悪いだけ。」

 

この発想だけで解決しちゃってる
場合が多いような・・・。

 

確かに環境は大切ですよ。同じ魅力値の男でも、
男子ばかりの工業高校と女子ばかりの商業高校
とではモテ度が全然違う。

 

でも環境のせいだけにしちゃうと、
何も解決しないというか・・。

 

ここで少し、僕の友人の話をさせてもらいます。
自分の魅力だけで女の子との出会いを作った話です。

 

彼は当時、工場の派遣社員で、
職場に出会いがない環境に置かれてました。

 

マンションに一人暮らしだったのですが、
そのマンションには管理会社と契約した廊下や
ゴミ置き場を掃除するおばちゃんがいたのです。

 

ファミリータイプのマンションなら、住人とすれ違った
時に「こんにちは」と挨拶するところも多いですが、
そこは1人暮らし専用のマンションだったので、
住人同士が挨拶する習慣があまりなかった。

 

だから掃除のおばちゃんに対しても、
挨拶する住人はほとんどいなかったそうです。

 

しかし彼は、掃除のおばちゃんに会うと、
いつも「こんにちは!」と明るく挨拶してたそうです。

 

おばちゃんもそれが嬉しかったみたいで、
いつしか世間話をする仲になってました。

 

ある日、いつものように掃除をしてるおばちゃん。
そしておばちゃんを見つけた彼が、

 

「もし良ければ、つまらないものですけど。」

 

と、ブリザードフラワーみたいな小物を渡したそうです。

 

実はおばちゃんと彼との世間話の中で、

 

「もうすぐ私、誕生日なのよ。」

 

と言ってたので、彼はそれを覚えていて
誕生日プレゼントとして渡したそうです。

 

おばちゃんは感激しました。

 

マンションの住人と掃除のおばちゃんという
薄い関係。話の流れでもうすぐ誕生日である事を
伝えただけで、誕生日プレゼントをもらえるなんて
全く想像していなかった。

 

可愛い女の子にならわかりますが、
どう考えても恋愛対象外のおばちゃんにです。

 

そう、彼はとても良い奴で、純粋にいつも
掃除ありがとうの気持ちで誕生日プレゼントを
あげたそうです。

 

他意はないし、何の見返りも期待していなかった。

 

でも、予想外の見返りが返ってきたそうです。

 

そのおばちゃん、娘さんがいるらしく、
おばちゃんに気に入られた彼は、

 

「うちの娘とどうしても会って欲しい!」

 

と言われ、かなり強引に会わされたそうです。

 

いざ会ってみると、なかなかの美人、
意気投合してそのまま付き合いました。

 

その娘さんとしても、既に彼と母とのエピソードを
聞かされてるはずだし、母から太鼓判を押された人
だという事で、「なら間違いない」と、彼の事を
好きになるのに時間はかからなかった。

 

以上、ま、最終的には色々あって
別れちゃったんですけど、人格の良さだけで
彼女を作ってしまった彼の話でした。

 

正直、この件に関しては出来過ぎだと思います。
彼の人格に加えて強運も味方につけないと、
ここまで上手くはいきません。

 

でも僕、このおばちゃんの気持ち、すごくわかります。

 

彼って、人に紹介したくなるような奴なんですよね。

 

実は彼、なかなかのモテ男です。
真面目なので派手に遊んだりはしませんが、
常に女性を切らさない。女性との出会いが
ないにもかかわらずです。

 

彼に聞くと、今まで付き合ってきた女性との
出会いのほとんどが、知人からの紹介だそうです。

 

知人から、

 

「この男なら紹介しても間違いない!」

 

と思われてる男、いや、もっと積極的に、

 

「この男を女性に紹介したい!」

 

と思われてる男。だから実は女性との出会いに事欠かない。

 

僕は彼を見てて思います。

 

女性との出会いがない男性というのは、
結局魅力が足りないのではないか?

 

合コンだったりネットナンパだったり、
出会いがないから積極的に女性と出会う
機会を作る。確かに大切です。

 

でも、女性との出会いを作るための
究極の方法としては、

 

男女問わず、知人に「紹介したい!」と
思われるような男になる!

 

これだと思うんです。

 

理想論かも知れません。いや、理想論だと思います。

 

でも、女性との出会いの機会を積極的に
作ると同時に、その理想を目指して男としての
基本的魅力値を上げる努力をする。

 

これが究極の出会い法だと思います。

モテない男ほど女からメールが返ってこないと怒る?

