月別アーカイブ: 2013年11月

本当にモテる男は、SEXのチャンスよりも美学を優先する?

 
僕はメインサイトの方で多数の
恋愛商材を紹介させてもらってます。

 

恋愛系情報商材の評価、レビュー一覧
↑参照

 

良い商材、駄目だと思う商材、
僕なりに公平に評価させてもらってるつもりです。

 

その中でも、お気づきになってる方もおられると思いますが、

 

彼女のマスターキーEvo
 
ガールズマインドハッカー

↑やたらとこの2つの商材をプッシュしています。

 

2つともキャバ嬢の攻略法に関しては一切
書かれてないのですが、それでも数あるキャバ嬢
攻略商材よりも、このどちらかの商材の方が
キャバ嬢攻略に役立つとお勧めしてるくらいです。

 

本当にキャバ嬢を落とせるマニュアルはどれ?
 
キャバ嬢攻略教材。評価、レビュー一覧

↑参照

 

何故僕は、そこまでこの2つの
商材を溺愛してるのでしょうか?

 

ま、自己紹介でも書いたように、
僕の人生を変えてくれた最初の商材
という部分は大きいと思います。

 

僕は53回目のセックスは覚えていませんが、
初めてセックスした時の事は鮮明に覚えています。
それと一緒です^^。

 

ただ、そんな僕の個人的な事情は置いといたとしても、
僕がこの2つの商材が大好きな理由があって、それは、

 

小手先のテクニックではなく、
本質的にモテる男とはこうあるべきだ!
という一貫した美学を感じるからです。

 

美学の方向性は全く違います。
彼女のマスターキーEvoは、女性に媚びない事でモテる美学。

 

ガールズマインドハッカーは、
女性に媚びるわけではありませんが、
徹底的に共感出来る男性の美学。

 

女にモテるとかモテないを超えた男の生きざま
とでも言いましょうか。そういう部分に気づかせて
くれたのが、この2つの商材でした。

 

だから猛プッシュしてるのだと思います。

 

美学!これ、すごく大切だと思います。

 

昔の僕は自分の美学よりも、
人から見てどう思われるか?を
優先して生きていたように思います。

 

そう言えば、以前こんな事がありました。

 

女の子と初めてのデート中に、
自販機でジュースを買おうとしたところ、
10円を自販機の下に落としてしまいました。

 

僕は伏せて自販機の下を覗き込み、
手で取ろうと思ったのですが無理だったので、彼女に、

 

「ちょっと棒探してくるわ。」

 

と言いました。すると彼女は、

 

「10円くらいいいじゃん別に。もう行こうよ!」

 

と言いました。でも僕は彼女を制して棒を探し、
その棒で10円玉を取る事に成功しました。

 

彼女は思ったかも知れません。

 

「10円くらいで、みみっちい人だな・・。」

 

と。言っておきますが、僕はケチではないと思います。
どちらかと言うとお金にはかなりルーズ。

 

酒が入ればみんなに奢る事が多いし、
人に貸したお金を返してもらうのも平気で
忘れるタイプのケチとは真逆のルーズ人間です。

 

でもこの場合は、ケチとかそういう問題じゃない。

 

お金を粗末に扱っちゃいけない!
という僕の美学なんです。

 

だから僕は必死になって10円を取ろうとしました。
例え彼女に悪い印象を与えようともです。

 

女性よりも美学が優先!これは曲げちゃ駄目なんです。

 

絶対有りえないのですが、もし仮にその女の子が、

 

「その10円諦めたら、今すぐホテルに行ってもいいよ。」

 

と言ったとしても曲げちゃ駄目。

 

女のためなら友達や家族も裏切るし、
反社会的な事だってするような安い男になってしまう。

 

そういう絶対に譲れない美学って
すごく大切だと僕は思います。

 

彼女のマスターキーEvo

↑この商材を読んで、
僕は更にその思いを強くした事を覚えています。

 

モテる男になるためには、石田純一さん的に
徹底的に女性に尽くす事も勿論大事です。

 

ただ、徹底的に女性に尽くしながらも、
自分の芯となっている美学は絶対に譲らない。

 

このバランスが絶妙な男性は、
女性から見てすごく魅力的なのではないでしょうか。

モテる男に生まれ変わるために!メンタルブロックを外せ!

