モテない男性は、女性を諦めるのが早過ぎると思う。

 
「付き合うとしたら○○君なんだけど、
今は彼氏とか欲しくなくて・・・。」

 

結構前の事なのですが、ある女の子に言われた言葉です。

 

何回かデートして、手をつないで歩き、川辺では肩を寄せ合い、
どう考えても良い雰囲気だった女の子にです。

 

体裁の良い断り文句?そうかも知れません。

 

でも今までの感じからして、少なくとも僕に対して
悪い感情は持ってないはずなんです。
彼氏「候補」ではあるはずなんです。

 

さて、こういう時にどうしますか?
というのが今日の主題です。

 

恐らく、昔の僕ならイライラしてた。

 

「なんだそりゃ!こっちは必死なんだよ!
そんな曖昧な返事・・・。」

 

で、そのイライラを彼女にぶつけて終わって
しまってたと思います。そういう事が実際に何度かあった。

 

もうモテない男の典型行動ですね。
自分本位、良い感じなんだからすぐに付き合わないと
気が済まない。曖昧な返事をする女の子を責める。

 

そう考えると、今の僕は少しは成長したと思います。
彼女に上の言葉を言われた時に、

 

「おし!とりあえずこの状態をキープしておこう!」

 

と思ったし、そして、

 

「って事は、別に他の女の子と遊んでも
良いって事だよなあ・・・。それはそれでラッキー^^。」

 

と、心の中で思いました。

 

勿論、心の中とは裏腹に、彼女に対しては
重くない程度に一途アピールはしておきました。

 

この余裕の気持ちってすごく大切で、
余裕さえあれば女の1人や2人、絶対に何とかなる。

 

そもそも、

 

「付き合うとしたら○○君なんだけど、
今は彼氏とか欲しくなくて・・・。」

↑この言葉は断り文句なんかじゃなく、
彼女の心の中を翻訳すれば、

 

「いいところまでいってるから、
もうちょっとだけ私をときめかせてよ!」

 

という事なんだと思います。

 

だから今の状態をキープして、更にスパイスとして
今以上に彼女をときめかせたり感動させる仕掛けを
作れば、将来的には十中八九落ちる。

 

この翻訳が出来ずに「駄目だ」と勘違いして、
フェイドアウトしてしまう男性の多い事・・・。
本当に勿体ないです。

 

僕は思うのですが、モテない男性ほど女性の恋愛心理を
男性の恋愛心理と同様に考えてしまう傾向がある。

 

男性の恋愛感情は一瞬で火がつきます。
可愛い女の子を見れば、すぐに「好き!」となる。

 

勿論、男性だって徐々に好きになっていく事も
ありますが、基本的に彼女候補じゃない女の子が
彼女候補になるという昇格があまりない。

 

昇格がないという男性の恋愛心理をもって、

 

「付き合うとしたら○○君なんだけど、
今は彼氏とか欲しくなくて・・・。」

↑この言葉を考察すると、「俺は駄目なんだ・・」
となってしまう。そんな簡単に昇格しないと思うからです。

 

でも女性の恋愛心理は違います。
彼氏候補じゃない男性が彼氏候補になる事がたくさんある。

 

いや、あるというか、
それが女性の恋愛心理の本質だと思います。

 

だから絶対に誤訳しないで欲しい。

 

「付き合うとしたら○○君なんだけど、
今は彼氏とか欲しくなくて・・・。」

↑これは、

 

「いいところまでいってるから、
もうちょっとだけ私をときめかせてよ!」

↑ほぼ、こういう風に翻訳して良いと思います。

 

ただし、水商売の女の子と客という関係の場合は、
本当に体裁の良い断り文句の事も多いので、
そこは注意してください。

 

女性の恋愛心理や性欲を掻き立てられるメカニズムを
深く知るには、以下の性欲トラップという商材が最適
だと思います。僕も随分とお世話になってます。
 


↑販売ページ

 
うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑レビュー記事です。女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


 
とにかくモテない男性ほど、女の子に対する
見切りが早過ぎる。全くモテない時代の僕が
そうだったから自信を持って言えます。

 

見切るのではなく、今の曖昧な状態をキープして
おけばいいんです。で、他の女の子にも目を
向ければいいんです。

 

そういう余裕の気持ちを保つ方が、必死に一途を
アピールするよりも、本命のキープ状態の女の子を
落とせる確率も上がると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>