 
僕、自己紹介にも書いたように、
8年か9年ほど全く女にモテない暗黒時代を
過ごしておりました。

 

でも今はモテモテ!とまでは思いませんが、
あの暗黒時代に比べたら、若干女性に相手に
されるようになったんじゃないかと思っています。

 

で、先日、女性の知人に、ある男性の話を聞かされました。
一方的に好かれて困ってるらしいです。

 

で、その彼の行動を聞いて、

 

「あ、それ、俺も暗黒時代にやっちゃってたわ・・・。」

 

と、思ったものがあったので、ここで言及しておきます。
モテない男の典型的行動パターンだと思います。

 

女性からメールの返信がないと、
すぐイライラしたり、返信を催促して
しまったりする。

 

身に覚えのある男性は、
少し注意した方が良いと思います。

 

暗黒時代の僕は、ちょっと女性からの
メールの返信が遅れただけで、すごく
気になってイライラしてました。

 

そして、そのイライラがピークになると、

 

「メール届いてる?
不安だからもう一回メールしてみた^^。」

 

みたいに、再度メールを送ってました。

 

一見、平静を装ってて、メールが届いてるかどうかの
確認のための常識的なメールにも思えます。

 

でも女性からすれば、このメールって、
「うざ・・・。」なんですよね。

 

恐らく、こちらが焦ってる事を見透かされてる。

 

僕の経験上、これをやっちゃうと、
その女性との関係が発展する可能性が極端に低くなります。
器の小さい男と思われて、ジ・エンド。

 

女性からメールが返ってこない。

↑この現象に遭遇した時にどう捉えるかが、
モテる男とモテない男の分岐点になると僕は思います。

 

モテない男は、

 

「どうしてメール返してくれないんだよ!」

 

と、基本的に女性に責任を求めます。
メールを返してこない女性が悪いと。

 

この感情が行き過ぎるとストーカーです。

 

でも少し冷静になって考えてみてください。
女性がメールを返さないのは、その男性に
メールを返したいと思ってないからです。

 

メールを返したいと思ってない、という事は、
その男性にそれほど興味がない。

 

大好きな男性、気になる男性からの
メールならば絶対に返しますよ。

 

その男性に興味がないから返さない。
興味がないのは、その女性のせいでしょうか?

 

いえ、その女性に興味を持たれてない男性の責任です。

 

モテる男は、女性からメールが返ってこない時は、

 

「メールが返ってこないのは俺の責任。
すぐにメールを返したいような男と
思われてないんだから仕方がない。」

 

決して女性に責任を求めず、
自分の力不足を認め、そして、

 

「おし!彼女に興味を持ってもらえるように頑張ろう。」

 

と、めげずにアプローチを続けたり、
自分を磨いたりするのではないでしょうか。

 

メールの返信に限らず、

 

■女性から相手にされない原因を女性側に求める。

 

この考えから、

 

■女性から相手にされないのは自分の力不足だと
認識し、次のステップにつなげる。

 

この考えに至ったのは、僕の中での大きな
ターニングポイントになったように思います。

 

最近は特に、前者の考え方しか
出来ない男性が増えてるように思います。

 

歪んだ自己愛が強すぎて、自分の非を認められず、
じゃあどこに非を求めるかと言えば、相手の女性。
昨今のストーカーの増加と無関係じゃないと思います。

 

そもそも、女性からのメールが
返ってこないなんて当たり前なんですよ。

 

世の中のほとんどの男性は、
向井理ほどのイケメンじゃないし、
石油王ほどの金持ちでもない。

 

だから、いきなり女性が自分に強く興味を
持ってくれる事って、そんなにない。

 

なので、最初は自分に興味がない女性を
自分に振り向かせるという過程を踏む必要がある。

 

その過程において、女性からメールの
返信がないなんて当然の現象なんです。

 

メールを返してこない女性を数か月後には、
ベッドで腕枕しながら、

 

「どうしてもっと早くメール返して
くれないの・・・。貴方がいないと、
私、生きていけない・・。」

 

と言わせる快感!そこを目指して頑張らないと^^。

女にモテるファッション。2つの方向性の違いを知っておく!

 
モテる男になるためには、
まずはファッションから変えていく。僕の持論です。

 

女は男を見た目で判断しない!