 
現時点でモテてない男性がモテる男になるためには、
自分を変化させる必要があります。

 

そして自分を変化させるには、
それなりに努力しなければなりません。

 

今日は、その努力の方法というか方向性、
つまり「自分の変え方」について書いてみたいと思います。

 

モテ論に限らず、仕事面や人格面においても、

 

「今の駄目な自分を変えたい!」

 

と思う事って結構あると思うのです。
でも実際はなかなか変われない。

 

ま、人間ってそんな簡単に変われません。

 

今までの人生で培ってきた自分の性格、資質、
特性、習慣、思考、もう体と頭にこびりついてます。

 

だから基本的には徐々に変えていかないといけない。

 

例えば箸の持ち方を正しく直すには、
食事のたびに毎回毎回正しい持ち方を意識し実践する。

 

最初は正しい持ち方の方が食べにくい。
慣れ親しんだ間違った持ち方の方が食べやすいはずです。

 

でも、毎回繰り返し正しい持ち方で食事する事で、
徐々に正しい持ち方の方が食べやすくなり、
最終的には自然と箸を正しく持てるようになる。

 

途中で油断して、
間違った持ち方で食事すると一歩後退です。

 

食事の際に正しい持ち方で食べる事で二歩進み、
間違った持ち方で食べると一歩後退。
トータルで百歩進めばゴール。正しい持ち方が身に付く。

 

自分を変える過程の基本の流れだと思います。

 

今度は箸ではなく、
モテる男論で同じ流れを考えてみましょう。

 

「人にちゃんと挨拶出来ない人間はモテない!
だから積極的に挨拶しよう!」

 

今日、エレベータで会った人にちゃんと挨拶出来た。
二歩前進。翌日は挨拶出来なかった。一歩後退。

 

翌々日は5人の人にちゃんと挨拶出来た。
でも3人の人に挨拶出来なかった。10歩進んで6歩後退。

 

トータルで百歩進めば、
自然と挨拶が出来る人間になってる。

 

あ、二歩前進、一歩後退、百歩でゴールというのは
適当に設定しただけで、実際は違うかも知れませんよ。

 

一歩前進、一歩後退、千歩でゴールかも知れません。

 

とにかく僕が言いたいのは、

 

自分を変えるというのは、
地道かつ継続的な努力が必要だという事。
そんな簡単には人は変われません。

 

だからモテる男に自分を変えるためには、
日々の努力の積み重ねが絶対に必要なんです。

 

ですが!

 

自分を変えるには、
日々の努力の積み重ねとは違ったアプローチ法も
存在します。一瞬で自分を変えちゃう方法です。
 

メンタルブロックを外す事で一瞬で生まれ変わる

 
メンタルブロックという言葉を聞いた事がある
でしょうか?自分で勝手に作ってる心の壁の事です。

 

例えば100メートルを12秒台で走る男性がいるとします。

 

彼は強く思ってます。

 

「俺は100メートルを11秒台で走るなんて絶対に無理!」

 

年齢、資質、今までの経験値を考慮して、
強く思い込むようになっていました。

 

でも彼は、実際は11秒台で走れる能力を持っているのです。

 

彼の11秒台で走れる能力を邪魔してるのは、
「絶対に無理!」だと思い込んでる心の壁。
つまりメンタルブロック。

 

例えば彼のカラダはそのままで、
脳みそだけ猿と入れ替えてみると、
彼は11秒台で走れるのです。

 

カラダはそのままなのにですよ!
それほど心の壁が身体に及ぼしてる影響と
いうのは絶大なのです。

 

このメンタルブロックを外してあげる事で、

 

一瞬で自分を変える事が出来る場合があります。

 

そして、メンタルブロックを外す方法としては、

 

今まで経験した事がないものを
やってみるのが効果的です。

 

よく、海外旅行に行けば人生観が変わる
とか言いますよね?メンタルブロックが
外れた典型例だと思います。

 

モテる男になるために自分を変える過程に
おいても、メンタルブロックを外すだけで
急激に成長する事があります。

 

女性にモテたいなら、風俗の3Pコースを経験しろ?

↑以前に書いた記事ですが、
僕なりのメンタルブロックを外す方法です。

 

生まれてはじめて美容院で髪を切ってもらう、
はじめて一人でバーに行ってみる、
はじめてナンパしてみる。

 

そのような今までの自分がしてこなかった事を
思い切ってしてみる事で、今までの自分の中の
常識みたいなものが急に変化する事があります。

 

その変化の度合いや方向によっては、
急激にモテる男に変わる。これは普通に
起こりえる事なんです。

 

先ほどの挨拶の例で言えば、貴方が一番挨拶を
したくない人に笑顔で挨拶してみるとか。

 

嫌い、もしくは苦手で挨拶を敬遠してた人に対して、
思いっきり爽やかに挨拶。

 

もしかしたら相手も爽やかに挨拶で返してくれて、
その後の二人の関係が良くなるかも知れない。

 

仮に無視されて関係はそのままだとしても、
もしかしたら、

 

「あ、なんだか気持ち良い・・。」

 

と、思えるかも知れない。
挨拶に見返りを求めない事への気づき、
もしくは相手に勝ったという優越感が
貴方を気持ちよくさせた。

 

「おお!楽しいじゃん!挨拶なんて楽勝!」

 

と、メンタルブロックが外れて、
一気に爽やか挨拶人間に変わる事が出来るかも知れません。

 

モテる男に自分を変えるための過程において、

 

日々の継続的な努力で自分を変えていく方法と、
メンタルブロックを外すことで一瞬で自分を変える方法。
二つのアプローチ法が存在する事を知っておけば、
より効果的に自分を変えられると思います^^。

男ならストレート勝負!恋愛テクニックなんていらない?

