月別アーカイブ: 2014年8月

キャバ嬢攻略ブログ新説!ついでに成功論と失敗論!

 
この度、メインの恋愛指南サイトのカテゴリの一つとして
書いていたキャバ嬢攻略法を独立させ、
ブログとして運営する事にしました。

 

キャバクラ超絶攻略!
43%の確率でキャバ嬢を落とす方法!

 

これで「とにかくキャバ嬢を何とかしたい!」
と思われてる方にとって、よりシンプルに
情報提供が出来るようになると思います。

 

「43%」というのが味噌と言いますか、
僕のキャバ嬢攻略の思いをあらわしています。
詳しくは「このサイトは何?」でご確認ください。
キャバ嬢攻略のための重要な考え方だと思うので。

 

というわけで、キャバ嬢攻略なのですが、
最近まぁまぁ調子良いです。

 

いや、最近じゃないな。ここ数年、つまり、

 

自分なりのキャバ嬢を攻略法を確立してからは、
コンスタントに成果を上げる事が出来てます。

 

「自分なりのキャバ嬢攻略法を確立」と書くと、
テクニック的なものが向上したように思われるかも
知れませんが、そうではないです。

 

勿論、僕だって日々勉強、成長してますし、
キャバ嬢攻略のテクニックも向上してるとは思います。

(残念ながら、加齢というハンデは年々感じざるを得ませんが、
それでもテクニック向上による恩恵の方が勝ってると思います。)

 

でも僕がコンスタントにキャバ嬢を落とせてるのは、
恐らくテクニックよりもメンタルの変化だと思います。

 

キャバ嬢をある程度落とせるのが当たり前という現在の状態が、
キャバ嬢攻略に必要な自信や余裕につながってる。

 

別にキャバ嬢攻略に限った事ではなく、この手の自信や余裕は、
女性にモテる男性が自然と持ってる事が多いです。

 

例えば女性に対して気軽に声をかけられる男性と、
緊張してためらう男性、両者の心理状態を考察してみます。

 

後者の緊張する男性って、

 

「俺なんかが喋りかけたら嫌がるだろうな・・。」

 

という気持ちがどこかにある場合が多いです。
逆に前者の男性は、

 

「俺が喋りかけたら、女性は喜ぶはず!」

 

と思ってる事が多い。

 

実際はどうかわかりませんよ。どちらの男性に
喋りかけられても女性は嫌がるかも知れない。

 

でも前者の男性は、今までの経験上、女性に話しかけて
嫌がられない、むしろ喜んでもらえる確率が比較的高かった。

 

だからその経験を踏まえて、
今回も女性は喜んでくれるはずだと思い込める。

 

つまり、今までの成功体験が男性に自信をもたらして
くれてるから、何のためらいもなく女性に話しかける事が出来る。

 

恋愛に限らず何でもそうだと思うのですが、
自信や余裕って、過去の成功体験によって作られるものです。

 

だからとにかく成功体験を作る事が重要で、
成功体験によって自信を得る事が出来たら、後はもう楽勝。

 

だって成功する事が当たり前なんです。
当たり前すぎて、自信がどうこうとかの自覚すらなくなる。

 

で、失敗ばかりしてる男性が成功体験を作るには、
どうすれば良いかと言うと、

 

最初は失敗する事を受け入れた上で、努力、工夫、勉強、
そして実践する事で、少しづつ成功確率を上げていくしか
ありません。

 

僕のキャバ嬢攻略だって同じです。金もない、ルックスも並、
口下手、そんな僕が最初から上手くいくわけがありません。

 

でも少しづつ少しづつ努力や勉強を重ね、失敗を修業だと
思ってキャバ嬢攻略を実践した結果、徐々に積み上げられた
成功体験に裏打ちされた今の自信に満ちた自分がいるわけです。

 

というわけで、女に関してどんどん失敗してください。
その失敗は必ず明日への糧となります。

(ただし、その失敗原因を反省し、
次に生かす意識を持つ事が大前提です。)

 

一番駄目なのは、勝負しない事。
勝負しないから成功も失敗もしない。
致命的なのが反省材料が得られないから成長もしない事。

 

以上、最近、失敗する事を恥ずかしいと思い過ぎてる
若い男性が多いように感じるので、キャバ嬢攻略に乗じて、
ちょっと成功論・失敗論について語ってしまいました。

 

キャバクラ超絶攻略!
43%の確率でキャバ嬢を落とす方法!

セフレという言葉への許容度でセフレになれる女性を判別?