↑嘘です。

 

確かに20代以上の女性ならば、顔の作りの
美しさだけで男性を判断する人は少ないです。

 

ただし大人の女性でも、ファッションや髪型、
姿勢、清潔感、顔つき、体型、所持品、
そのような見た目で、まずは男性の「人」としての
価値を判断します。

 

そして大人の女性になるほど、
「人」としての価値が「男性」としての
価値につながりやすい。

 

だからファッションは大事です。
女性はファッションを含めた外見で、
その男性の質や属性を判断してるものです。

 

というわけで、女にモテたいのであれば、
まずはファッション改造!

 

なのですが、ファッション改造するあたって、
どうしても知っておいて頂きたい事があります。

 

この事を知らないままファッション改造に着手すると、
着地点を見失う恐れがあります。

 

それは、

 

女にモテるためのファッション改造には、
2つの方向性があるという事。

 

まず一つ目は、女性全般に好かれるファッション。
お洒落で爽やか、無難なファッションとでも言いましょうか。

 

ユニクロや、ユニクロよりはちょっと
お洒落度が高い店で服を揃えたら、
この手のタイプのファッションになると思います。

 

ポールスミスとかアルマーニとか、
ハイブランドでも王道的なブランドも
このタイプに入る事が多いと思います。

 

無難だけど決してダサくなく、
女性全般に好かれ、誰からも嫌われない。

 

髪型も一緒の考え方で、
ダサくはないが決して前衛的過ぎず、
誰からも好印象を持たれる爽やかさ重視。

 

この方向性でファッション改造を
していくのが基本的にはお勧めです。

 

大半の女性から好印象を持たれるので、
女性と接触する機会も増えるでしょう。
ならば普通にモテるようになるはずです。

 

ですが、もう一方のファッション改造の
方向性も知っておいて頂きたいです。
恋愛全般に役立つ考え方だと思うので。それは、

 

ある特定の属性の女性を落とすために
特化したファッション改造です。

 

例えば40代の男性が、あまりにも若々しすぎる
ファッションや髪形をしてる場合を考えます。

 

髪はメッシュが入っててネジネジ、
細いジーンズにブーツ。全体的に
ホストっぽいというかギャル男っぽいというか。

 

そういう男性って、恐らく世間的には
「いい年してさ~・・。」みたいに
思われてるのだと思います。

 

同年代の大半の女性からは敬遠される。
決して女性全般に好かれるファッションとは言えません。

 

でも、

 

彼のターゲットが20歳前後の派手なイケイケギャルに
限定されてたとしたら、そのファッションは正解の
可能性があります。

 

40歳の男性が、お洒落で爽やかだけど年相応の
無難なファッションや髪形ならば、女性全般に
好印象を持ってもらえるとは思うけど、20歳の
派手なイケイケギャルを狙うのは難しくなると思います。

 

特にギャル系の女の子って自分と同種の男性を
好むようで、連れて歩いてる男を見ると、だいたい
同種のギャル系の男かオラオラ系のお兄さんでしょ?

 

だから派手なイケイケギャルと付き合いたい
のであれば、世間体は捨てて、「いい年して・・。」
と思われるようなファッションにした方が良いんです。

 

若い男性でも考え方は同じで、

 

自分がターゲットとする属性の女性と同質の
ファッションに改造する事で、その属性の女性からは
モテるようになる。

 

そして更に、

 

その女性の属性が、世間一般的に見て特殊であるほど、
その属性のファッションに改造する事の効果は大きいです。

 

ヴィジュアル系バンドかなんかの追っかけでしょうか、
たまに「ちょっと病んでる?」と思えるくらいの奇抜な
ファッションで歩いてるカップルを見かけますが、
そのようなカップルを想像してもらえればわかりやすい
と思います。

 

この2つのファッション改造の考え方を
頭に入れておき、自分がどちらを目指すのかを
決めれば、着地点を見失う事はないと思います。

 

具体的に、こういう女性狙いならこういう
ファッションみたいな事は書いてたらキリが
ないので止めておきます。

 

ですが、僕の経験論から一つだけ。

 

30代以上の男性が派手めの若い女の子と遊びたいなら、
少々若作りし過ぎなくらいが丁度良いと思います。

 

(普通の若い女性狙いなら若作りし過ぎる
必要はありません。年相応のファッションの
年上男性の方が好まれる事が多いと思います。)

 

同年代の女性からは「いい年して・・」と
幼稚な男に思われるかも知れませんが、
そのかわり若い女の子と接触するチャンスは増えるかと。

イケメンだけで若い頃はモテてた男性の落とし穴?