 
このブログは、まだまだ出来立てホヤホヤですが、

 

モテる男になる方法【けいぽんの必勝オーラ恋愛術】

↑こちらのモテ指南サイトは、
運営を始めてから数年が経ちます。

 

僕自身、このサイトを作って本当に良かったと思います。

 

サイト運営のために情報収集したおかげで、
たくさんの恋愛テクニックを知る事が出来たし、
その中の何割かは間違いなく僕の身となり血となっています。

 

これだけの恋愛商材(100超えた?)を買った男って、
そんなにいないんじゃないでしょうか?
良い経験をさせてもらってます。

 

ただ、女性にモテるための恋愛テクニックを知る度に、
最近つくづく思う事があります。それは、

 

結局、誠意とか誠実とか情熱とか気遣いとか、
これらのちょっと青春臭いものが、女性にモテるための
最大の武器なんじゃないかという思い。

 

例えば、好きな女の子に対してあれこれ策を練るよりも、
彼女の目の前で、

 

「前からずっと好きでした!付き合ってください!」

 

なんやかんやで女性を落とす方法としては、
一番成功率が高い方法なんじゃないかと思います。

 

例えば、気になる女の子に対して今まで優しく接して
きたのに、わざと少し冷たくして彼女の方からこちらを
追ってこさせる。恋愛の駆け引きとして定番の方法です。

 

勿論、上手くやれば有効な方法だと思います。
この方法を否定するつもりは毛頭ありません。
僕もよくやりますし。

 

でも駆け引きなど考えずに、
とにかく彼女に対して優しくかつ誠実に接し、
好意を真面目かつ情熱的に伝える。
どんな時でも彼女への気遣いを忘れない。

 

引き技を使うよりも、そういう押し出し一辺倒の方が、
実はシンプルに効果が高いんじゃないかと。

 

モテ指南サイトを運営するようになって、
変化球を覚え過ぎちゃったんでしょうかね?

 

「やっぱり男なら、ストレートで勝負だろ!」

 

という意識が強くなってきた今日この頃です。

 

ただ、ストレートで勝負して勝つには、
最低限のモテ要素を満たしてる事が必須条件だと思います。

 

ルックス、会話力、社交性、清潔感、爽やかさ、
おじさんであれば最低限の社会的地位と経済力、

 

要は、大半の女性から見て自然とストライクゾーンに
入るくらいの最低限のスペックとでも言いましょうか。
それがないとストレートだけではきついかも知れません。

 

ほんとに最低限で十分なんですけどね。

 

最低限のスペックだけは搭載しておいて、
後は駆け引きせずにストレートに女性にアタック!
これが結局最強なんじゃないかと思います。

 

あ、そういえば、
陣内智則さんが藤原紀香さんを口説いた時って、
確かドラマの共演者がたくさんいる前で陣内智則さんが
藤原紀香さんに堂々とアドレスを渡したのがきっかけ
だったと思います。

 

そこらの適当なグラドルならいざ知らず、
藤原紀香さんですよ!なかなか出来る事
じゃないと思います。

 

それを堂々とやった陣内さん、素晴らしいです。

 

特に格上的な年上の女性にアタックする時は、
ちまちま小細工するよりも、堂々と、

 

「好きです!」

 

「貴女の事が気になってます。
アドレス交換してくれませんか?」

 

と、誠実に言っちゃった方が
案外上手くいくのではないでしょうか?

 

テクニックばかり意識してしまう自分に対する
自戒の念を込めて、この記事を書かせて頂きました^^。

おじさんでも若い女の子にモテる!けど条件付き?

 
「若い女の子と付き合いたいけど、もう年だし・・・。」

 

おじさんの哀愁漂う言葉ですが、
僕はこの言葉に自信を持って「否!」と申したい。

 

というのは、女性の場合は、
さすがに若い女性ほどモテると思うのですが、

 

男性の場合、若い女の子と付き合うのに、
年齢が高い事はさほどハンデにならない。
いや、むしろ、おじさんの方がモテるのではないか?

 

と思ってるからです。

 

僕自信、20代よりも30代の方が
確実に若い女性からモテてると思います。

 

ただ僕の場合は、自己紹介に書いたように、
20代の頃は悲惨だったし、30代あたりからモテ論を
研究し始めた効果もあると思うので、
ちょっと特殊かも知れません。

 

でも僕と同じように、おじさんになってから若い女の子に
モテはじめたという男性は、結構おられるはずです。

 

まず女性から見て、「かなり年上の男性」として
特化されるのが実は美味しい。

 

「年上にしか魅力を感じない」とか、
「一回り以上年上の男性としか付き合ったことがない」
という女性が結構いますが、そのような女性の恋愛対象として
ガッチリ当てはまります。

 

勿論、「おじさんは無理!」という若い女性も
少なからずおられますが、そういう女性は諦めれば良い。

 

全ての女性に適度に好かれるよりも、
一部の女性から強烈に好かれる方が恋愛に
おいては得だと思います。

 

だから男性の年齢は、さほどハンデになりません。

 

30代、40代は当たり前ですが、50代でも60代でも、
20代前半の若い女性と付き合えるチャンスは十分
にあるはずです。
 

ただし、若い男性よりもすべき事は多い!