 

「セフレ」、それは男にとっては理想的な関係。

 

1人の大好きな本命の彼女と、数ヶ月ごとに
入れ替わる数人のセフレ。そういう状態を作る事が
出来たら、そりゃもう天国でしょう。

 

でも大半の男性がセフレを望むのと違って、
女性の場合は、セフレという関係を受け入れる人と
受け入れない人の差がはっきりしている。

 

「セフレなんてとんでもない!
私は彼氏としかセックスしない!」

 

と思ってる女性に、セフレ関係を望むのは効率が悪いです。

 

これは完全に僕の感覚的な数字なのですが、
日本女性を分類すると、

 

基本的にセフレ関係を受け入れない女性が7割、
受け入れる女性が3割くらいでしょうか。

 

この数字は、年齢や環境によって違ってくると思いますが、
僕の交友関係の中で考えると概ねそんなものだと思います。

 

で、セフレが欲しい男性としては、
当然後者の3割を狙っていった方が効率が良いはずです。

 

前者の7割の女性であっても、
その時の状況や口説き方によってはセフレにする事が
出来るとは思いますが、やっぱり苦労します。

 

最初から「セフレもOK!」な女性を
セフレに狙う方が勿論簡単です。

 

では、口説く前からセフレOKな3割の女性を
見極める方法があるのか?って話なのですが、

 

それはもう、女性を個別に見て
総合的に判断するしかないと思います。

 

真面目そうに見える女性よりも、
見た目遊んでそうと思える女性の方が、
確率的に言えばセフレOKの可能性は勿論高い。

 

でも、見た目完全ギャルの遊んでる風に見える女性でも
男に関しては固い場合もあります。逆に真面目そうに
見える女性でも、性に奔放な場合もある。

 

だから判断が難しいのですが、
そんな中で僕が最も重要視してるのが、

 

会話してる時のセフレや
セックスフレンドという言葉に対する許容度。

 

この許容度が高い女性は、セフレ関係も
許容してる可能性が高いように思います。経験上。

 

例えば女性と会話してる時に、僕が友達の話をします。

 

「そう言えば俺の友達が、かくかくじかじかで・・・。
で、そいつ彼女じゃないんだけど、よく会ってる
女の子がいてさ、いわゆるセフレってやつなんだけど・・・。」

 

みたいな話をし、セフレという言葉を
発した時の彼女の反応を見ます。

 

他には、軽いノリで、

 

「今、彼氏は?」

 

「いないよ!」

 

「え?うそ?可愛いからモテるでしょ?」

 

「モテないって(笑)。ほんとにいないから寂しい・・。」

 

「あ、わかった!セフレがいるんでしょ?3人くらい(笑)」

 

こんな感じでセフレという言葉を切り出して、
その後の彼女の反応を見ます。

 

この時に何の動揺もせずに話に乗ってくれる女性は、
まぁまぁ可能性としては悪くないんじゃないかと。

 

一番わかりやすいのは、女性の口から「セフレ」や
「セックスフレンド」という言葉を発してくれた時
ですね。やっぱり。

 

「もう!それって単なるセフレじゃん(笑)!」

 

話しの流れの中で、急に「セフレ」という言葉を
言いだす女性は、それなりにセフレ関係許容率は
高いと予測します。

 

セフレとかセックスフレンドという関係って、
受け付けない女性は本当に受け付けないので、
それらの言葉を発する事すら敬遠する場合が多い。

 

ならば敬遠しないと言う事は、セフレという関係を許容してる!

 

とまでは言いませんが、その可能性は少し高くなります。

 

勿論、最初に言ったように、女性の全てを見て
総合的に判断する必要があるのですが、
総合的な判断をするための一つの強力な材料として、

 

セフレという言葉に対する許容度を見るのは、
なかなか有効な方法だと思います。

 

以上、先日ある女性と会話してて思った事でした。

指や舌を使わずに女性を濡れさせるのがセックスの真髄!

先日、ある女の子とエッチしました。

 

会って3回目くらいの子だったのですが、
夕方に会って、スイーツ食べて御飯食べてという普通のデート。

 

でもその普通のデートがバッチリはまったみたいで、
最後は勢いで僕の家に・・・という感じでした。

 

で、彼女との初めてのエッチなのですが、勿論、
僕の加藤鷹さんばりの得意のフィンガーテクニックを発揮!
と言いたいところですが、実は指技は全く使いませんでした。

 

彼女の服を脱がして、上半身を愛撫して、さて、
次は彼女のあそこに指を・・・と思って、指を当てたのですが、
その時点で既にグショグショ、濡れまくってました。
もう指技を使う必要はありませんでした。

 