 
「学生時代はモテてたけど、社会人になって
年を重ねるに連れて段々モテなくなった・・・。」

 

僕の知人にもいました。

 

イケメンなので、学生時代は自分から何も
しなくてもたくさんの女の子から告白されてました。

 

同じクラスの可愛い女の子と付き合いながら、
別のクラスや別の学校の女の子に言い寄られたら、
とりあえずエッチしちゃうという典型的なヤリチン
野郎でした。

 

そんなモテモテの彼でしたが、
30歳を過ぎて久々に会った時は、
なんだかすごく落ちぶれたように感じました。

 

フリーターでした。服はヨレヨレ、
体もおじさん体型になってました。

 

顔は相変わらずのイケメンだったのですが、
他のマイナス要素が強すぎてそのイケメンパワーを
発揮できてないように感じました。

 

で、彼と色々と話してるうちに、
僕は彼の問題点に気づきました。

 

どうやら今でも、顔さえ良ければモテると
思ってるふしがあったのです。

 

典型的なモテないイケメンの発想です。

 

そう、顔は良いのにモテない男性って、
心のどこかで「顔さえ良ければモテる」と
思っている事が多いです。

 

実際に学生時代や若いころは顔だけでモテたのでしょう。
その経験が邪魔をして、考えを変えられない。

 

女性が男性の価値を判断する基準は、
年齢によって変わっていきます。

 

若い頃は女性も精神的に未熟故に、
男性の判断能力も低いので、どうしても
わかりやすいルックスで男性を判断する。

 

でも女性も精神が成熟するにつれて、
男性の性格や資質などを見れるようになる。

 

また、女性も社会に出ると、社会の中で強い男性、
つまり経済力があったり地位が高かったりする
男性に惹かれるようになる。

 

そのような女性の男性に対する判断基準の変化に気づかず、
いまだにイケメンであるだけで女性にモテると思ってる。

 

この間違いに早く気づき、
イケメン以外の部分で男を磨く努力を始める事です。

 

例で挙げた彼ならば、まずは就職してちゃんと働き、
服や髪形を清潔にする。体を鍛えて格好いい体型にする。

 

イケメンだから何もしなくても女が寄ってくる
という慢心を捨て、努力して女性と接触する機会を作り、
好きな女性には尽くす。

 

それが出来れば、
大人になってもイケメンは武器になります。

 

大人の女性が男性を顔だけで選ぶ事は少ないですが、
他のモテ要素が最低限満たされている男性であれば、

 

イケメンである事は女性を惹きつける
強力な武器となるはずです。

 

残念ながら、イケメンじゃない僕には
全く無用の記事ですが(泣)、

 

「見た目は人並み以上なんだけど、
どうも女にモテないなあ・・。」

 

と思われる男性には、
この記事は参考になるんじゃないかと思います。

本当にモテる男は、SEXのチャンスよりも美学を優先する?

 
僕はメインサイトの方で多数の
恋愛商材を紹介させてもらってます。

 

恋愛系情報商材の評価、レビュー一覧
↑参照

 

良い商材、駄目だと思う商材、
僕なりに公平に評価させてもらってるつもりです。

 

その中でも、お気づきになってる方もおられると思いますが、

 

彼女のマスターキーEvo
 
ガールズマインドハッカー

↑やたらとこの2つの商材をプッシュしています。

 

2つともキャバ嬢の攻略法に関しては一切
書かれてないのですが、それでも数あるキャバ嬢
攻略商材よりも、このどちらかの商材の方が
キャバ嬢攻略に役立つとお勧めしてるくらいです。

 

本当にキャバ嬢を落とせるマニュアルはどれ?
 
キャバ嬢攻略教材。評価、レビュー一覧

↑参照

 

何故僕は、そこまでこの2つの
商材を溺愛してるのでしょうか?