 
でも、じゃあおじさんならば無条件でモテるのか?
と言われれば、当然そんな事はないです。

 

普通に過ごして普通におじさんになっていけば、
だんだん若い女性に相手にされなくなる。

 

そして若い男性に比べて、
モテるための条件が違ってきたり増えてきたりします。

 

例えば20歳の男がフリーターならばまだ許せますが、
35歳でフリーターとなると、よほど特殊な事情がない
限りは女性に相手にされない。

 

20歳同士のカップルならばファミレスの食事代を
割り勘も有りですが、40歳の男性と20歳の女性で
割り勘は厳しいです。

 

若い男性に比べると、
ある程度の経済力も要求される事が多いでしょう。

 

あと、年上男性が好きな女性は、同年代の男性には
ないものを求めるから年上男性が好きなわけで、
若い男性にはない包容力とか落ち着きとかも大切に
なってくるでしょう。

 

偶然やラッキーで若い女の子と付き合えてるケースは
置いといて、コンスタントに若い女の子と付き合ってる
30代以上の男性って、やっぱりそれなりに努力されてる
方が多いように思います。

 

それと、自分を磨く努力にプラスして、
若い女の子と出会う機会をキープする努力も
大切になってくるでしょうね。

 

30代以上のおじさんが若い女の子と付き合う方法!

↑若い女の子との出会いに関しては、
こちらの記事で解説してます。

 

まぁ、自分磨きの努力にしても、
若い女の子と出会う機会をキープする努力にしても、

 

とにかく若い男性よりも努力しないとモテない。

 

この事は確かなようです。

 

若い時はそこそこモテたけど、
おじさんになってから全然モテなくなった。

 

「でもおじさんなんだから、モテなくなって当然。」

 

と諦めて何もしないか、

 

「いや、おじさんでも若い女の子と
付き合ってる奴はたくさんいる。俺も頑張って・・。」

 

と、一念発起するか。どちらを選ぶかで
今後の人生が全然違ってくると思います。

田村淳さんがモテる理由の本質を見抜き、自分に生かせ!

 
モテるお笑い芸人は?と聞かれれば、
ロンドンブーツの田村淳さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

最近結婚されましたが、
以前は数々の女性タレントと浮名を流し、
経験人数は400人とも噂されてます。

 

安室ちゃんと交際宣言した時は、
僕も腰を抜かしました。

 

そんなモテモテの田村淳さんですが、
では何故そんなにモテるのでしょう?

 

決して、めちゃめちゃイケメンという
タイプでもありません。

 

確かに今の田村淳さんがモテる理由としては、
地位や知名度が関係してくると思います。

 

素人の女の子は楽勝だろうし、
女性タレントだって田村淳さんと
付き合えればステータスになります。

 

でも田村淳さんの場合、恐らく地位や知名度が
全くない若い頃から相当モテてきたと思うので、
地位や知名度が彼がモテる本質的な理由には
ならないと思います。

 

喋りが上手いからモテる?
それは、おおいに関係してるでしょう。

 

女性に対してマメだからモテる?
それも間違いないでしょう。

 

「田村淳 モテる」などで検索してみれば、
彼のモテ術がわんさか出てきます。

 

「おお!モテる男は、ここまでやってるんだ!」

 

と、感心するものもあるので、
興味のある方は是非調べてみてください。

 

ただ、喋りが上手いからモテるとか
女性に対してマメだからモテるとか言うのは、
なんというか「枝葉」に過ぎないと思うんですね。

 

田村淳さんが持ってる「モテ」の木の枝葉の部分。

 

枝葉も勿論大事です。ただ、彼が何故モテるのか?
を考察して参考にするのであれば、モテの木の幹の
部分を見ていった方が良い。

 

喋りが上手いとか女性に対してマメという
彼のモテ要素は、幹の部分の単なる派生として
表に出た結果だと思います。

 

では、彼のモテの木の幹となる要素とは何なのか?それは、

 

結局、女性に対して全力かつ
真剣に接してるのだと思います。

 

女性の人格を尊重し、全力かつ真剣に接するから、
自然とマメになるし、喋りで女性を全力で喜ばせようとする。

 

絶対に女性が喜ぶような
キメ細かいデートプランを全力で考える。

 

「この女性は、どうすれば喜んでくれるのだろう?」

 

ここの思いが他の男性よりも真剣かつ全力なのだと思います。

 

そして、このモテ要素って、すごく大事だと思います。
モテたい!モテたい!と言ってる男性の中で、

 

田村淳さんほど女性に対して
全力かつ真剣に接してる人が、
果たしてどれくらいいるのでしょうか?