まぁ更に指を入れてもっと刺激を与えても良かったとは
思うのですが、それよりも彼女の雰囲気を察するに、
強く抱きしめながら彼女の目を見つめ、「好き」とか
「愛してる」とか、愛の言葉を囁く方が効果的だと
思ったので、ずっとそうしてました。

 

で、好きとか愛してるとか一通り言った後に、
再度彼女のあそこに指を当ててみたら、更に
グショグショになってました。僕の囁きに
興奮してたみたいです。

 

で、ゴムをつけてそのまま挿入しました。
唾をつける必要も指を入れて濡らす必要もなかった。

 

既に十分濡れ濡れ。
ゴムをつけてなのに、すんなり一発で入りました。

 

その後の彼女の乱れっぷりもすごかったです。
普通に正常位してるだけなのに、彼女は何度もイってました。

 

エッチが終わった後に彼女に聞いてみました。
指を入れなくても元々濡れやすい体質なのか?と。

 

そうじゃないそうです。いつもは指とか舌で愛撫して
くれないと濡れないけど、今日は特別だったと。

 

僕が思うに、これって
セックステクニックの真髄なのではないかと。

 

指の動かし方?舌の使い方?そりゃ上手いに越した事は
ないでしょうが、そこにこだわってるようでは女性を
完全に満足させる事は出来ない。

 

指も舌も使わないで、女性をグショグショに濡れさせる。
これが究極のセックスにおけるテクニックなのではないか
と僕は思います。

 

自画自賛で申し訳ないのですが、この日は我ながら
完璧でした。デート内容や彼女が家に来てからの演出。
全てが上手くいったように思います。

 

実はエッチする前に、僕はあるサプライズをして、
彼女を泣かせていたのです。

 

今思えば、その時から既に濡れていた?
と考えるのは、男の妄想でしょうか?

 

でもそれが妄想だとしても、

 

エッチする前から女性を濡れさせるという意識、
実はすごく大切だと思います。

 

僕の中では、夕方からのデートや彼女が家に
来てからの演出、全てが前戯という気持ちでした。

 

うん、

 

セックスの前のデートも前戯!

↑これ、意識するとセックスの質が全然違ってくると思います。
 


当ブログお勧めNo1のセックス商材!
確実に女の子をイカせる事が出来る?

License to Steal 一条正都

↑僕がこのマニュアルを一押しするのも、この
記事で書いた「パワー」のセックスに近いイメージ
だからです。テクニックよりもパワー!
そういえばカリスマAV男優は全員パワフルですね^^。

 

■セックステクニックに
特化したサイトを作りました。
僕なりのセックス論を熱く語ってます。

sesai

けいぽん流セックステクニック講座!
女の子号泣のイカせる技!


女性にモテるには長所を伸ばせ!は嘘?短所を改善せよ?

メジャーリーグのダルビッシュさん、
女性にモテるでしょうか?はい、モテモテです。
日本で有数のモテる男でしょう。

 

ダルビッシュさんまでとはいかなくても、
プロ野球選手というだけで相当モテモテのはずです。

 

そしてプロ野球選手に限らず、男性は何らかの突出した
才能や世間に認められてるものがあれば、
それだけでモテモテです。

 

だから女性にモテるためには、

 

短所を改善するよりも、長所を伸ばして
圧倒的に人に誇れる何かを身につける!

 

そういう事を書いてる恋愛指南書も多いですね。
恋愛指南書に限らず、よくある人生訓です。

 

短所を改善するより長所を伸ばせ!

 

この心がけ、人生訓としての正誤は僕にはわかりません。
しかし、こと恋愛に関しては僕は思うところがあって、

 

それ、間違い!いや、間違いというか効率が悪いし
リスクも高い。それよりも圧倒的な短所を改善して
オール3の男を目指せ!と言いたいです。

 

そりゃプロ野球選手になれたらモテモテです。
他に多少の短所があっても女性は目をつむるでしょう。

 

でもプロ野球選手になれますか?って話です。

 

プロ野球選手だけでなく、プロ野球選手と同等、
もしくは準じたレベルの突出した何かを簡単に
得る事が出来るのか?って話です。

 

人よりちょっと歌が上手い!程度では駄目ですよ。
そんなの何の薬にもなりません。

 

そう、女性にモテる事に関して言えば、

 

圧倒的な長所だけでモテるのって、実は難易度が高い。

 

そんな難易度の高いモテ法を目指すよりも、

 

シンプルにオール3の男を目指した方が、
簡単にモテ男になれる。

 

男なんて、

 