 

ま、自己紹介でも書いたように、
僕の人生を変えてくれた最初の商材
という部分は大きいと思います。

 

僕は53回目のセックスは覚えていませんが、
初めてセックスした時の事は鮮明に覚えています。
それと一緒です^^。

 

ただ、そんな僕の個人的な事情は置いといたとしても、
僕がこの2つの商材が大好きな理由があって、それは、

 

小手先のテクニックではなく、
本質的にモテる男とはこうあるべきだ!
という一貫した美学を感じるからです。

 

美学の方向性は全く違います。
彼女のマスターキーEvoは、女性に媚びない事でモテる美学。

 

ガールズマインドハッカーは、
女性に媚びるわけではありませんが、
徹底的に共感出来る男性の美学。

 

女にモテるとかモテないを超えた男の生きざま
とでも言いましょうか。そういう部分に気づかせて
くれたのが、この2つの商材でした。

 

だから猛プッシュしてるのだと思います。

 

美学!これ、すごく大切だと思います。

 

昔の僕は自分の美学よりも、
人から見てどう思われるか?を
優先して生きていたように思います。

 

そう言えば、以前こんな事がありました。

 

女の子と初めてのデート中に、
自販機でジュースを買おうとしたところ、
10円を自販機の下に落としてしまいました。

 

僕は伏せて自販機の下を覗き込み、
手で取ろうと思ったのですが無理だったので、彼女に、

 

「ちょっと棒探してくるわ。」

 

と言いました。すると彼女は、

 

「10円くらいいいじゃん別に。もう行こうよ!」

 

と言いました。でも僕は彼女を制して棒を探し、
その棒で10円玉を取る事に成功しました。

 

彼女は思ったかも知れません。

 

「10円くらいで、みみっちい人だな・・。」

 

と。言っておきますが、僕はケチではないと思います。
どちらかと言うとお金にはかなりルーズ。

 

酒が入ればみんなに奢る事が多いし、
人に貸したお金を返してもらうのも平気で
忘れるタイプのケチとは真逆のルーズ人間です。

 

でもこの場合は、ケチとかそういう問題じゃない。

 

お金を粗末に扱っちゃいけない!
という僕の美学なんです。

 

だから僕は必死になって10円を取ろうとしました。
例え彼女に悪い印象を与えようともです。

 

女性よりも美学が優先!これは曲げちゃ駄目なんです。

 

絶対有りえないのですが、もし仮にその女の子が、

 

「その10円諦めたら、今すぐホテルに行ってもいいよ。」

 

と言ったとしても曲げちゃ駄目。

 

女のためなら友達や家族も裏切るし、
反社会的な事だってするような安い男になってしまう。

 

そういう絶対に譲れない美学って
すごく大切だと僕は思います。

 

彼女のマスターキーEvo

↑この商材を読んで、
僕は更にその思いを強くした事を覚えています。

 

モテる男になるためには、石田純一さん的に
徹底的に女性に尽くす事も勿論大事です。

 

ただ、徹底的に女性に尽くしながらも、
自分の芯となっている美学は絶対に譲らない。

 

このバランスが絶妙な男性は、
女性から見てすごく魅力的なのではないでしょうか。

田村淳さんがモテる理由の本質を見抜き、自分に生かせ!

 
モテるお笑い芸人は?と聞かれれば、
ロンドンブーツの田村淳さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

最近結婚されましたが、
以前は数々の女性タレントと浮名を流し、
経験人数は400人とも噂されてます。

 

安室ちゃんと交際宣言した時は、
僕も腰を抜かしました。

 

そんなモテモテの田村淳さんですが、
では何故そんなにモテるのでしょう?

 

決して、めちゃめちゃイケメンという
タイプでもありません。

 

確かに今の田村淳さんがモテる理由としては、
地位や知名度が関係してくると思います。

 

素人の女の子は楽勝だろうし、
女性タレントだって田村淳さんと
付き合えればステータスになります。

 

でも田村淳さんの場合、恐らく地位や知名度が
全くない若い頃から相当モテてきたと思うので、
地位や知名度が彼がモテる本質的な理由には
ならないと思います。

 

喋りが上手いからモテる?
それは、おおいに関係してるでしょう。

 

女性に対してマメだからモテる?
それも間違いないでしょう。

 

「田村淳 モテる」などで検索してみれば、
彼のモテ術がわんさか出てきます。

 

「おお!モテる男は、ここまでやってるんだ!」

 

と、感心するものもあるので、
興味のある方は是非調べてみてください。

 

ただ、喋りが上手いからモテるとか
女性に対してマメだからモテるとか言うのは、
なんというか「枝葉」に過ぎないと思うんですね。

 

田村淳さんが持ってる「モテ」の木の枝葉の部分。

 

枝葉も勿論大事です。ただ、彼が何故モテるのか?
を考察して参考にするのであれば、モテの木の幹の
部分を見ていった方が良い。

 