 

「全力」とか「真剣」って本当にモテ効果ありますよ。

 

大抵の男性は女性に対して100%で接してない。
会話は勿論、二人きりのデートでも、どこか気が散って、
せいぜい80%程度。

 

だから自分だけが100%で女性と接するだけでも、
相当モテるようになるはずです。

 

僕が女性と接する時における全力や
真剣の大切さに気付いたのは、

 

ガールズマインドハッカー

↑この商材を読んでからでした。超おすすめです。
今でも僕の恋愛バイブル、いや、人生のバイブルと
なっています。

 

話しを戻しまして、田村淳さんって、
対女性ほどではないにしても、
恐らく男性に対しても同じように全力かつ
真剣に接する方なのかなあと想像します。

 

というのは、僕もモテを研究してきて
深く思うようになったのですが、

 

気になる女の子に対してだけ理想的な
行動をとるって難しい。どんな人に対しても普段から
同じような行動をしてる結果として気になる女の子に
対しても理想的な行動をとる事が出来る。

 

田村さんの場合は、タイプじゃない女の子、
更に男性に対しても全力かつ真剣に接する事で、
気になる女の子に対しても「自然」と全力かつ
真剣に接する事が出来る。

 

この「自然と」いう部分が肝です。
女性は男性の自然な言動と不自然な言動の違いを見抜きます。

 

だから、僕も特に最近は、

 

「別に落としたいと思わない女性に対しても、
落としたいと思う女性と同じように全力で接しよう!
それがモテる修業だ!」

 

と、思うようにしています。

セックス商材を読んで女性を落とせるようになった?

 
僕はメインサイトで、恋愛商材のレビューをやってますが、

 

恋愛系情報商材の評価、レビュー一覧
↑参照

 

同時にセックステクニック商材のレビューもやってます。

 

SEXテクニックのマニュアルや教材のレビュー
↑参照。

 

その理由は、単純に個人的に興味があったからです。

 

興味があって、いくつかのセックス商材を買ってみた。
なら、せっかくだからレビュー記事も書いてしまおうと。

 

おかげで少しは僕のセックスも上達したかも知れません。

 

ただ、今回はセックスのテクニックに関する記事ではなく、
セックス教材をたくさん読んだ事による予想外の波及効果
について書きたいと思います。

 

どうも、セックステクニックの教材を複数読んでから、
新しい女性とセックス出来る機会が増えたような・・・。

 

普通に考えれば、結びつかない現象です。

 

セックスが上手くなったところで、
その力が発揮できるのはセックスした女性に対してだけで、
まだセックスしてない女性を落とせるようになるわけでは
ありません。

 

でも僕は確実に、セックス教材を読んでから女性を落とせる、
つまりセックス出来る回数が増えた。

 

単なる偶然?もしかしたらそうかも知れません。

 

でも恐らく偶然じゃないと思います。
少しオカルトっぽくなりますが、
思い当たる理由が一つだけあります。

 

セックス商材を読む。

→学んだ事を試してみたいと思う。

→無意識のうちにセックスを強く
意識して女性を口説くようになる。

→新しい女性とセックスする回数が増える。

 

こういう流れが、もしかしたら
僕の中で起こったのかなと考えています。

 

前にも別の記事で少し書いたのですが、
芸人さんは、今の収入から考えると少し
厳しい家賃の高いマンションに、あえて
住む事があるらしいです。

 

無理して家賃の高いマンションに住む事で、
自分の意識を強制的に変えると、やがてそのマンションに
見合うような収入が後から付いてくるという。

 

この「後から付いてくる」という流れが
僕にも起こったのではないかと。

 

とりあえずセックスが上手くなれば、
その上手さに見合うセックス経験が
後から付いてくるみたいな。

 

我ながら、なかなかのオカルト理論なので、
新しい女性とセックスしたいなら真似して
欲しいなどと言うつもりは毛頭ございません。

 

ただ、

 

先に目標を達成したかのように無理やり振る舞う事で、
その目標を本当に達成できる。

 

このような考え方って、
自分を変える方法としては有効だと思うし、
恋愛力を上げるのにも役に立つ部分もあると思います。

 

とりあえず僕が確実に言える事は、

 

セックスのテクニックを勉強して、それを実践で試し、
女性の反応が期待通りだった時は、ものすごく楽しい!

 

最後は、ゲスくて申し訳ございません。


■セフレを作る。
女性とセックスする事に特化するなら・・。

うっかりハメちゃう、性欲トラップ
~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

↑女性の性欲を刺激する方法としては、
これだけ知っておけば必要十分だと思います。


異性にモテる人とモテない人の決定的な違いを発見?