・そこそこ爽やか。

・そこそこ清潔感。

・そこそこ社交性がある。

・そこそこ女性と上手く喋れる。

・そこそこちゃんと仕事してる。

・そこそこ良い体、健康を保ってる。

・そこそこの経済力。

 

これくらいの「そこそこ能力」があった上で、
女性にまともにアプローチすれば、全ての女性は
無理ですが、数人に1人は必ず落とせます。

 

後はアプローチする女性の数を増やすだけで、
簡単に女性に困ってない実感を得られる。

 

圧倒的な長所だけでモテてる男に比べたら地味で
目立たないので、わかりにくいモテ方かも知れませんが、

 

こっちの方が間違いなく簡単なモテモテになる方法です。
ちょっと自分を変えていくだけで、ほぼ誰でも出来ます。

 

逆に言えば、実はオール3をとれてる男性って
想像以上に少ないように思います。

 

そしてオール3をとれてる上に、
そんじょそこらの男には負けない突出した長所が
あるとなると、もう無敵。女性が放っときません。

 

最終的にはそこを目指して頑張りたい!
と自分も思ってます^^。

出会い系と出会い系以外のネットナンパの違いとは?

 
先日、新しいサイトを立ち上げました。

 

けいぽん流、出会い系攻略!
最短でセックスするには?

↑出会い系を使って女性と最短でセックスに
行き着く方法などを解説しています。興味の
ある方は是非お立ち寄りくださいませ。

 

というわけで、今回は、

 

出会い系と出会い系以外のネットナンパの違い。

 

について少々私見を述べさせて頂こうかと。

 

僕、出会い系も出会い系以外のネットナンパも
結構やってきました。

 

最強入れ食いネットナンパ論

↑こちらの特典レポートにも僕が考える
効率の良いネットナンパ法を解説してます。

 

で、両者の違いをまとめると、
概ね以下のようになります。

 

出会い系

・有料
(無料出会い系も存在するが会えない。
出会い系で女性と出会うならば、有料と
考えておいた方がいいです。)

・可愛い、性格良し、若い、
この3拍子が揃った女の子は少ない。

・会うまでが早いし楽。

・仲良くなった女性とのセックス成功率が高い。

 

出会い系以外のSNS等でのネットナンパ

・基本無料で出来る。

・可愛い、性格良し、若い、この3拍子が
揃った女の子も結構存在する。というか、
普通に街で見かける女の子と一緒のクオリティー。

・会うまでに時間と労力を要する。

・よほど上手くやらない限りは、
出会い系に比べると仲良くなった
女の子とのセックス成功率は下がる。

 

つまり、

 

誰でも良いし多少は投資するから、とにかく
セックスがしたいなら出会い系。どうしても
無料が良い、もしくは時間と労力がかかっても
いいから若くて可愛い子にこだわるなら出会い系
以外のネットナンパ。

 

僕の中では、こういう感じに両者を位置付けています。

 

出会い系以外でのネットナンパの方に
魅力を感じる方も多いと思いますが、もし僕が神様から、

 

「今から3年以内に100人の素人女性と
セックスしないと死刑だ!」

 

と言われたとしたら、
迷うことなく出会い系をフル活用すると思います。

 

出会い系なら何とか出来る数字、いや、というか
出会い系以外では達成できそうにないです。

 

ただ、出会い系にしろ、出会い系以外のネットナンパにしろ、

 

どちらも正しい方法を極めれば、
もう一生女性との出会いに困る事はない。

 

ネットの出会いって、すごくパターン化しやすいんですね。
ある女性と出会えた方法が、他の女性にもそのまま通用
して会えちゃうみたいな。

 

リアルの女性との出会いだと、勿論ある程度の
パターンはあると思いますが、でも基本的には
女性によって口説き方が全然違ってくるので、
臨機応変に対応する力が必要です。

 

それにネットの場合は、基本メールやLINEでの
やり取りですから、面と向かっての女性との会話と
違って、いちいち時間をとって考えながら対応できる。

 

この辺りの特徴が、比較的女性に不慣れな男性にも
ネットナンパや出会い系をお勧め出来る理由です。

 

ただし、ネットを使っての出会いは、
結構すぐに飽きちゃうのが弱点と言えば弱点。

 

特にある程度以上の女性経験がある男性にとっては、
実際に会ったこともない未知数の女性と頑張って
メールやLINEを続けるモチベーションが保てるかどうか・・・。

 

やっぱり実際に会った女性を口説く方が、
そりゃテンション上がります。

 

まぁ、ここで書いたようなネットでの女性との
出会いの特徴を理解された上で、自分に向いてると
思われたのであればチャレンジしてみてください。

 

成功率を上げるための情報提供は惜しみません^^。