喋りが上手いとか女性に対してマメという
彼のモテ要素は、幹の部分の単なる派生として
表に出た結果だと思います。

 

では、彼のモテの木の幹となる要素とは何なのか?それは、

 

結局、女性に対して全力かつ
真剣に接してるのだと思います。

 

女性の人格を尊重し、全力かつ真剣に接するから、
自然とマメになるし、喋りで女性を全力で喜ばせようとする。

 

絶対に女性が喜ぶような
キメ細かいデートプランを全力で考える。

 

「この女性は、どうすれば喜んでくれるのだろう?」

 

ここの思いが他の男性よりも真剣かつ全力なのだと思います。

 

そして、このモテ要素って、すごく大事だと思います。
モテたい!モテたい!と言ってる男性の中で、

 

田村淳さんほど女性に対して
全力かつ真剣に接してる人が、
果たしてどれくらいいるのでしょうか?

 

「全力」とか「真剣」って本当にモテ効果ありますよ。

 

大抵の男性は女性に対して100%で接してない。
会話は勿論、二人きりのデートでも、どこか気が散って、
せいぜい80%程度。

 

だから自分だけが100%で女性と接するだけでも、
相当モテるようになるはずです。

 

僕が女性と接する時における全力や
真剣の大切さに気付いたのは、

 

ガールズマインドハッカー

↑この商材を読んでからでした。超おすすめです。
今でも僕の恋愛バイブル、いや、人生のバイブルと
なっています。

 

話しを戻しまして、田村淳さんって、
対女性ほどではないにしても、
恐らく男性に対しても同じように全力かつ
真剣に接する方なのかなあと想像します。

 

というのは、僕もモテを研究してきて
深く思うようになったのですが、

 

気になる女の子に対してだけ理想的な
行動をとるって難しい。どんな人に対しても普段から
同じような行動をしてる結果として気になる女の子に
対しても理想的な行動をとる事が出来る。

 

田村さんの場合は、タイプじゃない女の子、
更に男性に対しても全力かつ真剣に接する事で、
気になる女の子に対しても「自然」と全力かつ
真剣に接する事が出来る。

 

この「自然と」いう部分が肝です。
女性は男性の自然な言動と不自然な言動の違いを見抜きます。

 

だから、僕も特に最近は、

 

「別に落としたいと思わない女性に対しても、
落としたいと思う女性と同じように全力で接しよう!
それがモテる修業だ!」

 

と、思うようにしています。

異性にモテる人とモテない人の決定的な違いを発見?

 
最近の僕は、ちょっと思うところがあって毎週風俗に行ってます。
しかも毎回違う女の子を指名してます。

 

これもモテる男研究の一環なのですが、
その意図はおいおい記事に出来たらと思います。

 

今日は、その風俗通いの中で思わぬモテ法則を
発見してしまった事を書きたいと思います。

 

異性にモテる人とモテない人には、
決定的な違いがある!

↑これを見つけてしまいました。男女共通です。

 

僕は毎週、風俗で違う女の子を指名してるので、
毎週初対面の女の子と話すわけです。

 

すると色々な事が見えてくる。
で、今回、特に思ったのは、

 

僕の情報を知るために色々と質問してくる女の子と、
僕には全く質問しないで自分の話しばかりしてくる
女の子がいたという事。

 

これがキャバクラだと、
喋るのが仕事なので嫌でもお客さんに質問します。

 

しかし、風俗での統計というのが味噌で、
別に会話でお客さんの機嫌をとる必要がない。
プレイさえちゃんとすればOKなのが風俗。

 

だから、女の子の会話における考え方がそのまま出やすく、
わかりやすくタイプが分かれます。

 

そして、僕が気づいたのは、

 

前者のタイプの女の子の方が、概ね人気嬢であった事。

 

勿論風俗店ですから、
ルックスとかその他の要素も合わせて人気が決まるので、
前者のタイプの女の子だから無条件で人気嬢というわけ
ではありません。

 

しかし、嬢の人気を決める他の要素を抜きにして考えれば、
前者の方が平均して人気の嬢でした。

 

そんなに可愛くない嬢でも、
前者のタイプであるだけで結構ファンが付いてたりしました。

 

で、これをモテ法則に当てはめるために一般化すると、

 

自分よりも他人への興味が強い人はモテる。
逆に他人よりも自分への興味が強い人はモテない。

 