 
最近の僕は、ちょっと思うところがあって毎週風俗に行ってます。
しかも毎回違う女の子を指名してます。

 

これもモテる男研究の一環なのですが、
その意図はおいおい記事に出来たらと思います。

 

今日は、その風俗通いの中で思わぬモテ法則を
発見してしまった事を書きたいと思います。

 

異性にモテる人とモテない人には、
決定的な違いがある!

↑これを見つけてしまいました。男女共通です。

 

僕は毎週、風俗で違う女の子を指名してるので、
毎週初対面の女の子と話すわけです。

 

すると色々な事が見えてくる。
で、今回、特に思ったのは、

 

僕の情報を知るために色々と質問してくる女の子と、
僕には全く質問しないで自分の話しばかりしてくる
女の子がいたという事。

 

これがキャバクラだと、
喋るのが仕事なので嫌でもお客さんに質問します。

 

しかし、風俗での統計というのが味噌で、
別に会話でお客さんの機嫌をとる必要がない。
プレイさえちゃんとすればOKなのが風俗。

 

だから、女の子の会話における考え方がそのまま出やすく、
わかりやすくタイプが分かれます。

 

そして、僕が気づいたのは、

 

前者のタイプの女の子の方が、概ね人気嬢であった事。

 

勿論風俗店ですから、
ルックスとかその他の要素も合わせて人気が決まるので、
前者のタイプの女の子だから無条件で人気嬢というわけ
ではありません。

 

しかし、嬢の人気を決める他の要素を抜きにして考えれば、
前者の方が平均して人気の嬢でした。

 

そんなに可愛くない嬢でも、
前者のタイプであるだけで結構ファンが付いてたりしました。

 

で、これをモテ法則に当てはめるために一般化すると、

 

自分よりも他人への興味が強い人はモテる。
逆に他人よりも自分への興味が強い人はモテない。

 

これって、なかなかの決定的なモテ法則だと思います。

 

この風俗での発見があってから、
僕は過去の女性との出会いを思い返してみました。

 

そう言えば、綺麗なんだけどいまいちモテないと思える女性は、
どうも自分への興味が強いという印象を受ける事が多かった。

 

逆にそんなに綺麗じゃなくても、
他人への興味が強く人懐っこい女性は、すごくモテてた。

 

うん、今、この記事を書いてて再度確信してます。

 

モテない男性(女性)は、他人よりも自分に対する
興味が強く、他人との会話において、無意識に自分の事
ばかりを喋ってしまう。

 

恐らく「無意識」なんですよね。

 

無意識だから、会話中に「他人に興味を持とう!」
と思っても、矯正するのが難しい。

 

それよりも、もっと根本的に、

 

普段から他人に興味を持つ事を心掛ける。
そういう癖をつける。

 

これをやっておくと、
会話中においても無意識に相手に興味を持てて、
相手を喜ばせる会話が出来る。そういうものだと思います。

 

風俗巡り、思わぬ収穫がありました^^。

モテる男になるための荒療治。見境なく女と出会え?

 
よくスポーツの世界などでは、
練習では絶対に学べない事を実践や試合からは学べる
みたいな事が言われます。

 

実践や試合でしか味わえない緊張感の中で、
どうやって自分の力を発揮するか?

 

または、実践や試合でしか対戦出来ないような
強敵と真剣勝負の舞台で戦うという経験。

 

そのような練習では得られない経験を得られるから、
実践や試合は価値があるのでしょう。

 

恋愛も似てると思います。
練習では絶対に得られないものがある。

 

このブログやメインサイトを読んでモテを研究して頂くのは
ありがたい事ですが、

 

とにかく女性との出会いの数を増やす!
そして出会った全ての女性と真剣勝負する!
これに勝るモテの特効薬はないように思います。

 

出会いがない?
出会い系とかネットナンパ頑張れば良いんです。

 

「モテる男になりたいし、女の子とも出会いたい!
でもネットの出会いはちょっと・・・。」

 

何を甘っちょろい事を!
 

全ては修業だと思ってネットナンパ?

 
とにかく、たくさんの女性と出会って話すという経験を
積み重ねる事で、自然と女にモテるようになる。

 

これ、間違いありません。

 

だから、モテる男になりたいけど、
でも現時点で何もしていないという男性は、少し強引ですが、

 

出会い系でも使って、さっさと30人くらいの女の子と会う!
これが最もシンプルな現状脱出法だと思います。

 

悪質な出会い系を使ってしまうと痛い目に遭いますが、
優良な出会い系を使えば、ちょっと慣れればすぐに女の子と
出会えると思います。

 

女性との出会いがないなら出会い系も選択肢の1つ

↑参照。

 

「でも出会い系って、
あんまり可愛い子がいないイメージが・・・。」

 

そのイメージは、そんなに間違ってないかも知れません。

 

でも良いんです。
可愛くなかろうと、将来モテる男になるための
修業として会うのですから問題ありません。

 

可愛い子と出会えればベストですが、
仮に可愛くない子に当たっても、

 