これって、なかなかの決定的なモテ法則だと思います。

 

この風俗での発見があってから、
僕は過去の女性との出会いを思い返してみました。

 

そう言えば、綺麗なんだけどいまいちモテないと思える女性は、
どうも自分への興味が強いという印象を受ける事が多かった。

 

逆にそんなに綺麗じゃなくても、
他人への興味が強く人懐っこい女性は、すごくモテてた。

 

うん、今、この記事を書いてて再度確信してます。

 

モテない男性(女性)は、他人よりも自分に対する
興味が強く、他人との会話において、無意識に自分の事
ばかりを喋ってしまう。

 

恐らく「無意識」なんですよね。

 

無意識だから、会話中に「他人に興味を持とう!」
と思っても、矯正するのが難しい。

 

それよりも、もっと根本的に、

 

普段から他人に興味を持つ事を心掛ける。
そういう癖をつける。

 

これをやっておくと、
会話中においても無意識に相手に興味を持てて、
相手を喜ばせる会話が出来る。そういうものだと思います。

 

風俗巡り、思わぬ収穫がありました^^。

女の子にモテる最強キャラはこれだ!あえて断言します。

 
「女にモテる性格、キャラは?」

 

男性にとっては、人生の主要テーマかも知れません。

 

最近は多すぎるんですよ、情報が。

 

「今は肉食系よりも草食系男子がモテる!」

 

「何事にもクールな男はモテる!」

 

「今時のモテ男子は、○○が決め手!」

 

みたいに、ネットやら雑誌やらで、
モテる男の性格やキャラを量産しまくってます。

 

自分のキャラに確固たる信念を持ってる男性なら
振り回されませんが、男なんてメンタルの弱い生き物です。

 

モテるキャラ情報を発見するたびに、
そのキャラに自分を変えようとする。

 

そして、それを繰り返してるので常にキャラが定まらず、
結局モテない・・。

 

というわけでですね、少し、いや、かなり強引なのですが、
ここで僕が断言しちゃいます。

 

女の子にモテる最強のキャラを。

 

本当に最強なのか?もっとモテるキャラは絶対にないのか?
と言われれば、そこまで自信はありません。

 

でも、確実に最強クラスのモテキャラです。
そして大半の女性に対して外す事がないモテキャラです。

 

モテるキャラが掴めずキャラをさまよってる方は、
もうこのキャラを一直線に目指してください!
間違いなく今よりモテるから!くらいには言えるキャラです。

 

■とにかく無邪気で明るい!

 

■友人や家族を大切にする!

 

■女性にも仕事にも一生懸命、そして女性には全力で尽くす!

 

■でも女性に媚びない!

 

この4要素を満たしてる男性って、絶対にモテると思います。

 

最後が重要です。

 

女性には全力で尽くすけど、媚びない。

 

尽くすと媚びない、相反してるようですが微妙に違います。

 

具体例を示すのが難しいので、
ニュアンスを感じ取って欲しいのですが・・・。言い換えれば、

 

どんなに惚れてる女性のためでも、信念は曲げるな!

 

という感じでしょうか。

 

例えば、僕は歩きたばこが嫌いです。
知人の子供が歩きたばこの火で火傷した事があって、
それ以来、歩きたばこをする人とは付き合わないし、
一緒に歩かないと決めています。

 

そんな僕の目の前にあらわれた美女。
頑張って口説き、デートにこぎつけました。

 

彼女は早速タバコを取り出し、歩きたばこ開始。ここで、

 

「悪いけど、俺、歩きタバコ駄目なんだ。
店についてからで良い?」

 

と、言えるかどうか?

 

もしかしたら彼女はへそを曲げて帰ると言うかも知れません。
でも良いんです。

 

どんなに惚れてる女性に対しても、
僕は歩きたばこする人とは歩かないという信念を
曲げたくありません。

 

このように女性よりも自分の信念や芯を優先する男性は
すごくモテると思っています。

 

デートした彼女を手に入れるチャンスは逃したとしても、
その強いオーラは絶対に女性に伝わりますし、
他の女性を手に入れるチャンスは増える。

 

手に入れたい女性には全力で尽くす、けど媚びない。

 

この微妙なバランスを意識していただければ、
最強にモテるキャラに近づくんじゃないかと。
 


 
参考教材
彼女のマスターキーEvo

僕の恋愛バイブル的教材です。
女性に媚びない大切さを学びました。