「自分の好みじゃない女の子に対しても自分のテンションを
上げるという修業なんだ!好みじゃない女の子でさえも良い気分に
させてあげるという修業なんだ!それが出来れば、好みの女の子に
当たった時に更に力を発揮できる!」

 

そのように思って一生懸命頑張ると、
好みじゃない女の子との出会いも価値が生じます。

 

実際に僕は、ネットナンパ、キャバクラ、風俗全てにおいて、
自分の好みじゃない女の子に当たった時は、自分を鍛える
修業だと思うようにしています。

 

修業だと割り切ると、
それなりにテンション上げて頑張れるものです。

 

そしてその頑張りは、可愛い女の子と巡り合えた時に
プラスになってると、確信を持って言えます。

 

どうしても出会い系が嫌な場合は、
出会い系以外のネットナンパで頑張ればいいんです。

 

出会い系ほど即会いは難しいですが、
コツを掴めばいつでも女の子と出会えるようになると思います。

 

入れ食い最強ネットナンパ論!

↑参照。僕が実際に成功してる方法です。

 

勿論、他に女の子と出会いまくれる場を持ってる方であれば、
出会い系やネットナンパじゃなくても良いです。そっちの場で
女の子と出会いまくってください。

 

ただ僕の経験上、どんな男性でも複数の女の子と
出会いまくれる場と言えば、ネットでの出会いしか
思いつかないのでお勧めしてるだけです。

 

それにネットで出会うと、関係がややこしくなった時も
後腐れなく関係を終わりやすいので、たくさんの女の子と
出会うのに便利です。

 

モテる男になりたいのなら、あらゆる方法を使って
女性と出会いまくる!自分の好みじゃない女の子と
出会ったとしても、修業だと思って全力で対応する!

 

少々荒療治ですが、
理屈抜きで効き目があるモテ法だと思います。

ゲスいけど最も簡単にモテ男としての自信を得る方法!

 
モテる男になるためには、
自分に自信を持つ事がとても大切です。

 

「俺は女から見て魅力的な男なんだ!」

 

「俺はこの社会において価値のある男なんだ!」

 

心の底からそう思える男性は、
それだけで輝いて見えるものです。

 

男性から見たら、

 

「さほど実力もないのに、なんでこんなナルシスト男が??」

 

みたいな男性が、
実は女性に結構モテてるというのはよくある話です。

 

実力の有る無しに関わらず、その男性の自信満々の態度が、
女性にとっては魅力的にうつるのかも知れません。

 

それほど「モテ」と「自分に対する自信」というのは、
密接な関係にあります。

 

でも自分に自信を持つのって、
実はなかなか難しいんですよね・・・。

 

特に、今までモテてこなった非モテの男性が、いきなり、

 

「俺はモテるんだ!」

 

という自信を持てと言われても・・・。

 

「俺はモテる!」と声に出していってみたり、
自分はモテると思いこむのは簡単ですよ。

 

でも、心の底から自分がモテる男なんだという自信を持つのは、
本当に難しい。偽の自信は、どこかでメッキがはがれます。

 

というわけで、現在非モテの男性が、
簡単に自分に自信を持つ方法を公開します。

 

勿論、他の方法もたくさんあると思いますが、
僕自身が実践して一番効果が高かった方法です。

 

体を鍛えて風俗に行く!

 

なかなかゲスい方法ですね^^。でも、これが一番効果があった。

 

そもそも僕は、非モテから脱出するためにすべき事として、
筋トレをお勧めしています。

 

鍛えられた体という形で、わかりやすく努力が結果に出るし、
その結果が女性にモテるための直接的な武器になる。

 

女性との会話力向上!とかだと、ちょっと結果がわかりにくいし、
努力が報われるとは限らない。

 

だから非モテから脱出するための最初の一歩としては、
体でわかりやすく結果が出る筋トレをお勧めしてます。

 

モテる男になるための最初の一歩!筋トレが最強にお勧め?

↑詳しくはこちらのメインサイトの記事を参照。

 

で、ついでに男としての強い自信を得るために風俗です。
鍛えた体で風俗に行くと、特に初めての嬢の場合は、

 

「すごい!鍛えてる?」

 

「良いカラダしてるね^^。」

 

かなりの高確率で言われます。

 

この言葉を複数の風俗嬢から繰り返し聞くと、

 

「あ、俺って、
女から見て魅力的な良いカラダしてるんだ。」

 

と心の底から思えるようになる。
これがなかなかの自信につながります。

 

女性にカラダを見せるという意味では、
プールや海に行ってもいいのですが、やはり女の子から直接、

 

「良いカラダしてるね^^。」

 

と言われるのが一番効果があると思うので、
風俗が最もお勧めです。

 

女の子に「良いカラダしてるね^^。」と言われるほどに
カラダを鍛えるというのは、結構しんどいです。

 

しんどいから大抵の男性は出来ない。
大抵の男性が出来ない事をやるから、
わかりやすくモテ効果が期待できる。

 

他の男性が出来ない事を自分はやれる。
だから本当に自分に自信を持てる。

 

風俗に抵抗がない方は、
本当にお勧めの方法なのでお試し頂ければ嬉しいです。

30代以上のおじさんが若い女の子と付き合う方法!

 
一部の熟女好き男性を除いて、
男性はどんなに年をとっても若い女の子が好きです。

 

おじさんになっても若い女の子と出会いたい!付き合いたい!

 

しかし現実は厳しい。
まず若い女の子と知り合える機会がなくなるし、
仮に知り合えたとしても「おじさん」という事で恋愛対象外。

 

そうなんです。おじさんが若い女の子と付き合うには、

 

■出会いの機会

 

■年が離れた男性に対する恋愛対象としての慣れ

 

この2つをクリアする必要があります。

 

出会いの機会はわかりやすいと思いますが、
「年が離れた男性に対する恋愛対象としての慣れ」とは?

 

意外とこの「慣れ」がポイントです。

 

というのは、若い女の子が年上男性を恋愛対象として
見れるかどうかは、「慣れ」の部分が大きいと僕は考えています。

 

勿論、年上男性が好きとか、おじさんは無理とか、
もともとの好みも影響してきますが、

 

本質的には、女性は相当年上の男性でも好きになれます。
そうでない女性は、恐らく年上男性に慣れてないケースが多い。

 

だから年が離れてるからと言って諦める必要はありません。
おじさんだって若い女の子に好きになってもらえる可能性は
必ずある。

 

ただし、慣れの部分が大きいのですから、
最初から年上男性に慣れてる環境にいる
若い女の子を狙う方が、効率は良いです。

 

というわけで、
おじさんが若い女の子と付き合うための2大要素、
出会いの機会と慣れを満たしているケースを想定すると、

 

■水商売の女の子

 

■ネットで知り合った女の子

 

この2つが、おじさんが若い女の子と付き合うためには
最も好都合な場所だと、僕は考えています。

 

実際、僕も30代半ばの立派なおじさんですが、
20歳前後の若い女の子と深い関係になるのって、
ほとんどが上の2つのケースです。

 

若い頃なら普通に生活してるだけで若い女の子と
知り合えたのでしょうが、さすがに今はない(泣)。
よって、本当にこの2ケースに頼ってます。

 

まず水商売の女の子ですが、おじさんが若い女の子と
出会える数少ない場所だと思うし、「慣れ」も問題ありません。

 

常に年上男性を相手にしてるので、年上男性と付き合う事に
全く抵抗がない子が多いです。実際に40歳以上の男性と付き合う
20歳くらいのキャバ嬢とかホステスさんって多いです。

 

キャバ嬢攻略法に関しては、僕も色々研究していて、

 

キャバ嬢攻略法

↑こちらのメインサイトで
色々語ってますので参考にしてください。

 

次にネットで知り合った女の子ですが、
こちらも水商売の女の子と客のカップルと同程度に
年の差カップルが多く生まれてるのではないでしょうか?

 

おじさんが若い女の子と接触できる
数少ない場所である事は間違いないです。

 

ただし、年上男性に対する「慣れ」の部分は、
水商売の女の子ほどにはクリアしてません。
ネット上には同世代の男女とだけ絡みたい若い女の子も多いです。

 

しかしそこは、ネットナンパ特有のテクニックでクリア出来ます。

 

入れ食い最強ネットナンパ論!

↑僕の書いた特典レポートですが、この方法を使えば
年の差のハンデはあまり考えなくていいと思います。
むしろ10代から20代の若い女の子の方がゲットしやすいです。

 

さて、ここまでに述べた考え方をまとめますと、

 

・本質的には、女性は年上男性を恋愛対象として見る事が出来る。
見れない女性は年上男性に慣れていない場合が多い。

 

・なので、最初から年上男性に慣れてる環境にいる
若い女の子を狙うのが効率が良い。

 

・おじさんが若い女の子と出会えて、なおかつ女の子が
年上男性に慣れてる。この条件を満たすのが水商売とネット。
(勿論、他にあればそちらでも良いです。)

 

・ただし、ネットの場合は年上男性に慣れてない女の子も多い。
でもそこはネットナンパ特有のテクニックでカバーできるので、
やはりお勧め。

 

こんな感じでしょうか?

 

勿論、基本的な男性としての魅力ありきですよ!

 

若い女の子だって、
魅力的なおじさんとしょぼいおじさんなら、
魅力的なおじさんの方が絶対に好きですから。

 

というわけで、今回は出会いの場所に特化した
おじさんの若い女の子攻略法を考察してみました。

 

実際に会話する時のアプローチ法などは、
また機会があれば記事にしたいと思っています。

 

僕個人的には若い女の子と対した時に、
おじさんである事のハンデって、
あまり感じた事がないんですよね。

 

むしろ、「年上が好き!」というわかりやすい好みの
女の子を確実にターゲッティング出来るので、
若いころよりも有利になったような気がします^^。